挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編集 少女

砂糖少女

作者:天童美智佳
純文学はどうかはわかりません。
素人の落書きと思っていただけると幸いです。
 ――いつからでしょう。私が、砂糖中毒(シュガー・ホリック)になったのは。

 幼い子供のとき。私が泣くと、両親はいつも飴玉をくれました。林檎味の白い飴、蜜柑味の橙色の飴、苺味の赤い飴、檸檬味の黄色い飴、葡萄味の紫の飴。私はすぐに泣き止んで、夢中で飴玉をしゃぶりました。唾液に触れて甘美に蕩ける、色とりどりの宝石。綺麗に透き通って、とろりと光る一粒を口に含むたびに、ほっとしました。父と母の愛情は、砂糖の結晶になって私に注がれているのだと、信じて疑いませんでした。
 余った飴玉は、貯めておくこともありました。湿気て貼り付かないように、オブラートにくるんで、優しい色の折り紙を巻いて。端と端をくるっと捻ると、はい、可愛いキャンディのできあがり。金平糖の描かれた千代紙で四角い箱を折って、私だけの宝箱に仕舞っていました。勿論内緒で。だって、まだ持ってるって知られたら、もらえなくなってしまうでしょ? それではいけません。私は、父との、母との絆の証を、いつまでもとっておきたかったのです。
 けれども、私が大きくなると、両親は別れてしまいました。私は母についていきましたが、別に望んでついていったわけではありません。父が、私のことをいらないって言ってたのを、聞いてしまったんですもの。とても、とても、口の中が苦くなって、私は飴玉を口いっぱいに入れました。顎や喉が痛かったけれど、苦いままでいるよりはましでした。飴玉を舐めている間は、母の曇った顔も、父の凍った顔も、みんな忘れていられましたから。
 引っ越しをしてしばらくして、母はしょっちゅう家を空けるようになりました。たまに帰って来ても、夜は遅く、朝は早く、すぐに出かけてしまいます。起床すると、机の上に数枚の紙幣とメモ書きが一枚あって。
『しばらくこれでなんとかしてね。先に仕事に行ってるわ』
 とだけ、書いてあるのです。
 嘘。仕事なんかじゃありません。日に日に濃くなる母の化粧、きつくなる香水の匂い、派手になる服装。とてもわかりやすくて、とても苦かったです。
 食事のために与えられたお金で、私は飴玉を買いました。他の何を食べても砂みたいな味しかしないけれど、この単純な菓子だけは、私を拒みませんでしたから。家でも、学校でも、何処でも。あったかくて優しい、幸せだったあの頃に連れて行ってくれる。飴玉は私の父で、母で、一番の友達でした。
 飴玉ばかりを食べて過ごす毎日。まともに食事をしたのは、何日前でしょうか。怠いです。眠いです。重いです。私の身体の中を巡っているのは塩辛い血潮ではなくて、甘い砂糖水なのではないでしょうか。そうだったらどんなに素敵でしょう。私の身体には常に、両親の愛が満ちているのです。温かな闇の中で、私はそんな幻想に浸りました。
 されど、そんな天国のような心地も、夜が明けると消えてしまいます。朝になると、いつも頭が痛くなりました。喉に飴玉を詰め込んだあのときのように、息が苦しくなりました。起きても誰もいない、学校もつまらない。なら、起きてもしようがないでしょう。溶け残った砂糖の粒が沈んで固まるように、私の身体は動かなくなっていきました。
 ジャムの瓶に蓄えた沢山の飴玉をゆっくりと減らしながら、私は眠りました。夜が明けても、日が暮れても、ずっと。甘い夢だけを観て、静かな子守唄だけを聴いて。角砂糖がぽろぽろ崩れるように、私の身体も、崩れていく気がしました。
 ふっ、と眠りに落ちて。ふわっ、と目覚めて。眠っている間に天井が白に変わりましたが、あまり気にしませんでした。空気が薄荷糖の匂いになっても、ベッドが氷砂糖みたいに冷たくなっても、口の中に広がる理想郷(ユートピア)だけは、変わりませんでしたから。
 気づくと、母が泣いています。ごめんね、ごめんね。そればかり言っています。何を謝っているんでしょう? 私はこんなに幸せですのに。おかしな人です。
 お砂糖みたいに真っ白なお部屋の中で、私は今日も眠ります。いつか、永遠の夢の世界へ行く。そのときのため、透明な壜の中に、甘い甘い宝物――小さな飴玉を貯めながら。
甘いものって、心を癒してくれますよね。そう思って、なんとなく書いてみました。
おかしな独り言にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ