挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悪徳領主ルドルフの華麗なる日常 作者:増田 匠見(旧master1415)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/55

料理人トニーの華麗なる復讐

こういう下らない話を、もっと書きたい(*´∀`*)
 厨房の中に、何かをすり潰す音だけが響く。

 丁寧に丁寧に。
 形が残らないように、ペースト状になるまでひたすら、それ・・をすり潰していく。

 遂に、遂にこの日がやって来た。
 どれだけこの日がやって来ることを待ち望んだ事だろうか。

 私がこのオーレマインにやって来て早五年。
 いつかこの日がやって来ると、信じて待った甲斐があった。
 五年前、私を王都から追い出したあの傲慢な貴族が、今日、私の店にやって来るというのだ。

 今日こそが私の復讐の時。
 クククッ、これを口にした時、あの貴族は一体どんな反応をするだろうか……

 その瞬間を思い浮かべると、暗い愉悦が込み上げてくる。

 私は、いつこの日が来てもいいように、ある場所と秘密裏に契約を結んだ。
 そして今日は、特上品質のブツを用意して貰ったのだ。

 古い物だと特有の匂いがするので、口に入れてもバレないように、今日の朝一に収穫された物だ。
 また、生のままではとても口には入れられないため、一度熱を通して柔らかくし、違和感がなくなるまですり潰す。
 さらに、熱を通すと甘味がでるため、他の食材と合わせて、一つの料理として味を調和させる。

 あの貴族に復讐するために、今日まで研鑽を積んできたのだ、まず間違いなくバレる事はない。

 用意したブツの下処理をしながら、私はあの日の事を思い出していた。

 私はこの五年間、あの日受けた屈辱の事を忘れた事は無い。

 あの日は、今日と同じように、丁度季節の変わり目を感じる、肌寒い日だった。




 あの日、私はいつもと同じように、王都のとある店の厨房で働いていた。

 そこは王都でも指折りのレストランで、当時の私は周囲に、その腕を知らしめていた。

 きっかけは、店内のコンペに私が参加した事に始まる。
 コンペに提出した料理が評価され、実際に店頭に並べてみると、これが大ヒット。
 それから新しいメニューを開発するも、次から次へと評判になり、幾つかは店の看板メニューになる程だ。

 それ以来、私は天才料理人として評され、上司には目を掛けて貰い、この若さで次期副料理長、ゆくゆくは料理長の座も約束されていた。

 そんなある日の事だ。
 突然とある貴族から、食事の予約が入ったのだ。
 その日は、たまたま料理長が所用で店におらず、副料理長が音頭を取って事に当たる事になった。
 その時、普段から副料理長に目を掛けて貰っていた私は、料理の幾つかを担当する事になったのだ。

 副料理長からは「好きにやれ」と言ってもらえ、全身全霊を以て事に当たる事にした。

 私は今まで温めていたアイディアを、ここぞとばかりに料理に込め、出来上がった料理をその貴族に供した。

 王都で培った経験の集大成とも言えるその一品は、間違いなく王都でも史上に残る程の料理となったであろう、自慢の一品。
 今までコンペに提出した料理も、店の看板になったメニューも、全ては、この一品を作り出すためだけにあったと言っても過言ではない。

 私の全てを注ぎ込んだ一皿。




 ………………それを、その貴族は床にブチ撒けたのだ。




 今でも、あの時の事を有り有りと思い出すことができる。

「おい、誰がこの料理を作ったのだ」

 その時の私は、厨房にいたのでテーブルの様子が分からず、その声を聞いて、てっきり称賛の言葉を頂戴するとばかり思い、喜び勇んで姿を現した。

 だが、テーブルに顔を出して見ると、なにやら様子がおかしく、不穏な空気が漂っていた。

「貴様が、これを作ったのか?」

 貴族の男は、不機嫌さを隠そうともせずに床を指差す。

 私はその様子に戸惑いながらも、床に目を向けると、信じられない物が目に飛び込んできた。
 丹精込めて作った自慢の料理が、床にぶち撒けられていたのである。

 何故だという困惑する気持ちと共に、怒りが沸いてくる。

「閣下のお口には、合いませんでしたか?」

 怒りに支配された私の口から出てきたのは、謝罪の言葉ではなく、問い詰めるかのような、非常に憮然とした物だった。

「フン!こんな物を私が口にする訳がないだろう」

 貴族のその言葉に更に怒りが募る。
 この貴族は、私の全てを込めたと言っても過言ではない一皿を、見ただけで床にぶち撒けた言うのだ。

「では、閣下は一口も食べずに、私の料理を評価するのですね?」

 いくら、私のプライドを踏みにじられたとは言え、貴族に物申すなど、愚か者のする事だ。
 だが、その時の私は、そんな事も分からないぐらいに、どうかしていた。

「…………ほう、私に口答えするとは、いい度胸だ。這いつくばって謝罪をすれば許してやろうと思ったが止めだ。……クククッ、今後は王都で仕事ができると思うなよ。」

 その貴族はそう言って、代金も払わずに去って行った。

 そこまでして、ようやく私は、何をしてしまったのかに気が付いた。
 貴族に対してあのような態度を取ってしまった事に、頭を抱えるがもう遅い。

 案の定、貴族の不興を買った私は、身の振り方を考える羽目になったのだ。

 翌日、いつものように店に出向くと、早々に料理長と支配人に呼び出された。
 嫌な予感はしていたが、予想通り、支配人からは解雇クビを告げられたのである。

 話を聞いてみると、王都の主だったレストランには手が回っているらしく、私を雇う店は無いだろうとの事だ。

 あの貴族は本気で私を王都から追い出すらしい。

「ハハハハハ」

 笑いしか起きない。

 さすがに憐れに思ったのか、支配人が他の街にいる知り合いの店を紹介してくれ、私はそこで世話になる事になった。
 仕事の心配はしなくて済んだのは幸いだったと言えよう。

 こうして私は、工房都市オーレマインに身を寄せる事になったのだ。

 後で耳にしたところによると、あの貴族は大層な人参嫌いだそうで、私の料理にそれが入っていた事が、今回の件の真相だそうだ。

 何と下らない話だろうか。
 私はたかが人参ごときに、料理人としての未来を潰されたのだ。
 全く、冗談じゃない。
 結局あの貴族は、料理の中に人参が入っているのを見ただけで、料理を床にぶち撒けたのだ。

 料理人として、これ程の屈辱があるだろうか。
 怒りで我を忘れそうになる。

 それ以来、私は、何かに取り憑かれるように、料理の研究を始めた。

 私をこのような目に遭わせてくれた貴族に、絶対に目に物を見せてやると、復讐を誓ったのだ。

 そうして日々を過ごしながら、私は、機会が訪れるのを虎視眈々と待っていた。



 そして、ようやくその時がやって来た…………



 今日の昼前ぐらいの事だ。
 貴族の侍従を名乗る人物が店に訪れて、今夜、店を貸し切りたいと言ってきたのだ。
 五年前と同様に、突然の話だ。

 店内は騒然となったが、いつでも対応できるような心構えをしていた私は、冷静に対応をする事ができた。
 落ち着いて、貴族の名前を聞く。

 ルドルフ=ファーゼスト辺境伯。

 侍従の口から出てきたのは、待ちに待った復讐相手。
 思わずニヤけそうになるのを必死に抑えて、侍従に一つの提案をする。

「ルドルフ様に、特別な・・・料理を提供させては頂けませんか?」と。

 侍従は、特に疑う事もせずに肯定の意を示して帰って行った。
 あまりにも簡単に事が運ぶので、拍子抜けしてしまったぐらいだ。
 こうも簡単に準備が整ったのは、オーレマインでの信頼を勝ち得ていた事が大きかったのかもしれない。
 やはり、普段からの行いを、神様は見ておられるようだ。

 こうして、再びあの傲慢な貴族に巡り会えた事を、神に感謝し、祈りを捧げる。

 さて、ここからは時間との勝負だ。
 今から夜まで、そう多くの時間はない。

 私は、この日のために、秘密裏に契約したツテを頼り、急いでブツを用意して準備に取り掛かる。






 待ちに待った待望の機会だ。
 準備は滞りなく完了し、待ち人も、先程支配人が店内へと案内をしてきた。

 五年もの歳月で醸成された私の怨みは、最早抑えられそうにない。
 私は、それらを皿の上に込めながら、手際良く料理を仕上げていく。

 前菜、スープとテーブルまで運ばれた皿であるが、洗い場に返ってきた時には何も無い綺麗な状態となっていた。

 それを見て、私は復讐が成った事を確信する。
 私の恨みと五年間の研鑽は、あの時の貴族に気付かれる事なく、無事に胃の腑へと収まったようだ。

 その様子に満足し、私はデザート・・・・を自らの手で運ぶ事にした。

「……ご満足頂けましたか?」

 テーブルの上を見ると、予想通り、メインディッシュは綺麗に片付いてた。
 その事に思わず笑いが込み上げてくるが、必死に堪える。

「貴様が今日の料理を作った料理長か?」

「はい、閣下のお口には合いました・・・・・・・・・か?」

 何も残っていない皿を見れば一目瞭然ではあったが、この貴族の口から直接聞かずにはいられなかった。

「ああ、しっかりと堪能させて貰った」

 はっきりと、満足そうに貴族は答える。

「大変光栄なお言葉ありがとうございます……ククッ」

 五年前は一口も食べずに料理を評価していた男が、私の特別料理・・・・をしっかりと堪能したそうだ。
 何を食べさせられたのかも知らず、のんきな物である。

「貴様、名前は?」

「トニーと申します」

「トニーか、覚えておくとしよう。」

「ありがとうございます……ククッ」

 この期に及んで、名前を聞いてくるなど、ずいぶんと余裕な様子。

「……もし貴様が望むのなら、知り合いの貴族や、王都の料理店を紹介してやるが、どうだ?」

 極めつけにこの台詞だ。
 自分で王都から追い出しておきながら、王都の店を紹介してやるなど、何という言い種だ。

「大変光栄なッププ……失礼。大変光栄な事ではありますがッププ…………もうダメだ、我慢していられるかプハ、プハハハハハハハハ!!」

 あれだけの事をしておいて、今更、手の平を返したようなこの態度は、一体何だと言うのだ。
 あまりにもの滑稽さに我慢ができず、腹の底から笑い声を上げてしまった。

「…………貴様、何を笑っている」

 貴族は、ここまでして、ようやく様子がおかしい事に気が付いたようだ。

「私を王都から追い出した閣下が、王都の店を紹介すると言うのです。これが笑わずにいられますか!?」

「……何?」

「やはり、閣下は忘れていらっしゃるようですが、私は一日たりともあの時の屈辱を忘れた事はありませんよ!」

 あの日、私の全てを懸けた料理は、この男の人参嫌いによって地に棄てられたのだ。
 これを屈辱と呼ばずに何と言うのか?

「ふん、知らんな」

 だが、貴族は素知らぬ顔で答える。

 全く、どこまでも傲慢な男である。
 だが、その余裕がいつまで保てるか楽しみだ。
 果して、この話を聞いても平気でいられるだろうか?

「プハハハハ、今日の料理に何が入っていたのかも知らず、良くそんな顔ができますね」

 今日用意した料理は全て、ある物が盛られた特別な・・・コース料理だ。

「何……だと。…………貴様、一体何を入れた!?」

「何を入れたか?……プハハハ、閣下が私にした仕打ちを考えれば、何を入れたかなんて決まっているでしょう?それが私の復讐なのですから」

 私は人参によって王都を追放されたのだ。
 それならば、人参で復讐するのが筋というもの。
 つまり、この貴族に、大嫌いな人参をそれと分からない形で食べさせるというものだ。

 前菜は、人参のムース。
 スープは、かぼちゃと人参のポタージュ。
 メインは、人参ハンバーグ。

 プハハハハハハハハハ。
 あれだけ絶賛していた料理には、全て閣下の大嫌いな人参が入っているのですよ!!

「……なっ!?」

 貴族は、急いで口の中に指を突っ込み、料理を吐き出そうとする。

 おやおや、吐き出したい程までに人参が嫌いですか?
 それなのに、あんなにたっぷりと食べるなんて、閣下もやればできるじゃありませか、プハハハハハハハハ!

「今更そんな事をしても無駄ですよ、一体どれだけの料理を食べたと思っているのですか」

 それに、あれだけ旨い旨いと食べておきながら、今更吐き出す事に何の意味があるのですか?
 良いじゃありませんか、人参が食べられるようになったのですから、素直に喜んだらどうでしょうか。
 プハハハッ、あぁー良い気味だ。

「貴様、…………ただで済むと思っているのか?」

 貴族がそう言って睨み付けてくる。

「プハハハ、あれだけ食べておいて、ただで済む訳がないでしょう?きっちりとお代は頂きますよ」

 ただ?何を言っているのですか?
 五年前の時は、一口も食べなかったのでお代は頂きませんでしたが、今日は違います。
 まさか貴族ともあろうお方が、料理店でしっかり食事をしたのに、お金を払わないなんて言いませんよね?

「トニー、貴様の名前は覚えたからな!…………ヨーゼフ、ヨーゼフ!!」

 そう言って、貴族は店の外へと駆け出していった。

 まだ、本日のコースは終わってないというのにどうしたというのだ。

「おっと、何処へ行こうと言うのですか?」

 途中で席を立って、それも大声を出しながら走るなんて、テーブルマナーがなっていませんね。

 最後の一品は、私の自信作だというのに勿体無い。

 皿の上に盛られたそれは、素材の甘さを最大限に生かした逸品。
 閣下も一口食べれば、その魅力の虜となるでしょう。

 さぁ閣下、好き嫌いはいけません。

 デザートのキャロットケーキを召し上がれ!!
良かったね?(`・ω・´)



さて、一通り話の区切りもついたので、しばらくは(作者の気が済むまで)閑話や、バカ話を投稿していきたいと思っています。
次回
・『とある妖刀の華麗なる経歴』
・『DA☆メイドinスズキ』
・気まぐれにより、その他
以上を、楽しみにお待ち下さい(*´∀`*)
(但し更新ペースは上がらない模様 汗)


☆おしらせ☆
今後の『悪徳領主ルドルフの華麗なる日常』ですが、ルドルフパートを纏めて投稿せずに、(特別な理由がない限りは)きちんと交互に裏パートを投稿していこうと思います。
投稿ペースが大体週一ペースなので、今までは一ヶ月近く前に投稿した話の裏パートを読む事になっていたので、分かりやすい形式に変更したいと思います(*´∀`*)

これからも、ルドルフさんの活躍()を、どうぞお楽しみ下さいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ