挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

枕の下に 希望の上に(5)

内命オーバーブッキング

綺麗に並べられた
目の前の食卓
左にご飯
右に汁物
真ん中には
メインであるサイコロステーキと
ポテトサラダの皿
左上にはサラダ
右上にはお茶の入ったコップ
一番手前にある
部屋の明かりに反射した綺麗な箸
美味しい湯気の立つ
幸せなテーブル
幸せなテーブル



それを
全て破壊する
それくらいの事が
改変するには必要だ
君の望みが
そこまでならば
君が破壊する理由には
ならないだろうが
僕は変化を望むから
だから
そこで道は違える
僕は要らない
そんな
幸せなテーブルは必要ない
そんな
幸せなテーブルは必要ない
それを全て賭けて
手に入る物を選ぶ



何もかも
手に入れられる人間は
世界に数パーセントしか居ない
僕等
普通の人間は
何かを賭けて
手に入れられた物に
納得するしかない
月日が経つ度に
その納得の比重は
重くなっていく
遠ざけた分だけ
重くなっていく
考えなかった分だけ
大きくなっていく
ただの文句だけなら
自分に言えば良い
何も無い
自分に言えば良い



組み立てたパーツの
上手くいかなさに
落ち度を考えた上で
申し開きをするのだ
僕等が
言えるのは
そこまでなのだ
落ちこぼれは
肉体派になるしか
方法はない
たまに
フィットネスが流行るのは
ダイエットだけが
理由じゃないんだ
全てはバランスだったりする
一枚剥がさないのは
誰も気づかないように
封じ込めているから
一枚剥がさないのは
誰かが気づいても
抗えない事を
わかっているから



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ