挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
JKのアタシが異世界転移したワケなんだけど、チートなのは相方の方でした 作者:梅雨空あんこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/36

第1話 『トリップは突然に――』



 本当に突然なんだけど、アタシには『育児放棄された捨て子』だったと言う衝撃の黒歴史がある。



 本当の両親の事はもちろん知らない。
 事故で亡くなったのか、それとも事件に巻き込まれたのか。
 あるいは、生まれてくる事を望まれていなかったアタシを捨てたか。
 憶測だけならいくつでも上げられた。
 施設の大人達に聞いて周っても、その理由を誰も教えてくれなかった。
 いや、もしかしたら誰も知らなかったのかもしれない。
 どうしてないのかは今でも分からない。


 少し大きくなってから、自分についての記録を見た。
 アタシは新生児の時点で児童養護施設に預けられた事になっていた。



 それから、自分の名前――。
 アタシはいつの間にか、周囲に『千尋』と呼ばれていた。
 両親が付けてくれた名前かもしれないと思っていた時期もあった。
 でも、生まれてまもなく捨てられた自分に両親が名前を付けるなんて、そんな奇特な事はしないよなと5歳で悟った。
 それからは施設の大人が名前のないアタシに勝手に付けた名前なのだと考えるようにした。
 とにかく、アタシはいつの間にか『千尋』と言う名の身寄りのない少女になっていた。
 そして、物心がついた頃のアタシは常に一人ぼっちだった。



 今の両親は、どんなに頑張っても子供が出来なかったのだそうだ。
 アタシが6歳になった頃、児童施設にやって来てアタシを引き取ってくれた。
 そんな経緯があったせいか、『もらわれっ子』のアタシは、小学校で仲間外れにされたり、無視されたり持ち物を隠されたりと、まぁアタシは世間一般で言う『虐め』にあっていた。
 施設を出たばかりで孤独に慣れていたその頃のアタシは、別段それを何とも思わなかった。
 ただ教室の窓から見える空を見つめながらこんなことを想っていた。


現実ここではない世界に行けたらな』って――。


 表面上では「どうってことない」とうまく取り繕っていた。
 それでも小さかったアタシの心の中には、常に周囲と交われない孤独と先の見えないこの世への絶望、どうする事も出来ない現実への諦めが渦巻いていたのかもしれない。
 今考えてみると、何て暗い思考回路をしてたんだろう。
 クラスとかでよく聞く『中二病』とか言うそれそのものだ。
 でもそんな考えも、父親の仕事の都合で何度となく転校する度に段々と薄れていった。
 転勤族だった父親には感謝してもしきれないくらいだ。
 初めてクラスメイトに話しかけられて、友人と呼べる同級生達の輪の中に入れた時、アタシは誓った。
 極普通の女の子として『平凡』に生きていくんだって……。




「こんなくだらねぇ現実にいたくねぇよ。転生かトリップして俺TUEEEEな異世界に行きてぇ……」

 中間テストの2時限目が終了した休み時間。
 クラスの隅っこの席で、コミュ障のオタクデブがずっとブツブツ一人で呟いている。
 下手すりゃアタシもああなっていたのか、と目線だけをそちらにチラリと送る。
 アニメや漫画、ゲームは好きだ。でも、アニメ好きの友達と会話のネタにする程度でオタクや腐女子の域には達していないと自負している。
 聞こえよく言うなら、『嗜む程度』ってヤツかな。
 目の前に集まる数人の友人達が先ほどのテストについて話しかけてくるので、視線を戻してして笑顔で冗談を言い返す。それを聞いた友人達がケラケラと笑った。

 高校2年になったアタシこと――宮間千尋(みやまちひろ)は、小学生時代とは打って変わって明るい少女になった。
 学力、体力は共に中の上。彼氏は今のところいない。
 クラスで孤立することもなく、友人達と買い物やカラオケに行くしプリクラだって撮りまくっている。いつも持ち歩いているバインダー式のプリ帳は、教科書より分厚くなっている。
 テスト期間中でも先生にばれない程度に薄いメイクをする。
 どんな時でもおしゃれは怠らない。女子高校生の鉄則だ。
 何処からどう見たって、極々普通のJKを見事に演じきっている。
 会話の合間に鞄からiPh●neを取り出して、画面をちらりと見てからLI●Eに適当なコメントを打ち込む。それから暗くなった画面を鏡代わりにして前髪をサッと整えた。
 こう言う細かなことに気を使わなくちゃいけないのは正直、疲れる。
 だけど、今だにブツブツ何かを呟いているキモオタデブの様に無視されるのは御免だ。


 アタシは、2度とボッチになったりなんかしない。
 そのためなら何だってやってやる。
 例えそれが、自分を偽ることになってもだ。


 チャイムが鳴った。
 こちらに手を振りながら集まっていた友人達が自分の席やクラスに戻っていく。
 アタシもそれに声を掛けながら手を振りかえす。


 さぁ、次でこのかったるい中間テストも最後だ。
 世界史は別段、得意でも苦手でもない。
 覚えたことを真っ白な答案用紙に書いていくだけの単純作業だ。
 担当教官がテスト用紙の束を持って教室に入ってくる。


 さて、テストが終わったら何をしようかな?


 テストを始める直前に見上げた窓の向こうは、早めの梅雨入りをした最近では珍しく晴れ晴れとした青空だった。
 何も起こるわけがないのだ。


『どこか別の世界』――。


 そんなのは存在しやしない。
 行きたい奴は、勝手に行けばいい。


 その時のアタシは、ただ安直にそんな事を考えていたんだ。
 これから自分がどうなるかも知らないで――。




 道を行きかう人が、工事現場の人々が叫んでいる。
 悲鳴やら怒号やらで、何を言っているのか内容は全く聞き取れない。
 その叫びを引き裂いてギュィイイイイと言う不快な音が辺りに響く。
 横断歩道を渡り終えようとしていたアタシの目の前には今まさに横転しそうになっている巨大なクレーン車。
 そしてガギンッと太いワイヤーの先に着いた金具が弾け飛び、鉄骨が頭上に降り注ごうとしている。

「な、何……これ? どうなってんの!?」

 中間テストが終わり、数人の友人達と足早に下校を始めたアタシ。
 その中の誰かが、『サーティ●ンのアイス食べようよ!』と言い出した。
 もちろん、アタシもそれに賛成しておもむろに鞄の中を見た。
 愕然とした。鞄の中に財布がなかったのだ。
 そう言えば、今朝から財布に触れていなかった気がする。机の上に置いて来たのだろうか?  その事を友人達に申し訳なさ気に伝えると、『千尋って案外ドジだよねぇ。じゃぁ、一回帰ってから合流しよ!』
 アタシは、別にドジっ子じゃないと思うんだ。誰にだってミスする事ぐらいはあるでしょうに……。と言うわけで、そのまま遊びに行く友人達と別れてアタシは帰途についたのだ。


 ただそれだけの事だったのに、これは一体どう言うことだ。


「うわぁあああああッ!」

 アタシは、女の子が出すのはどうかと思う叫び声を上げた。
 もうちょっと可愛らしく『きゃぁあ』とか言えば良かったのだが、そんな叫び方を選んでいる余裕はなかった。
 今まで出した事のない瞬発力で、アスファルトを蹴って後方に走った。
 スカートが捲れてパンツが見えようが、鼻水が垂れてようがそんなのはご愛嬌だ。
 大目に見て欲しい。今一番大切なのは自分の『命』だ。


 ガキィイイイインッ! ガラン、ガランッ!!


 さっきまで自分が立っていた所からもの凄い衝撃音が聞こえた。
 鉄骨がアスファルトを穿ち、地面が抉れている。
 いきなりの猛ダッシュで足がもつれて派手に転んだ。
 受身が上手かったのか、怪我はしていないが肩や膝が痛い。
 痣になるかもしれないな……と思いながら立ち上がると、再び誰かが叫んだ。

『皆、逃げろッー!! クレーン車が倒れるぞッ!!』

 その声でアタシは咄嗟に後ず去った。今思えば、その行動がいけなかった。
 ふわりとした浮遊感、そして下に引っ張られるような感覚。

「ふぇ?」

 気づいた時には何もかもが手遅れだった。
 蓋の外れたマンホールが足元に黒い空間を作っていた。何の迷いもなくアタシの体はそこに吸い込まれるように落下。
 誰だよ、マンホールの蓋外したの。アタシはマ●オじゃないから隠しコインはいらないよ。
 現金なくて困ってはいたけど……。


 シャレにならない。アタシの人生、マジで終わったかもしれない……。


 そう思ったアタシは最期の悪あがきにギュッと目を瞑った。
 大したわけはないけど、自分が死ぬ瞬間を見たくなかったんだ。



…… ……… ………… ……………。



 ――あれ? おかしいな。


 そろそろ、コンクリに激突するか下水に着水しても良いと思うんだけど。
 このマンホール深すぎじゃね? 落ちた時の事考えてないでしょ。完全に設計ミスだわ。

 それにしても、さっきから顔とか制服に当たる風圧がハンパないんだけど。
 ビュウビュウ、バサバサでちょっとうるさい。

「んんー?」

 首を傾げながらとりあえず両腕を伸ばしてみる。何の感触も無し。
 上下にも動かしてみる。風圧のせいで動かしにくいが何もない。
 何だ? どうなってるんだコレ?

「ハッ!」

 思い切って、バッと開眼してみる。
 ちょ、風圧! 目が痛い、痛い。ドライアイ必死だよ。

「……て、ちょっと待って! 何じゃこりゃぁあああッ!」

 アタシはあらん限りの声で叫んだ。その声が尾を引くのが分かる。


 アタシは落下していた。もの凄い速度で……。
 それはそれは綺麗な青空を、下へ下へと。


 ちょい待ち! だから、マンホール何処行った!! そしてここは何処だッ!?


「はぁああああ!? マンホールは!? あ、でもコレはコレで死んじゃうぅうううッ!! 誰か、アタシにパラシュートをくださぁああいッ!!」

 必死に腕をバタつかせてみるが、効果は一切無し。減速するわけがない。
 だって皆さん、想像してみてくださいよ。
 ノーパラシュートのスカイダイビング……恐怖しかないでしょ?
 いや、そんな事よりも……。

「誰か、助けてぇえええええ! ヘルプミィイイイイ!」

 空の上に人がいるわけない。でも死にたくないんじゃい。

「かしこまりました。只今、お助けいたします」

 ほらぁ、誰もいない。
 いるわけがないんだよ。空の上になんかさぁ………て、はい?


 アタシの叫びに誰かが応えた。
 声のした方を風圧に耐えながら首を動かして見てみる。
 空の上に誰かいる……だと? まさか、神様か!

「てッ……うわぁッ! 顔! 顔、近すぎッ!」

 結構至近距離にイケメンの度アップがあった。
 風になびく黒髪にこちらをジッと見つめる青い双眸。美白でもしてるのかってくらいに白い肌。
 この無表情がデフォルトです。って感じの澄ました顔をしている。
 はて? さっきまでこんな人いたっけか?
 てか、この人もノーパラシュートじゃないですかッ!
 なのに何でそんな冷静な顔してるの? 馬鹿なの? 何なの? 死ぬの? 
 いや、このままだと、どの道死ぬ。
 なので、とりあえず今一番疑問な事を隣の男に聞いてみた。

「……あの、どちら様ですか?」

 誰、この人。
 マジでこの知らない人なんですけど……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ