挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

過去の自分

作者:
過去の自分が今の自分を追い詰める。
今の自分は過去の自分を超えていない。
普通の人は過去の自分を乗り越えているのだろう。

過去の自分を乗り越えられた時もあった。
今はそうじゃない。
過去の自分を見せつけられるたび、乗り越えられない壁を感じる。

乗り越えようとした時期もあった。
結局乗り越えられない。
心の炎が燃え尽きて動き方が分からずじっとしてる。
じっとしているから不安だけが大きくなる。
他人はじっとしているのを責める。
責められて乗り越えようと動いたら今まで動いていないのが祟って方法を間違えて、また責められる。

もういいよ。
疲れたよ。

「自分が悪いと分かっていない」
「変わろうとしていない」
「悪いところが分かっていたら動けるだろう」

そうだね。
全部あなたの言う通り。
自分の気持ちは未来に向かっていないのだから、そうだろうね。

今日の自分も明日の自分を追い詰めるんだろうな。
堂々巡りだね。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ