挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゴシャカレタ! 作者:こうえつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/18

子魔王が起きれる理由

母が言った。今日から俺はとーさんだ!
【本編のメインキャスト】

大魔王

 別名(母)本編の主人公。ある日べへりっと(闇のお守り)を使い、「蝕」を起こし母から大魔王に変身。通常の人間には理解不能であり、近づくと危険。好きな言葉は「ぶっころす!」



子魔王

 本編の作者。秋葉原で小さなITの会社をやっている。小さいときはオボッチャマで育ったが、ある日、やさしい母が大魔王に変身。命の危機にさらされる事に。「お前はライオンだあ!」と魔王に改造されたが、なぜか秋田犬になってしまった。好きな言葉は「おれもう、しらん!」



じい(さぶ)

 魔王の側近。魔王と一緒に住む事ができる唯一の存在。趣味ギャンブル。昔、魔王の居城が燃えた時(自宅が火事)に一番欲しいものはと聞かれ、「馬券注文する機械」と言って子魔王をうならせた。最近ネット麻雀にはまっている。好きな言葉「はぐれこきりこ♪」



姉(妖怪)

 親父の側のばーさんの血を引き継ぐ、妖怪なひと。ネットゲームに命を捧げている。魔王と妖怪は仲が悪く、よく戦いになるが、決着はいまだについてない。

好きな言葉

「おまえの家の前で首つってやる!」



子魔王が小学校二年の時です。

魔族の家では、夜更かしは自由です。

その日も、子魔王は「ゲバゲバ90分」を楽しくみていました。

寝たのは一時過ぎていたかもしれません。



チュンチュン、すずめが鳴いています。

…………ガッバ!!

「はっ!」

 時間を見ると朝の9時過ぎ……

「まじい!学校、完全に遅刻だ」

 ドキドキしながら、二階の子魔王の部屋から、居間に降りていくと

 魔王がてあぐら組んで、ムッスとしています(注 魔王は母親です)

 子魔王がランドセルを持ちながら、そ~と、側を通り過ぎようとすると

 ガッツ!

 ランドセルをつかまれました。

 子魔王は小学校では体は結構大きいし、力もある方ですが

 「魔界モード」になった魔王のパワーは通常の3倍になってる為、とてもかないません。

「そんなに、学校行きたくない奴は」

「学校へ一生いかんでいいーーーーーーー!」

「たぁっ!」とかけ声と共に、ランドセルを持った魔王は、窓を開けて、田んぼに 向かって、スロー開始。

 ひゅーんと10m先に「ドポン」ってランドセルは落ちました。

 その後、子魔王は泣きながら、ランドセルを拾いに行きました。

 田んぼに教科書は散乱。集めてみると、泥水を吸って、2倍の太さに。

 ランドセルに教科書が全部入るのは、翌年になるのを待つ事になりました(泣)



以来、子魔王は目覚時計を使わないでも、起きれるようになりました……ワーイ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ