挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ななぐさの語り種

敗北

なんとなく、思ったことを書いてみようと思いました。
つれづれなるままに・・・・。

「あーなにをしてんだろ・・・・おれ。」
飲みすぎた・・・。
酒にも、雰囲気にも流された。

もはやどう帰ったのかもわからない。
いま、冷めた風呂の中で、何となくこうしてる。

まあ、正確には昨日だが。
プレゼンで失敗した俺は、あしたの会議には出なくてもよかった。
根回しが足りない。
そう言われて、落ち込んだ。
反省会という名の、傷のなめあい。
そこで、しこたま飲んでいた。

「まだ、足りない。」
冷え切った感情は、熱い温度を求めた。

「こうなったら、シャワーを全開にしてやれ。」
湯船の方にヘッドを向けて、温度を上げて、全開にした。

「おお、こりゃいいわ。」
温かいお湯の滝が出来上がった。

滝行ってこんな気分なのだろうか?
やったことがないが、そんな感じがした。

しかし、眠い。
あったかくなってきたら、だんだん眠くなってきた。

湯船の温度はまだ冷たい。
階下で、嫁は熟睡中だろう。

「あー。いっそこのまま消えてしまおうか?」

理由はわからないが、何となくどうでもいいとおもってしまった。
でも、それではなんだか俺の人生つまらない。

ちょっと試してみよう。

このままシャワーを全開にして、俺はそっと目を瞑る。
温かいお湯とぬるい水が合わさって、だんだんいい温度になってきた。

嫁は俺の帰宅には気づいてはいない。

でも、これだけ音を出していたら、気づくかな?
俺のこと、心配して見に来てくれるかな?

すこしだけ、期待した。
しかし、嫁は一向に現れない。
そして、俺はとうとう眠気に勝てないと感じてきた。

ああ、俺の人生、こんなものか・・。

仕事では選ばれず・・・。
家庭では気づかれず・・。
すべてを放棄して、眠りの誘惑にこの身をゆだねようとしたとき、それは突然やってきた。

「あほか!水道代がもったいないやろ!」
シャワーを止められ、頭をはたかれ、扉を閉められた。

急に現実に引き戻された。

嫁には気づかれたけど、水道代には勝てなかった。
実は、この話の元ネタは、実話なのです。
あ、私ではありませんよ?
日常生活でも、ほんの少し見る目を変えると、面白いものが転がっていますね・・・・。
ちなみに、この夫婦。いまでもちゃんと夫婦です。

あと、どうでもいいことかもしれませんが、この本文777文字なのです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ