挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

家出っ子ハウスの仲間たち

作者:最凪
ある日、俺は義理の親である伯父から追い出された。
気温は氷点下。そんな真冬な中、俺は公園へとたどり着く。
そこで野宿しようと決めた俺の前にやってくる人影。
「あんた何やってんの? そんなところで寝てたら運が悪けりゃ凍死するよ……私についでおいで」
その一言、その出来事から始まる新たなる俺の物語。
俺がたどり着いた切り花荘での出会い、成長、恋愛。
俺が描く青春劇がここから始まる。
1 物語は唐突に動き出す
俺の青春はここから始まる
2018/01/09 23:55
まさかの展開!?
2018/01/10 17:16
冷たい女
2018/01/11 20:26
和解
2018/01/11 23:07
信頼
2018/01/12 16:09
夢と期待
2018/01/12 21:47
涙と本音
2018/01/13 18:03
驚愕の事実
2018/01/13 22:09
温かさ
2018/01/14 20:16
マドレーヌ、そしてクッキー。
2018/01/16 22:12
お茶会の後で
2018/01/21 20:00
買い物
2018/02/05 21:18
思い出と苦しみ
2018/02/06 21:17
バスタイム
2018/02/07 20:31
アイス食べたい……
2018/02/12 21:06
緊張
2018/02/13 21:39
意外
2018/02/14 21:45
2 ヒロイン参入します
宿題
2018/02/16 21:21
お菓子
2018/02/17 14:08
キニナルヒト
2018/02/17 21:19
シュシュ
2018/02/18 12:11
サプライズ
2018/02/18 21:51
休み明け
2018/02/22 13:38
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ