挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

手のひらの上

作者:こっこ
「ママなんか、大っきらいだ!」

 大きな声でそう言うと、シュンは大好きなリュックを棚からひったくった。だいじなアイテムをいっぱい詰める。ゲーム、お菓子、小さい人形その他いろいろ……。
 それからばたんと大きな音を立てて、ドアを勢いよく閉めた。

 門を出て、四つ角を曲がって、いつもの空き地も過ぎて。
 途中で後ろを振り返ってみたけど、ママは来ない。

(ほら、やっぱり!)

 ボクのことなんか要らないんだろうと、シュンは思った。
 どんどんどんどん歩いていく。

 ちょっと遊んでたくらいで怒られる家なんて、ないほうがいい。
 お腹がすいたら、お菓子を食べればいい。とってもいっぱい持ってきた。
 どこか秘密基地をつくって、そこで寝ればいい。きっと家より気持ちいいはず。それに宿題とか片付けとか、いろんなこと言われないですむ。
 そうやって考えながらずっとずっと歩いて、気がつくと知らない公園の前にいた。

「うわぁ……」

 思わず声をあげる。
 ぐるぐる回る大きなすべり台は、降りるところが二つもある。
 丸太を組んで作った高くそびえる台からは、ターザンみたいにロープにぶら下がって、降りていけるヤツまである。
 他にも大きな砂場、迷路、ブランコ、名前を知らない面白そうなもの……。

「ねぇ、ボクにもやらせて!」
「いいよー。じゅんばんね」

 遊んでいた子たちに声をかけて、入れてもらって、いっしょになって走り回った。
 かけっこ、鬼ごっこ、登ったり降りたり転がったり、息が切れてもまだ遊ぶ。

「おまえ、名前は? どっから来たんだ?」
「シュンだよ。ボク、家出してきたんだ!」
「すげぇ! 家出とかカッコいいじゃん」

 みんなが目を丸くして自分を見つめて、シュンはちょっと得意になる。
 家出したボクが、いちばんすごい!と。
 でもそのうち……みんなが騒ぎはじめた。

「ヤバいよ、雲、真っ黒だもん」
「なんか、カミナリなってる? あたし帰るね」

 遊んでいる友だちが減っていく。
 だんだん公園がさみしくなる。
 ぽつんと冷たいものが、シュンの顔に落ちた。

「ふってきたーっ!」

 わっと誰もが走り出す。

「ひゃー、ぬれるぬれる」
「またねっ!」

 たちまち公園から、子どもたちの姿が消えた。

(どうしよう……)

 家出してきたシュンには、帰るところがない。そもそも、帰り道が分からない。
 ともかく濡れないようにと、シュンは丸太で組まれた遊具の中に逃げ込んだ。

 雨がだんだんひどくなってくる。
 しかもカミナリが、すごい音で近づいてくる。

(こ、こわくないやい!)
 強がってみたそのとき、けたたましい音を立ててカミナリが落ちた。

「ひっ……」
 文字どおり縮み上がる。

 怖い怖いコワイ。やっぱり怖いものは怖い。お菓子もゲームも持ってきたけど、カミナリなんて考えなかった。
 半べそで、隠れ屋の隅にうずくまる。

 そのとき、声がした。

「あー、いたいた」
 聞きなれた声。

「あーもう、おかげで濡れた濡れた」
 いちばん聞きたかった声。

「ママっ!」
 よっこらっしょっと言いながら、入ってきたママにすがりつく。

「ママ、カミナリ……ひゃぅ」
 ちょうど雷がゴロゴロと鳴って、思わずおかしな声が出る。

「ばっかねー、雨降りそうなのに、家出なんかするから」
 それは何か違うと一瞬思ったが、また鳴ったカミナリに、考えは吹き飛ばされた。


「ママ、どうしよう……」
「そのうちやむでしょ」
「やまなかったら……?」
「そのとき考える」

 やっぱり何か違う気がしたが、それよりも安堵のほうがまさった。
 すりすりと、ママにくっついてみる。
 そしたらぱちんと軽く、おでこを弾かれた。

「でもママ、どうしてここ、分かったの?」
「こ・れ・よ」

 笑いながら、ママがケータイを出した。

「あんた、自分の持って出たでしょ」
「あ……!」

 そうだった、とシュンは思い出す。最初にだいじなものをリュックに詰めたとき、確かにケータイも入れたのだ。
 だってあれは、友だちはまだ持ってない、自慢のアイテムだったから。

「便利よねー、これ」
「――うん」

 シュンの子供用ケータイは、親のケータイとリンクしてある。だから簡単な操作で、今どこにいるかがすぐ分かる。
 なのに今日は、すっかりそのことを忘れていた。
 ママが追いかけてこなかったのは、最初からケータイを持ってるのに、気づいてたからだろう。

「ボクこんど、ケータイ持たないで家出しようかな……」
「そしたら、さらわれたときどこにいるか、分からないけど?」

 それは困る。
 今日みたいに迷子になったときに、探してもらえないのもやっぱり困る。
 家出するならケータイはあったほうがいい、そうシュンは思った。

「で、どうすんの? 家出続ける?」
「やめとく……」

 今だってこんなに怖いのに、夜になったらと思うとぞっとする。

「じゃ、雨やんだら帰ろうか」
「うん!」

 シュンは元気よく答えた。


拙作を読んで下さって、ありがとうございました。本家はライトノベルですが、たまにこういうのも投稿すると思います。良かったら、連載中のものも読んでみてください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ