挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

社畜

 考えることも馬鹿らしくなる
今日が休みでも明日出勤してある人物の顔をみるだけで、その日1日機嫌をとらなきゃいけないのか。ありのままの自分で働くにはどうすればいいのか。
 まずは、自分がその人物よりできるようになること。自分ができたら、相手も何も言わない。

でもそのためにはどうすればいいのか
危険な道を行くかも分からないが怒られてこきつかわれてはけ口になるか。そもそも自分の性格を根本的に変えてその人物と過ごすか。
そもそも明日から根本的に性格を変えれることは出来るのか。
俳優でも演技も大根役者の俺にはそんなこと出来ない。

今は耐えよう。
耐えてその人物を越えた瞬間に必ず勝機はあることを信じて
明日の仕事に備えよう

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ