挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【詩集】Shangri-La

ふりかえるあの空に

作者:野鶴善明
 ふりかえるあの空に
 あなたのほゝえみを映して
 ふりかえるあの空に
 あなたの笑顔を残して

 あなたが遠くなります
 夢の日々でした
 あれが恋だと
 気づかずにいた僕でした

 この山道はどこまで続く
 緑のそよ風
 涙を拭いて
 心拭いて 旅を歩く

 あなたの夢が叶うように
 祈っています
 瞳に宿した
 あこがれをなくさないで

 岩場の陰に湧き上がる
 甘露を飲んで
 よっこらしょと
 腰おろし ひと休み

 しあわせを探してゆく
 風吹く 峠越えて
 遙かへ
 しあわせの住む町に
 いつかたどり着きたい

 ふりかえるあの空に
 あなたのおもかげを映して
 ふりかえるあの空に
 あなたの笑顔を残して


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ