挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ロレンツィ家と声をなくした少女

作者:深見アキ
声を出すことが出来ない少女・リタは、奴隷市場で「ロレンツィ家」を名乗る男に高額で買われる。
貴族めいた顔立ちのアルバート、粗暴だが根は優しいエミリオと共に、彼らの住む屋敷で暮らすことになったリタ。
しかし、ロレンツィ家とは貴族でも名家でもなく、シチリア島を守るマフィアの組織!
リタは彼らと共に、とある宝石の行方を探すことになったのだが……。
1、はじまり
2018/01/11 16:14
2、港町
2018/01/11 16:27
3、夕方のテーブル
2018/01/11 21:18
4、夜のテーブル
2018/01/12 20:29
5、シチリア島
2018/01/13 18:21
6、ロレンツィ家
2018/01/14 00:00
7、マフィア
2018/01/14 15:44
<閑話1>少女と老婆
2018/01/15 19:13
<閑話2>教育
2018/01/16 19:11
8、覚悟
2018/01/16 19:15
9、依頼
2018/01/17 19:12
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ