挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜騎士は竜をとったらタダのひと? 作者:文高

成長と出会いの章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/20

リンデはやっぱり目立ちます

街でのお話
『ジーク〜〜起きってー!』

「ぐほっ!?」

 いつのまにか寝落ちしてしまったらしいジークの腹部をめがけてリンデはボディプレスをかました。

『おなかすいた〜』

「げほっ、てもう昼近い!?ごめんリンデ!」

 普段よりも眠りが深かったのか、いつもなら依頼をこないしている時間帯に目を覚ました。
 身だしなみを軽く整えたジークはリンデを定位置に乗せると宿に併設されている食堂へ向かった。

「ん?お〜い、ジーク!こっちだ」

 食堂へ着くとシチューを片手にしているゼノに声をかけられたふたりだった。どうやらゼノのランチタイムとかぶったらしい。

「すいません、ゼノさん。寝坊してしまったようです……」

「まぁ、気にすんな。昨日はいろいろあったし、今日は嬢ちゃんとゆっくりと街でもみてまわるといい」

 申し訳なさそうなジークにゼノはそう提案した。

「そうですね……そうしま『ジークはやく〜』はいはい、わかったから頭を揺らさないで」

 空腹のお姫様はそんなもの後にしろと言わんばかりにジークを急かした。さすが竜──フリーダムだった。

「すいません、ランチひとつとこの子に何かください」

「はいは〜い、ってリンデちゃん、ジークくん、今日はランチこっちなんだね」

 ジークに対応したのは宿を切り盛りしているゼノの妻──ノインだった。茶色のポニーテールがよく似合う働き者の女性だ。ゼノとは20以上年が離れているらしく、ジークよりいくつか年上程度らしい。
 初めてゼノから紹介されたとき、貴族間でもあまり多くはない年の差婚に驚愕したジークだった。

「ええ、ちょっと寝坊してしまって……」

「そっか〜、とランチだったね。リンデちゃんはお肉でいいのかな?」

「クルルウ!」『昨日のヤツね!』

「いいみたいです」

 わかったわと言ってノインはオーダーをとって厨房に届けた。
 そして少し待っていると料理が運ばれてきた。

「はい、ジークくんには今日のランチ、ラージカのシチューとガーリックトーストね。そしてリンデちゃんには骨つきブレードラビットの香味焼き」

『わーい!』

「ありがとうございます」

 リンデは昨日の夕食に味付け肉を食べて以来、『もう生肉はイヤ!』と食事に関しては野生を捨てたらしい。この時ばかりはジークの頭から降りて、とても嬉しそうに小さな両の手で器用に骨をおさえてアグアグと肉を食べている。

 一足先に食事を終え、小休憩していたゼノはその光景をみて「いい食いっぷりだね〜」ともらしていた。

「ところで、ハックエストをまわる際にオススメはありますか?」

「そうだな……俺は市場がいいと思うぞ。この街は王都に近いとはいえ、セギラ平原とザッハーク大樹林に挟まれるように存在しているから交易所としての一面がある。たまに珍しいものがあったりして面白い。他にも出店なんかで活気があるぞ」

 昼から街をまわってみるにあたり、ゼノにオススメを尋ねたジークだった。しかし、人通りが多く、確実に頭上リンデに注目が集まるだろう場所だった。

「ああ、間違いなく注目されるだろうな。けどな、遅いか早いかだと思うぞ?だったら早いうちにお前の“陸竜”だと認知してもらった方がいいだろ?」

 ゼノ曰く、噂で情報が変に伝わるよりも実際に目にしてもらい、真竜という真実から遠ざけたほうがいいとのことだった。

「ああ、なるほど」

 ゼノの意図を読み取ったジークは、市場に行くとこにした。
 ちなみにふたりがやや真剣な話をしている間、リンデは油でベタベタになった手をノインにふいてもらっていた。人には懐かないとされる真竜だが、ゼノのノイン=ジークに無害+美味しいご飯を持ってくる=いい人という方程式が成り立ち、ある程度心を許していた。
 リンデ、少々チョロくありませんか?

『よいしょ、よいしょ』

 そうして綺麗になった手でジークの頭によじ登るリンデに周りはほっこりしていた。

「じゃあ、行ってきます」

 リンデを装備したジークは護身用の剣のみをぶら下げたラフな格好で市場へと向かっていった──。

「やっぱり、すごい見られてるな……」

 四方八方から視線を感じていた。それもそのはず、

「クア!キュー!クルゥ!キューキュー!」『すごい!あれも美味しそうね!あ、肉!ああ迷っちゃう!』

 頭上の竜が大はしゃぎしていたからだ。その甲斐あって、市場に入ってから5分もしないうちに市場中の視線を釘付けにしていた。

「よう、あんちゃん!珍しいの乗っけてんな」

 どうしようかと悩んでいると、近くの屋台のおっちゃんから声がかかった。

「ええ、“陸竜”の子供です」

「えらいなついてんな〜。よし、サービスだ。1こやるよ」

 そう言って店主は黄色い物をジークへと渡した。

「これは?」

「バーナって言ってな。結構南の領や他国では一般的な果実らしい」

「いや、そんな貴重なものいただけませんよ!?」

 手渡されたバーナが貴重なものだと思ったジークは慌ててお金を取り出そうとしたが、店主に止められた。

「いいんだよ。そこまで貴重ってわけじゃない。毎年相当量とれるらしくて、仕入れ値はどちらかといえば安い。それに今渡したやつは、今日売れなかったら俺が食うつもりだったから気にするな」

 ジークは気にせず食えと促す店主の好意に甘えることにした。バーナの皮の剥き方を店主から教わり、中の身を取り出すとリンデと半分にして口に放った。

『あま〜〜い!!』

「果実とは思えない食べ応えですね。とても甘くておいしいです」

 ふたりは口いっぱいに広がる芳醇な甘味に舌鼓をうった。うっとりとするふたりに満足げに笑う店主であった。

「気にいったら、持ち帰りにどうだい?3本で20ドラク(銅貨2枚)だ」

 商売上手な店主らしい。リンデはいたく気いったようでバシバシと催促している。

「はは、じゃあ6本ください」

「ありがとよ。おまけに1束(10本)で40ドラクにしてやるよ」

 そういうとドサっとバーナの束をどこからか取り出した。驚きつつも代金を支払い、品物を受け取ったジークだった。

「また来てくれよな!」

 店主と別れたジークだったが、市場の奥へ進むごとに似たようなやり取りが行われた。宿へ戻るころには両手いっぱいの食べ物とすっからかんになった財布がそこにあった。
 ゼノには「何やってんの?」と、ノインには「晩御飯いらないね」とそれぞれ呆れられた。がっくりとするジークの隣には、山のように積まれた串焼きや果物を美味しそうに食べるリンデがいた。

『げぷっ』「うぷ」

 しばらく食べて続けたリンデでのお腹は丸く膨らんでいた。一緒に食べていたジークもまた限界だった。

「まあ、街の奴らに知ってもらえて何よりだな?」

 満腹で苦しそうなふたりを見てゼノは笑っていた。

「うう〜」

 辛そうではあるが、どこか幸せそうなジークがいた。

 この日ヘックエストにマスコットが誕生した。まだ年若い少年の頭に乗っている幼い竜だ。なんでもその幼竜は賢く、グルメらしい。美味しいものを飼い主の少年におねだりして財布を軽くするそうだ。しかもその仕草が可愛らしく、少年に悪いとは思ってもついつい試食させ、購入させてしまったと市場の人々はのちに語った。

 余談ではあるが、数か月後バーナが竜の好物であるという情報が出周り、辺境では他国の間者、密猟者たちがバーナを片手にした状態で竜に近づき、ガブっとされたとかどうとか……
バナナひとふさ400円……高い!

次回はお使いではなく依頼withリンデです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 1756 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 18:34
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 1588 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

 駆け出し冒険者の頃に片足を失い、故郷のド田舎に引っ込んで、薬草を集めたり魔獣や野獣を退治したり、畑仕事を手伝ったり、冒険者だか便利屋だか分からないような生活を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全70部分)
  • 2094 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 18:32
( ´・ω・`)勇者はお払い箱→まものの森でスローライフ→魔王認定される→いい加減ぶちキレました→ずっと俺の無双ターン(←ずっとココ)

【五章『無双ターン』スタート!】ちらりとでも読みにきてー( ´・ω・`)ノ  至高の恩恵(ギフト)を授かり、勇者となった男がいた。彼は魔王を倒し、人の世に平穏を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部分)
  • 1562 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 19:26
はぐれ精霊医の診察記録 ~聖女騎士団と癒やしの神業~

 シルヴァーナ魔法学院の学生グラス・ウィードは、地水火風の元素精霊が優秀とされる学院において、評価の低い『植物』の精霊に選ばれて契約したことで、立身出世の道を絶//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全81部分)
  • 1690 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 23:24
外れスキル【地図化】を手にした俺は、最強パーティーと共にダンジョンに挑む

 【地図化(マッピング)】——。    15歳になったノートが贈与の儀で与えられたのは【世界地図(ワールドマップ)】や【地図(エリアマップ)】の下位互換とされて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 1875 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 15:18
最強騎士のほのぼの家族旅行 ~娘といるため婚約拒否し、騎士団も辞めた。俺は自由だ。さあ、一生の思い出を作りに行こう~

 エイス・エイゼルはアクスベル王国最強の騎士である。  地位も名誉も金もある。だが最近、少々不満を覚えていた。  亡き姉の娘の双子を引き取っていたが、彼女達と過//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全77部分)
  • 1548 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 21:00
無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~

女神から祝福を受けて〝職業〟を与えられたアレル。 しかしそれは《無職》という何のスキルも習得できない最低の職業だった。 10歳にして無能という烙印を押された彼は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 1556 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 19:00
クラスが異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

【2017/9/30 モンスター文庫様より書籍化しました。また、デンシバーズ様にてコミカライズ連載が決定しました!】 突然異世界の神からの半ば強制的な依頼で俺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全164部分)
  • 1590 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 23:41
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1879 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 1654 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部分)
  • 1742 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 20:00
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

 勇者の加護を持つ少女と魔王が戦うファンタジー世界。その世界で、初期レベルだけが高い『導き手』の加護を持つレッドは、妹である勇者の初期パーティーとして戦ってきた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全85部分)
  • 2381 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 19:11
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部分)
  • 1835 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 14:02
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 2189 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 1676 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部分)
  • 1639 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 1969 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 1532 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
パーティで虐げられた生産職はパーティを抜け、本来の道へ戻る

持ってて当然と言われる戦闘系スキルを一つも持ってない主人公ーーフェイト・エラは幼馴染三人によって無理矢理商人ではなく冒険者にされた。 そしてパーティ内で不当に扱//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全12部分)
  • 1707 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 21:00
おっさん冒険者ケインの善行

 おっさん冒険者ケインは、いつもの薬草採取の途中で幸運にも、超レアアイテム『蘇生の実』を手に入れる。  一度は売って金に変えようと思ったケインだったが、仲間の命//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部分)
  • 2001 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 17:00
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます

 ―最上級職から初級職になったのに、より強くなるだけでした―  最強の《竜騎士》アクセルは、王家の依頼により勇者パーティーの一人として魔王を倒した。その後、多大//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部分)
  • 2219 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 00:22
おっさん竜師、第二の人生

大陸最強の軍事国家、その中核を担う竜騎士団に一人の竜師がいた。 彼の評価は「飼育員」「用務員さん」「汚いおっさん」だが本人は気にすることなく暮らしていた。 だが//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 2118 user
  • 最終掲載日:2018/01/31 07:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 1616 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 1803 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 03:06
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 1665 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 1567 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全567部分)
  • 1782 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:00
↑ページトップへ