挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
竜騎士は竜をとったらタダのひと? 作者:文高

はじまりの章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/20

プロローグ

竜と国の関係がわからないとコメントがあったので、プロローグとしていれてみました。
 かつて大きな戦がありました。
 戦はまた新たな戦を呼び、多くの血と命が溢れ落ち、無数の慟哭となりました。

 そんな中、負の連鎖を断ち切るべく、立ち上がった若者たちがいました。
 若者たちは人々をまとめ、立ち向かいました。
 それでも一人、また一人と志を同じくした仲間との別れがありました。

 そして、とうとう2組の男女を残すのみとなりました。
 残った彼らにできることはもはやなく、最後の賭けにでました。
 霊峰にいるという竜に会いにいったのです。
 その道のりは険しく、何度も死にかけましたが、彼らは欠けることなく4人全員でたどり着きました。

 霊峰の山頂で彼らが、目にしたのは巨大な竜でした。
 竜は彼らに問いかけました。「何を望むか?」

 ひと組の男女はいいました。「平和な国を」
 もうひと組の男女は重ねてつげました「その国を守りたい」

 「諾」竜がそう一言告げると彼らに眩い光の雨が降り注ぎました。
 すると彼らに変化が訪れました。
 女は竜へと変わり、男はそれを駆る力を得たのです。
 竜は言いました。「汝らの絆果たされるとき我が加護を与えん」

 竜の力を得た彼らは、瞬く間に各地の争いを平定しました。
 平和な国を望んだ男ペンドラゴンは、王となりひとつの国を興しました。
 そして、その国を守りたいと願った男リンドブルムは、最も過酷なところへと向かいました。

 以来、ペンドラゴン王国は竜と絆の国と呼ばれるようになったのです。

 建国記より抜粋
ロードオブザリ○グっぽくしてみたけど、むずかしい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ