挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
世界平和に不都合なぼくたち 作者:さんかく

第一話 魔王さん、お断り

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/74

第1回 世界崩壊とその終わり

 ぼくとかえでは、半年前、世界を崩壊の危機から救った。
 そのてん末を書いたものは先週の資源ごみの日にかえでが古雑誌と一緒に出してしまったらしい。

 さすがに驚いたけど、まあ、いいやと思ってそのままだ。

 出版社のお姉さんは真っ青な顔で、もう一度書くよう強く迫ってくる。

 でも、ぼくらは読み返したりしないし、誰でも結末を知っているのにバカのように長い冒険の話ぐらい、つまんないものはないでしょう?

 結末の分からない物語のほうが面白いに決まっている。

 だからこれは、ぼくたちとその周辺をうろちょろしていた人たちの、後日談だ。

 まだ世界が崩壊すれすれだったころのひずみがあちらこちらに残っていて、ちょっとファンキーな部分をそこかしこで見かけるけれども、誰もがずっと望んでいた平和な世界だ。

 とどのつまり、ぼくの自慢話なのです。

 そんな話をご所望な方たちに、この本を捧げます。

 さあ、どうぞ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ