挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悪徳領主ルドルフの華麗なる日常 作者:増田 匠見(旧master1415)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/55

冒険者ガッシュの事情(後編)

パパッと終らす予定だったのに、ここまで文字数が多くなるとは……
宣言通り、大したオチはありません。
 あれからどれだけの時間が経っただろうか。
 すでに日は傾き始め、空は赤く染まり始めていた。

「ちっ、少しずつけしかけやがって、鬱陶しいんだよ!」

 散発的に襲い掛かってくるゴブリンを蹴散らしながら、思考を巡らす。
 相手は数に物を言わせて、こちらの疲弊を狙っている様子だ。
 体力のある内に包囲を突破するべきなのだが、視界の端に、狼に跨がったゴブリン騎乗者ライダーの姿が何体か映る。
 包囲を突破できたとしたとしても、奴らをどうにかしないと被害は抑えられない。

 だが、このままではジリジリと体力を削られるのを待つばかり。
 被害を覚悟で包囲を突破するしか手立ては無さそうだ。

「よく聞け! 今から包囲を突破する! まず、俺が包囲に穴を開けるから、そしたら全力で駆け抜けろ。俺が殿しんがりになってできるだけ奴らを食い止める、冒険者は追撃してくるゴブリン騎乗者ライダーを何とかして食い止めるんだ!」

 何人かの被害は出るだろうが、仕方がない。
 このまま体力を消耗し続ければ、俺も含めて全滅する未来しか待っていないのだ。

 だが、その決心は些か遅かったようだ……

 ゴブリンの一団がゆっくりと動き出す。
 獲物が十分に疲弊したと見て、仕止めに動き出したのだ。

 ゴブリン司令官コマンダーらは、丘の上からこちらを見下ろし、ニタニタと楽しそうな笑みを浮かべている。

 クソっ、出鼻を挫かれた!

 こちらの動きに合わせるようにして動き出したゴブリンに、動揺する村人達。
 このままでは、包囲を突破する事も難しい。

 ゴブリンの癖に、嫌らしいタイミングで動き出してくれる。

「ぼさっとするな! 腹ぁ括って包囲を抜けるぞ!!」

 村人達に檄を飛ばして、何とか動揺を鎮める。
 ゴブリン達はもう動き出している、考えている余裕は無い。

「…………」

 村人達の覚悟を背中に感じ、俺は全身に力をみなぎらせる。
 魔力を体中に巡らせ、身体能力を何倍にも引き上げて大きく息を吸う。

「ウオォォォォォォォォォォォ!!」

 俺は野獣のような獰猛な雄叫びを上げ、駆け出した。
 背中からは、同様に獣ような雄叫びが続いてくる。

 舞い上がる土煙。
 迫るはゴブリンの波。
 響き渡る獣達の雄叫び。
 宙を舞うゴブリン司令官コマンダー
 踏み鳴らされる大地…………

















――――宙を舞うゴブリン司令官コマンダー

















「うぉぉぉぉぉ???」

 思わず間抜けな声を上げて足を止めると、ゴブリン達との間に、ゴブリン司令官コマンダーが降ってきた。
 首の曲がったそれは、明らかに息絶えている。

 ゴブリン達も、地面に叩き付けられたそれが、自分達のリーダーだと認識すると、呆然として足を止めた。

 戦場に場違いな静寂が訪れる。

 訳が分からず丘の上を見上げれば、そこには立派な黒馬に跨がった少年がふんぞり返っていた。
あの時の貴族の少年だ。

 その場の視線が、少年に釘付けにされる中、いち早く我に返ったのは、少年のすぐそばにいたゴブリン守護者ガーディアン達だった。

 自分達のリーダーの仇を取るべく少年に襲い掛かる。

 少年は優雅に馬から降りると、流れるような動作で腰の刀を引き抜く。

「邪魔だ」

 少年は呟き、その夜空のように漆黒の刀身を閃かせる。
 それは、一閃、二閃と弧を描き、鬼と見紛う二つの巨体を、まるで野菜か何かを切るかのように、事もなげに始末した。

 あの若さで、ゴブリン守護者ガーディアンを歯牙にもかけないとは、何という技量か。

 その様子を見た最後の一体は怯んで後ずさるが、隙をついた黒馬が全身のバネを駆使して蹴飛ばす。
 鈍い音を上げて宙を舞うそれは、高らかな放物線を描いてゴブリン司令官コマンダーの隣へと墜落する。
 どうやらゴブリン司令官コマンダーも同じようにして蹴飛ばされたらしい。

 あ、ありえねぇ。

 丘からここまで、いくら高低差があるとはいえ、これだけの距離を飛び越えてくとなると、一体どれ程の力で蹴られれば可能なのか。
 どうやら、あの黒馬も並みではないようだ。

 その隣に立つ少年は、血脂一つ付着していない美しい刀身を腰に納めると、丘の上からゆっくりと俺達を見下ろした。

「クックックッ、フハハハハ、アーハッハッハッハ!」

 ゴブリン達も含めて皆の注目を集める中、少年は高らかに笑い声を上げる。

「ゴブリン狩りを見物しに来てみれば、逆に狩られているとは、何の冗談だ? クハハハ、何だコレ、何なのだコレは!? おい、Aランク(笑)冒険者様、貴様は私を笑い殺す気か、クククッ、フハハハハハ!!」

 静寂とした戦場に、場違いな笑い声が響き渡る。
 だが、段々と少年の言葉の意味が理解できるにつれ、俺の心に火が灯る。

「い、今から狩る所なんだよ! そこで大人しく見ていやがれ!! おいお前ら、あんな子供のお貴族様に舐められっぱなしで、この先冒険者が続けられると思うなよ」

 他の冒険者に声をかけるが、言うまでも無かったようだ。
 あそこまで虚仮こけにされて、黙っていられる奴は、冒険者にはいない。

「精々私を楽しませるがいい、フハハハハ!!」

 少年の高笑いを耳にしながら、ゴブリンの集団に飛び込む。
 ゴブリン達は、未だに放心しているようで、草を刈るより簡単に倒すことができる。

 そこまでして、ようやくゴブリン達が我に返った。
 統率者のいなくなったゴブリンなど、烏合の衆だ。
 それぞれが好き勝手に行動するものだから、戦場は混乱を極めた。
 一番機動力の高いゴブリン騎乗者ライダーが、一早く森の中に逃げようとするが、まるでそれを計っていたかのように、森から冒険者が姿を表し、奇襲する。

 あれは、村に残していった冒険者達か。

 それを見て動揺したゴブリン騎乗者ライダー達は、呆気に取られている隙を付かれ、容易く騎獣ごと切り裂かれた。

 それを見た、他のゴブリン達は更に混乱を極める。
 元々知能の低い奴らは、リーダーを討ち取られただけでも、どうしたらいいかも分からなくなっているのに、逃げる事も出来ないという事を強く意識してしまい、パニックを起こしてしまったのだ。

 パニックがパニックを引き起こし、戦場はもはや混乱の坩堝るつぼ

 足元にうずくまるゴブリン。
 それを踏み潰して逃げ回るゴブリン。
 放心して立ち尽くすゴブリン。
 半狂乱に得物を振り回すゴブリン。

 それらが、沈黙するまでに時間はそれほど掛からなかった。

 ゴブリンの死体、死体、死体。

 二百はあるかと思われるそれらを見渡し、俺はようやく一息つくことができた。
 周りを見渡すと、軽症を負っている人間はいれども、死者や重症者といった被害は無し。
 ゴブリンとはいえ、あれだけの数を相手にして、素人である村人にすら被害がないとは……

 それもそのはず、半分以上のゴブリンが同士討ちで死んでいったのだ。
 俺達が相手にしたゴブリン達は、ほんの一部でしかない。

 俺は、こんな状況を作り上げた張本人を見上げる。

 ゴブリン達が周りに居なくなったタイミングで、ゴブリン司令官コマンダーという頭を真っ先に潰し、次いで最大戦力であるゴブリン守護者ガーディアンを屠り、手をもぐ。
 動揺したゴブリン騎乗者ライダーを伏兵で奇襲して、足も潰せば、相手は文字通り手も足もでないというわけだ…………

 全く、何て奴だ。
 その用兵の巧妙さにぐうの音も出ない。

 一冒険者である俺には見渡す事の出来ない視点。
 これが、人を率いる貴族の視点というものか。

 俺は今まで、貴族という物を誤解していたのかもしれない。
 少なくとも、あの少年がいなければ、ここにいる人間の何人が生き残っていられただろうか。

『鉄壁』と呼ばれ、いい気になっていたが、俺は何も守れていなかったのだ。
 それを教えてくれた少年に、とにかく礼を言いたい。

 今まで持っていた貴族に対するわだかまりもどこかに消え、足早に少年へと近付いていく。
 なんと声をかければいいのか分からないが、とにかく心のまま、思った感謝の気持ちを伝えたくなったのだ。
 そして、そうする事で何か、今までとは違う新しい自分になれるような、そんな予感があった。

 少年を目の前にして、口を開こうとする。









「頭が高い!」








「ふごぁぁぁぁぁぁぁぁ」

 目まぐるしく、景色が回り流れ、少し間を置いて身体中を衝撃が襲う。

 何が起きた?

 体に走る衝撃と、頬の痛みをこらえ、体を持ち上げる。
 どうやら俺は、地面に倒れ伏していたようだ。

「ハァハァハァ……」

 衝撃が足に来たのか、立ち上がる事ができず、荒い息をあげる。

 あの一瞬で何が起きたのか。
 少年の体がブレたと思ったら、宙を舞っていた。
 頬の痛みと合わせて考えれば、俺はどうやら殴り飛ばされたらしい。

「ゴブリンごときに醜態を晒す無能が、何様のつもりだ! 糞虫は地面に這いつくばっていろ!」

「ふごぁぁぁぁぁぁぁぁ」

 背中をかつてない衝撃が走り抜ける。
 気が付けば俺は、天と地を何度も交互に見ながら宙を舞った。

 今度はかろうじて目にする事ができた。
 この少年に蹴り飛ばされたのだ。

「ハァハァハァ」

 たまらず荒い息を吐く。

 そうだった、俺は村人達の命を危険に晒した張本人だった。
 いくら被害が無かったとは言え、それは、この少年の用兵によるものなのだ。

「ふん、こんなカスがAランク冒険者とは…………興が醒めた、私は先に帰る」

 黒馬は、その言葉を聞くとゆっくりと動いて、主人に身を寄せる。
 少年はそのまま黒馬に跨がって、それ以上何も言わないまま去っていった。

 そんな少年の言葉に、気付かされる。
 自分がどれだけ閉じた世界にいたのかを。
 それを、あんな年端もいかない少年に教えられるとは、何やら複雑な思いが湧くいてくる。

 俺は、あの少年の手によって、目が覚めた。

『鉄壁』と呼ばれ持て囃されてはいても、所詮は井の中の蛙。
 上には上がいるという事を教えられ、俺は新しい世界の扉を開くことができた。

 去って行く少年の後ろ姿を見送りながら、俺は本当の自分に気が付くことができたのだ。

 冒険者として、迷宮では遂ぞ満たされることの無かった心が、あの少年に出会った事によって、満たされる。
 そうか、俺はこれを求めていたのだ!
『鉄壁』と呼ばれた殻を打ち破り、俺に、遥か高みを教えてくれる存在を。

 ……そうか、俺の求めていた刺激・・はここにあったのか!

 あの少年は、確かファーゼスト家の者だと言っていたな……
 次の旅の目的地が決まった。

 待っていろ、絶対お前に認めさせてやるからな!

 ふらつく体に活を入れ、俺達は村への帰路に就いた。




 …………その間、村人達がどこか俺と距離を取っていたような気がしたが、気のせいだろうか?












 十年程の後、ファーゼスト領のとある村では、村長が領主に蹴り飛ばされている姿が、良く見られたという。
× 俺は、あの少年の手によって、目が覚めた。
○ 俺は、あの少年の手によって、目覚めた。

御柱「何にじゃ!?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ