挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
こはるびよりの冬 作者:
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/22

 この世界の四季は、四人の王とともに巡っていた。
 春の王が起きているときは、世界は春に包まれている。
 夏の女王が目を覚まし、春の王が眠りについたとき、夏が始まる。
 秋の王が目を覚まし、夏の女王が眠るとき、秋が始まる。
 冬の王が目を覚まし、秋の王が眠るとき、冬が始まる。
 そして春の王が目を覚まし、冬の王が眠るとき、春が始まる。
 そうやって巡っていく季節の中、小春こはるは春の王とともにいた。
 春の王と一緒に春を過ごしていたが、夏の女王が目覚める前に小春は眠ってしまったため、小春は春以外の季節をまだ知らない。
「小春はまだ春だけしか過ごせないのかもしれない」と、眠くてあくびばかりをする小春に春の王は言った。もう少し大きくなったら夏の女王や冬の王とも会えるかもしれないね、と小春の頭をなでながら春の王は続ける。
 それは春の王が眠気を感じる頃に、夏の女王が目覚めるように。また冬の王が眠気を感じる頃に、春の王が目覚めるように。二つの季節が重なる短い期間のときに小春が起きていられたら会える、という意味だったはずだ。
 だから小春が会えるのは夏になる前の気配や、冬が終わった名残だけのはずだったのに。

 小春は、冬そのものを見ることとなる。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ