挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
LARS〜天使長と悪魔王の契約者〜 作者:いろは
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/3

prologue

 (何か……何か言ってくれよ……)
  光堂暗来(こうどうあんく)は何かにすがるように、心の中で呟いた。



       チェンジ・ワールド


  そこには「魔法」も「魔獣」も存在する。


  その世界の住人達は生まれた時、「精霊」や「竜」などの頂上の存在と「契約」が結ばれる。
  それにより人々は魔法を行使したり、魔獣と戦う力を身につける。


  しかし生まれた直後に結ばれるのは「仮契約」と呼ばれる、ただ契約相手と細い繋がりを持つだけのものである。

 では人々はどのように契約相手から力を与えられるのだろうか。


 それは十歳の時に行われる「十の儀」の時である。

 この世界では十歳になると、神殿へ行き、以降の人生を幸せに過ごすために神に祈る儀式がある。

 それが「十の儀」である。

  その儀式に終わりに、一分間、鏡に写った自分と向き合う時間がある。

  その最中、契約相手が語りかけてくるのだ。


  自分が何者で、どんな力を与える事ができるか。
 力を与える代わりに、自分に何をくれるか。


  大抵の契約相手は、寿命の一部――――――つまるところ魂の一部を要求する。


  人々は魔法を使えるようになるのなら、そんな事は些末なものだと自分の魂の一部を引き渡す。


 こうしてお互いの希望の擦り合わせが終わり、正式に契約を結ぶのだ。


 大半の人々はこれにより力を得るのだが・・・・・・。



 「では、君の十の儀はこれで終わりだよ」

  司祭はまだ十歳である暗来に優しくこう告げた。


  ――――――それが残酷な言葉とは知らないで。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ