挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

とある学問と小説についての一考察

作者:いわのふ
□□□ その一 数学者に対する一考察


 何がすごいといって、オイラーという人はすごい訳ですよ。文系の方は忘れてしまったかも知れないけど、ネピアの定数eというのがあり、また虚数単位iというのがあります。ここにおなじみの円周率πがあります。で、それらが単純な式で表されてしまいます。


 つまり、iとπをかけ算してeのべき乗、ようするにeをi×πの回数だけかけ算すると答えはマイナス1になりますよ、と。e、πは超越数、つまりいくら計算しても次のケタにどんな数字が来るか分からない不思議な数です。虚数は二乗して負の数がもしできたなら、という仮想的な数値単位です。なんでまた、超越数と仮想的な数値が関係してるのか、分からないわけです。分からない、というのは数学的に証明できないのではなくて、その式の意味するココロが分からないのですよ。


 恐るべし。この単純な式に不可解なe,i,πの三つが含まれた上、計算したらマイナス1、なんという答え。


□□□ その二 化学者に対する一考察


 第一次大戦で資源のないドイツはとても困っていました。


 こころを痛めたフィッシャー、トロプシュといった方がなんとまあ石炭から石油を作る方法を発明してしまいました。


 戦後も研究され、今に至っても石油なきあとの有望な手段として期待されたりしてるわけです。


 そのほかにも大戦前にはハーバー、ボッシュがアンモニアを合成し、火薬(当時は硝石が必要でした)を地下資源に頼ることなく合成する方法も考えてしまいました。ついでに窒素肥料まで合成してしまい、食料の大量生産が可能になります。


 また、第一次大戦後の賠償金を支払うため、海水から金を作ろうとした人もいましたが、調べてみたら海水中の金は思ったより少なくてこれは失敗しましたが。


 まあ、ドイツ人というのはすごくて、なければ錬金術あがりの技術で作ってしまうわけです。


□□□ その三 物理学者に対する一考察


 何がすごいって量子力学の発見ほどすごいものはないわけです。


 今もってその正体にはわからないところが多く、この分野ではアインシュタインすら同僚の物理学者にやり込められて、引っ込んでいます。


 完璧なサイコロがあったとしましょう。一から六まで全部の面が等面積の。これを振るわけです。じゃあ、アインシュタインやニュートンは次に出てくる数字は、人間の指の位置とか、振るときの角度とか速度とかそういったものが分かれば、必ず予言できると考えたわけです。


 でも、出る目は確率的であると証明してしまった。どんなに正確にサイコロ作ったって、かならず不確定な要素が発生して、次の目を「完璧に」予測することはできないんです。


 人間の認知性限界を示した初めての例で、このような例はそのあとに別な学問でも発見されています。


□□□その四 小説を作る者に与えられた課題


 では、上記を踏まえたハードなSFを作ろう、なんて不真面目に考える私みたいな人にとっては、とっても荷が重くて、なかなか書けないのですねえ。不思議だ、という付け入る余地が残されてるだけましなわけですが。


 それを理由に「hの変動する世界」の内容を膨らませられずにいるのですが。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ