挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
器用貧乏だけど成長補正で異世界最強 作者:ダークネスソルト
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/53

勇者召喚

 
  俺の名前は気宇 翼勇
   
  中学二年生だ。

 ラノベ好きで少し運動音痴などこにでもいる学生だ。

 そんな俺は今日もいつものように学校に行く。

 キーンコーンカーンコーン キーンコーンカーンコーン

「はーいそれじゃあ日直を始めます」 

 今年来た女性新任教師 左雨 愛華先生。

 少し小柄で優しい美人先生だ。

 そんな時教室に謎の円が現れる。

 そして謎の光に包まれ俺の意識は飛んだ。

「ここはどこだ」

 そこは何もなくただただ真っ白な空間が広がっていた。

「はい、はい皆僕は神様です」

 頭に直接聞こえてくる

「それじゃあ皆様には今からこことは違う世界いわゆる異世界というところで勇者になってもらいます。」

 ...................

「はっ」

 ・・・・・・・・・・・・・

 これってラノベでよくあるあれか。

「それじゃあ皆様には勇者になるにあたって特別な力を与えます」

「特別な力というのはスキルというもので皆様にはスキルポイントを10上げます」

「そしてそのポイントを使ってユニークスキルを一つそして余ったポイントでスキルを取ってもらいます」

 それじゃあ皆様は個室に移動させます。

 そしてまた謎の光に包まれた。




 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ