挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悪党に鉄槌を 殺人犯に花束を 作者:菊郎

第一部 悪党に鉄槌を

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/57

第一部 一

 吹き付ける雨にうんざりしながら、クライヴ・エインズワースは骨ばった両手を回してハンドルを右にきった。ヴィクトリア・エンバンクメント公園に沿って伸びる道路を走り、ライトアップされたビッグ・ベンでも見ていこうかと思ったが、そんな気はとっくに失せていた。ワイパーの動作音が静かな車内に響く。

「こちら1-1。定期連絡、異常なし」

 計器板の下に設置されていた無線機を取り出し、クライヴはつぶやいた。今回は範囲が広い(・・・・・)。さすがにここまで来るとは思えないが、念には念を入れておくべきだ。パディントン地区にいる部下からの返答が気になる。
 クライヴは車を道路の脇に停め、車窓を半分開けた。ウェストミンスターの冷えた空気が顔に当たり、溜まっていた眠気を霧散させていく。余計な寒さを感じて車窓を閉め切ると、助手席に置いてある水筒を手に取った。ぬるくなった紅茶を蓋に注ぎ、少しずつ飲む。クライヴは水筒を助手席に置き、再び車を走らせた。
 閑散としたトラファルガー広場に差し掛かると、無線機から男の声が訊こえてきた。

「こちら1-2。定期連絡、経過は問題なし」

 問題なしか。
 クライヴは安心感を覚えている自分に失笑した。最初はあれだけ反発していたのに、いつの間にか慣れている。それだけあいつを信頼していることの裏返しでもあるのだが、この緊張感は消えない。
 徐行しつつ辺りを見回すと、広場の一角のベンチに、傘を差した少年が腰かけていた。赤と白色をした、チェック柄の長袖のシャツ、群青色のジーンズに身を包む彼の顔は、周囲の薄暗さにも拘わらず、ひと際暗く沈んでいた。車のエンジン音に気付いたのか顔を上げた。クライヴは傘を手に取ると、運転席を出て彼のもとへ歩いていった。

重大組織犯罪局(SOCA)のクライヴ・エインズワース警部だ。隣に座ってもいいかな」

 警察手帳を見せながら彼は言った。

「いいよ」

「ありがとう」

 雨でびしょ濡れのベンチを、左手で何回か払って腰かける。が、案の定、衣服越しに冷たい感触が伝わってきた。

「どうしてここに?」

「お母さんに怒られたんだ。それで外に出た」

「いつから?」

「夕方。テムズ川を見たり、近くを見て回ってた」

 トラファルガー広場から南に行けばテムズ川がある。周囲には、ビッグ・ベンに、ウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿、セント・ジェームズ公園。ウェストミンスター地区は、暇つぶしに打ってつけだった。ウェストミンスターだけではない。ロンドンは連日、観光客でごった返している。

「……宿題、するの面倒くさくて」

 クライヴは笑った。

「宿題はやったほうがいいぞ」

「お母さんと同じこと言ってる」

「面倒くさがってやらなかった結果、最後には後悔するんだよ」

「それも訊いた」

「何を隠そう、僕も後悔してる」

「お巡りさんなのに?」

「お巡りさんとして働きながら、いまもいろんなことを勉強してるんだ。社会のことだったり、マナーとか」

 クライヴはあどけない表情で見つめている少年を見た。興味津々とも言える視線がクライヴに注がれる。

「正義の味方なのに、なんだか意外」

「だろう?」

 歩いて回ったということは近辺に住んでいるんだろう。車で送ったほうがいい。
 今後のことを決め、警部は少年と交渉を始めた。

◆◆

 カーティス・サカキバラは(あざ)だらけの両手を構えた。まくられた袖から覗かせる腕は太く、たくましかった。

「この気違い野郎……!」

 路地の行き止まり。ウォルター・ウィリアムズは震える声でつぶやいた。口から流れた血が、すでに描かれた軌跡を辿って顎を伝わったかと思うと、地面へ落ちる。それもたちまち雨に紛れ、水に還った。
 カーティスはウォルターの怒声など気にしていない。街灯のもと、テンガロンハットの下にできた影は黒色の絵の具で塗りたくったかのように黒々しく、傍から見れば黒いマスクを被っているようにも見える。夜闇に溶け込むレザージャケットは雨を受け流し、彼の体を縁取っていた。
 ショルダーホルスターに収められたM1911A1(コルトガバメント)をよそに、カーティスは両腕を構えて顔を上げる。瞬間、彼の暗闇からなにかが姿をのぞかせた。髭だった。笑ったことで口角ともにつり上がった顎の髭(チャームポイント)が、街灯に照らされたのだ。
 挑発的なカーティスの表情は、ウォルターを激昂させるには十分だった。血走った目のウォルターは脇を絞め、両腕を前に構えたかと思うと、雨粒で弾けるアスファルトの大地で小刻みにステップを始めた。カーティスも続く。ふたりは円を描きながら距離を詰めていく。距離が一メートルほどになるや否や、ウォルターのジャブが、発砲時の拳銃のスライドのような速度で放たれる。だが、カーティスの左の頬骨を狙うはずだった弾丸(・・)は、空を裂いた。並外れた反射神経を持っているわけではない。カーティスの目は、ジャケット越しに膨らんだウォルターの筋肉を捉えていた。

「そんなものか、チャンピオン(ゴロツキ)

 カーティスはにやけ顔で言った。

「言ってくれるじゃねえか」

 怒りをあらわにする反面、ウォルターの顔には活気が宿っているように見えた。ジャブを右に躱したカーティスに、ウォルターはすかさず左フックを浴びせた。カーティスの胴体に衝撃が走る。彼はかすかなうめき声こそ上げたが、決して怯まなかった。カーティスはウォルターの左腕をつかんだかと思うと、渾身の力で引き込んだ。ウォルターの体勢が崩れる。カーティスは固く握りしめた左の拳を、彼の鳩尾(みずおち)に思い切り叩き込んだ。カーティスは続けざまにウォルターの胸倉とベルトをつかみ、地面に投げつける。アスファルトの大地に鈍い音が響く。
 「おお」とわずかな絶叫とともに、筋肉質の巨体はマット(・・・)に沈んだ。雨音が激しさを増す。気を失っているウォルターを見て、カーティスはショルダーホルスターから得物を抜いた。懐から取り出したサプレッサーを銃口に装着し、スライドを引く。
 腕と胴体に響く鈍痛を感じながら、カーティスはウォルターを見ていた。犯した過ちと向き合い、真っ直ぐ生きることを決めた男。客から喝采を受けていた昔の姿は、面影すらなかった。
 引き金を引いた。乾いた音とともに発射された弾丸は、ウォルターの側頭部に深く食い込んだ。水浸しの地面を鮮血が覆っていく。地面を跳ねる雨の中に薬莢の音が混じり、そして消えた。
 深呼吸したカーティスは、近くに置いてあったゴミ箱に腰かけた。かすかな駆動音が聞こえたので頭上を見上げると、小さなドローンが飛んでいた。四つのプロペラを回転させ、ロンドンの空を滑っている。
 スマートフォンでネットサーフィンをしていると、表通りに一台の車が止まった。カーティスの目に映ったのは、警察仕様に改造された、ミツビシのランサーエボリューション。運転席が開き、灰色の上等なスーツを着用した男が出てきた。傘を差しながらこちらへ近づいてくる。スマートフォンで時計を覗き込むと、依頼達成から九分が経過していた。

「遅かったな」

「すまない。家出少年を家まで送ってた」

「警部はお優しい」

 クライヴはカーティスの背後に視線を移した。とたんに顔をしかめる。

「またやったのか」

「重要なのは結果だろう」

 こいつがこのことを糾弾するのは何回目だろうか。回数は覚えてないが、多いことはたしかだ。カーティスは心のなかで悪態をつきながら、クライブとともに(あざ)だらけとなった死体の腕を見下ろした。

「部下が待機してる。呼んで大丈夫か」

 「ああ」と答えると、クライヴはスマートフォンで通話を始めた。
 カーティスはポケットに手を突っ込みながら、ウォルターと戦った場所を見回した。朝になれば、ここは本来の姿を取り戻す。勤務先の職員の手によりゴミが積まれ、通勤で人が行き交う。野良猫も通るだろう。

「帰るか。送ってこう、乗るだろ」

「そうだな」

 カーティスとクライヴは通りに出るため踵を返す。道中、イギリス警察お馴染みの黄緑色の上着を着た、ふたりの警察官とすれ違った。クライブの車に乗り込もうと助手席のドアを開けたとき、前方から婦警が歩いてきた。

「キャロル、頼んだぞ」

 カーティスは言った。
 キャロルと呼ばれた女は茶色の髪を揺らしながら彼を見た。くっきりとした鼻とすらりと細い顎が街灯により浮かび上がったかと思うと、ふたつの大きな目と視線が重なった。

「いつか上からどやされるよ」

「そのいつかを最後に聞いたのは半年くらい前だったか」

 呆れ顔のキャロル・アップルヤードを尻目に、カーティスは助手席に座った。ランサーエボリューションがエンジン音を上げ、道を走り始める。喉が渇いた彼は後部座席に置いてあった水筒に手を伸ばし、外した蓋に向けて傾けてみたが、一滴も落ちてこなかった。
cont_access.php?citi_cont_id=908119287&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ