挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『友達未満の片思い。』

作者:詩織

何時間くらいなら、来ない人を待てる?


約束?


してない、してない、(笑)


もしかしたら来るかもしれない

ここを、通るはずだから、


夕焼け空に、カラスがお家に帰って

外灯が「チッチッ」と点いて、

わたしの影を長く照らしても

帰って来ない彼を待った あの日。








『おはよう~。』

「あゝ、ぅはよー♪」って、



あなたは知らないの

靴箱前の「ぅはよー」が、

どんなに大切なものなのか


挨拶だけでもいいから

あなたの声が聞きたいの

友達未満の片思い。






『ハハハ、あほちゃうん』って、

軽口かるぐち叩いて

ちゃんとおどけてみせるから

「コンニャロ~言ったなー」って

子犬がじゃれあうように話せるんだよね、



ぅん、彼女でなくてもいいから

ずっと、ずっと、こうしていたい、

友達未満の片思い。






校庭でボールを追ってる姿を

クラスの女子がカッコイイって、

「キャアーキャアー」騒いでる

わたしが

『オオ~イ♪』って、

窓辺で大きく手をふると、

「オーw」って、

見上げたひたいに汗がきらり☆

「いいわね、あんな風に気軽に話せて」って、

友達は羨ましがるけど、


そんなにいいもんでもないよ、、、


だって、、、友達だもん。

遠くから見ているだけでもいいから

わたしを嫌いにならないでって祈る。



友達未満の片思い。







『バイバイ、また明日ね~』

「オー、またな、」

『宿題、忘れるなよ!』

「お前もな、www」




『バイバイ、バイバイ、』

あなたは知らない、

あの角を曲がるまで

あなたが見えなくなるまで

見送っていたことなんか、

決してふり返らない

その背中に友達未満の片思い。







『おやすみなさい』

今日も「しあわせ」だったよ、

「ぅはよ~♪」「コンニャロ~言ったなー」
「オーw」「オー、またな、」
「お前もな、www」

交わした言葉たちが

幾度も幾度も

リピート、

リピート、




リピート。




『大好きだよー♪』





言える筈ない言葉が宙を飛ぶ…

友達未満の片思い。


 

秋は淋しいわね。


挿絵(By みてみん)

紅葉って、温度で黄色くなったり赤くなるのよ、

あとで、書こうか?

(笑)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ