挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

純文系の短編集

【演目】小鳥が飛ばなければ話にならないので

作者:佐々雪
約束なんてものは、その瞬間を盛り上げるだけの、クリスマスの飾りつけみたいなもんでございます。後生大事に飾ろうなんて、実に馬鹿げております。
1
2016/06/09 23:44
2
2016/06/09 23:44
3
2016/06/09 23:44
4
2016/06/10 00:09
5
2016/06/15 19:02
6
2016/06/15 19:14
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

為になるようで為にならない、少しだけ為になる被災者ガイド

震災が起こった時、いったいどんなことが起こるのか。 一被災者の視点から実体験や伝聞、役立つ知識を書いたり書かなかったりする。

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全14部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/08 17:00
僕の右手にはバキバキに割れたスマホを修復する能力がある

タイトルのままです。 というか、タイトルで言いたいことは殆ど言い切ったともいえます。

  • コメディー〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/04 00:35
↑ページトップへ