挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜 作者:硬梨菜

竜災未だ止まず、狼は吠える

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

226/235

六級より初段へと七立てに疾る

実質一話分ですがどうしてもタイトルで分けたかったので二話更新です
俺の前にマネキンがいる。

「……………」

最低限のAIだけが搭載された、シャンフロのそれと比べればあまりにチンケなマネキンだ。電脳の世界でのみ動き戦うことを許されたそれは、正眼の構えで竹刀を構えている。

「……よっと」

突っ込んできたそれを軽く回避し、すれ違い際に足をかけて転倒させる。そしてべしりと頭を一発。

「……まぁ、ルール的にはD評価だよな……」








俺の前にマネキンがいる。

「……………」

最低限のAIだけが搭載された、シャンフロのそれと比べればあまりにチンケなマネキンだ。電脳の世界でのみ動き戦うことを許されたそれは、上段の構えで竹刀を構えている。

「……よっと」

突っ込んできたそれを軽く回避し、すれ違い際に足をかけて転倒させる。転ばなかったので回し蹴りをたたき込み、そしてべしりと頭を一発。

「……まぁ、ルール的にはE評価だよな……」








俺の前にマネキンがいる。

「……………」

最低限のAIだけが搭載された、シャンフロのそれと比べればあまりにチンケなマネキンだ。電脳の世界でのみ動き戦うことを許されたそれは、下段の構えで竹刀を構えている。

「……ふっ!」

突っ込んできたそれよりも早くこちらが突きを放つ、どうやら判定的には続行のようなので怯んだところを足掛け転倒、そしてべしりと頭を一発。

「……F評価あるんか……」







俺の前にマネキンがいる。

「……………」

最低限のAIだけが搭載された、シャンフロのそれと比べればあまりにチンケなマネキンだ。電脳の世界でのみ動き戦うことを許されたそれは、正眼の構えで竹刀を構えている。

「……よっと」

突っ込んできたそれを軽く回避し、すれ違い際に足をかけて転倒させる。マネキンが転ぶよりも早く振り上げた竹刀をマネキンの後頭部に、判定的にダメらしかったのでべしりと頭を一発。

「わぁーったよ足掛けやめるよ! なんだよG評価って……」










俺の前に強いマネキンがいる。

「……………」

最低限よりかはましなAIが搭載された、だがシャンフロのそれと比べればあまりにチンケなマネキンだ。電脳の世界でのみ動き戦うことを許されたそれは、上段の構えで竹刀を構えている。

「……おっ」

突っ込んできたそれと鍔迫り合い、マネキンの腹を蹴り飛ばして怯んだところを胴体一閃。

「足技がダメなのか……とはいえE評価だ」










俺の前に強いマネキンがいる。

「……………」

最低限よりかはましなAIが搭載された、だがシャンフロのそれと比べればあまりにチンケなマネキンだ。電脳の世界でのみ動き戦うことを許されたそれは、上段の構えで竹刀を構えている。

「……おっ」

突っ込んできたそれと鍔迫り合い、マネキンの腹を蹴り飛ばして怯んだところを胴体一閃。

「足技がダメなのか……とはいえE評価だ」










俺の前に強い剣士(・・)がいる。

「やっぱり、ここが境界線か……だが!」

俺が狙うは裏ボスの首ただ一つ、であればここですら通過点だ。

E評価だった。
未知を登ることの、なんと楽しいことか

銃落とせ銃
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ