挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第十三章 あたたかな未来を信じて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

86/107

特別な日の、贈り物

 ある宿屋で、一人夕食をとる美しい青年――。青年の名は、クラウス。
 この瞬間、クラウスの心は、二つのことに占められていた。
 一つは、「今日という日」について。

 アーデルハイト……。

 アーデルハイトの誕生日だった。クラウスは、深いため息をつく。

 とうに忘れたはずなのに、もうなんの関り合いもないはずなのに……。奇妙なものだ。記憶は、この日付の意味することを忘れてはくれないらしい――。

 これはただ、覚えていることを機械的に思い出しているだけだ、とクラウスは考える。
 もう一つのこと。それは、現在利用しているこの宿についてだった。

 この宿……。古い魔法を感じる――。

 古い魔法、しかもそれは――、「呪い」だ、とクラウスは感じていた。
 子どもの頃なら関心を持っただろうが、今のクラウスにとってはどうでもいいことのはずだった。自分の力なら、簡単に解くことが可能だろうし、目新しい発見もないように思える。だが、なぜか宿屋に漂う黒い気配、その「呪い」とやらが妙に気になっていた。

「……急にこんなことを尋ねるのは、変だと思われるでしょうが……」

 クラウスは、食後のコーヒーを運んで来た宿屋の主人に、声を掛けてみた。

「お客様、なんでございましょう?」

「ご主人は、ご存知ですか? この宿には、魔法の気配を感じます。それも、よくない類の」

 主人の顔色が変わった。持っていた盆を取り落としそうになる。

「やはり、ご存知ですね」

「ど、どうしてそれを……!」

「私は、魔法使いです」

 そう言ってから、クラウスは少し考える。コーヒーのよい香り。丁寧に淹れられたものだとわかる。この、悪意に満ちた黒い気配とは全く正反対の、あたたかい、コーヒーの黒――。
 クラウスは、意を決した。

「よろしければ、僕に詳しく話してくださいませんか?」

「え……」

「大変美味しい食事でした。僕に、少しばかり恩返しをさせてください」

 主人は、クラウスに宿屋の住居部分の一室を案内した。
 部屋の中には、いたるところにたくさんの白い百合が飾られていた。そして、部屋の隅のベッドに女性が眠っているようだった。百合の花が美しく咲き誇り、むせかえるような芳香を放っているというのに、部屋の中の空気はどす黒く淀んでいた。

「……娘です」

 クラウスは、息をのんだ。

 アーデルハイト……!

 ベッドに横たわっていたのは、アーデルハイトに瓜二つの若い女性だった。

「これは……!」

「ずっと、眠り続けているのです。邪悪な魔法使いの呪いのせいで……」

「邪悪な魔法使い……?」

「はい……。三十年ほど前、この宿にふらりと現れた旅の魔法使いです。その男は、娘を一目で気に入り……、娘を連れ去ろうとしたのです。娘が抵抗すると、男は腹いせに呪いをかけたのです」

「永遠に眠り続ける呪いか……」

「有名な祈祷師にお願いしたのですが、呪いは解けませんでした。百合の花は、その強い香りが娘の生命の糧となるそうです。以来、ずっと百合の花を欠かさず……。しかし、娘は目覚めることなくずっとあのときのまま――」

 クラウスは、娘の額のあたりに手をかざした。そして、空に文字を描くようにゆっくりと指を動かす。

「……古き邪悪な魔法よ。今、我は解き放つ。漆黒の扉より地の底へ帰れ……!」

 ゴウッ!

 クラウスが叫んだ次の瞬間、娘の周りから黒い渦が現れる。強い風に巻かれるように、黒い渦はうねりながら回転し、空中に突如現れた扉に吸い込まれていった。

「ああっ……!」

 宿屋の主人は、目の前の光景に驚き腰を抜かしてしまった。

「……もう、大丈夫ですよ」

 クラウスは、娘の頬に手を当てた。青白かった娘の頬に、ほのかに赤みがさしてきた。
 娘は、ゆっくりとまぶたを開けた。

 青い、瞳……!

 娘の瞳は、大空のような青い瞳だった。

 エメラルドグリーンの瞳ではなかったか……。

 アーデルハイトではないことは、初めからわかっていた。それなのに、クラウスは少し落胆している自分に戸惑う。

「本当に、ありがとうございました……! あなた様のような、素晴らしい、よい魔法使いのかたが来てくださるなんて……!」

 宿屋の主人は涙を流しながら何度もクラウスに頭を下げた。

「いえ……。僕は、よい魔法使いではありませんよ。最悪の……、魔法使いです」

「え……?」

「ただ……。誰かになにか、贈り物をしてみたくなったのです。なぜなら、今日は、特別な日ですから――」

 クラウスは、微笑んだ。
 氷のような微笑み。しかし、どこか、遠い日々を懐かしむような、二度と訪れることのない陽だまりの場所を求めるような、そんな笑顔だった。



 静かに舞い降りる雪――、抱き合うキースとアーデルハイト。

 ――ん!? こ、これはもしかして……!

 キースは思った。

 ――いける……! いけるのではないか!? これは……!

 キースの胸は、緊張と期待で高鳴っていた。

 ――これは、これは……! ついに来た……! アーデルハイトとの初チューの、チャアアアアアンス! 千載一遇のチャンスなのではないのか!?

「誕生日という一大イベントに乗じて勢いで……」という、まさにキースの想像通りの展開になっていた。

 ――ここは、自然に! ナチュラルに! 年上の男の余裕を感じさせつつ、情熱的に……!

 どきんどきん……。

 ――俺は、出来る……! アーデルハイトとの記念すべき初キスを、スマートにスペシャルにファビュラスに、成し遂げるのだーっ!

 キースの心の中で、ファンファーレが鳴り響いたような気がした。

 ――イケイケどんどん! 前進あるのみ!

 キースが、アーデルハイトの唇に顔を近づけようとした、まさにそのとき――。

 チュ。

 ――ん!?

「キース。好き……」

 アーデルハイトのほうから、唇を重ねてきた。

「え……」

 一瞬、呆然とするキース。頬を染め、恥じらいながら微笑むアーデルハイト。

 ――また先手を打たれたーっ!

 格闘技じゃあるまいに、またしても衝撃を受けるキース。
 キースとの初めてのキスに、満足そうなアーデルハイト。キースの胸に頬を寄せ、うっとりとした表情で身をゆだねる。

 ――しまった……! 俺としたことが、唇を奪われてしまうなんて……!

 奪われるもなにもないと思うが、なぜか悔しがるキース。
 キースは首を振り、思い直した。

 ――一番が駄目なら、二番があるじゃないか! アーデルハイトは今油断している! よし、この隙に乗じて、今度は俺のほうから……!

 男らしくリードするんだと心に決め、再びアーデルハイトの唇を狙う。「狙う」、という表現も妙だが。

「ん? キース?」

 チュ。

 背伸びをして、またアーデルハイトのほうからキースに口づけをした。

 ――またまた先手を打たれたーっ! また俺の負けか……!

 勝ち負けではないはずである。

「……ふふ。二回もキスしちゃったね!」

 満面の笑顔のアーデルハイト。

「う、うん……」

 微妙な笑顔を浮かべるキース。

「じゃっ! そろそろ宿屋に戻ろっか! 寒くなってきたしね!」

 ――あ……、三度目の、正直……。

 アーデルハイトは、キースの腕を取り元気よく歩き始めてしまった。

「ほんとに、記念すべき素敵な誕生日になったね!」

「お、おう……」

 ――もう一回、俺のほうから挑むってのも、変かな……。

「挑む」というのもちょっと変である。

「あっ! アーデルハイト! あれなんだっ!」

 遠くを指差し、突然叫ぶキース。

「えっ? なに? どうしたの?」

 アーデルハイトがキースの指差すほうを見る。

 ――よし! アーデルハイト、油断したな! 今の隙にキスッ! 俺からのキス! アーデルハイトの肩をつかんで振り向かせ、そして情熱的に唇を……!

「なあんだ。あれは、巨大カメムシだよ」

 ぶーん。

 一メートルはあろうかという巨大なカメムシが、雪の降る中飛んでいた。

 ――思ったより振り向くの早い! アーデルハイト!

 タイミングを逸した。三度目のキス、キースからの初キスは、不発に終わった。
 嬉しいはずの初めてのキス。そして二度目のキス。
 キースはすっかり主導権を奪われ、ちょっぴり胸中フクザツである。
 それにしても、体長一メートルのカメムシ。恐るべし。 



 宿に戻ったアーデルハイト。先に部屋に入っていた妖精のユリエが、笑顔で迎えてくれた。

「おかえり! アーデルハイト! これ、みんなからのプレゼントだよー!」

「わあ……! ありがとう……! みんなでプレゼントを買ってくれてたんだ……!」

 アーデルハイトは、皆からの心尽くしのプレゼントを受け取った。

「あっ……!」

 アーデルハイトが綺麗にラッピングをされた包みを開けると、中には優しい色合いの、天然石のブレスレットが入っていた。

「これはお守りにもなるんだって! ミハイルが見立ててくれたんだよ! このブレス、私もとってもいい力を感じるよ!」

「ユリエちゃん……! 本当にありがとう……!」

「あっ! アーデルハイト! キースのプレゼント、とっても素敵だね!」

 アーデルハイトの薬指に光る「封印の指輪」を見て、ユリエは、はちきれんばかりの笑顔になった。

「アーデルハイト! ほんとに、よかったね!」

 なんだかとっても嬉しくなったユリエは、アーデルハイトに抱きついた。

「うん……!」

 アーデルハイトもユリエも、きらきらとした笑顔。

「素敵な誕生日を、ありがとう……!」

 今までで一番素晴らしい誕生日だとアーデルハイトは思った。
 窓の外はしんしんと降り続ける雪。窓に顔を寄せると、光る雪の結晶が見えた。しかし、美しい小さな雪の一粒は、はかなくすぐに消えてしまった。
 ふと、アーデルハイトは思い出す。

 クラウス――。

 お互いの誕生日を、必ず一緒に祝った。

 今、どこにいるのだろう――。あなたの心の氷が、解ける日が来るといいのに……。
 心をあたためる、そんな魔法があればいい――。

「アーデルハイト! ロマンチックな雪の夜だねーっ! 毎日同じような雪の日も、なんだか今日は特別綺麗に見えちゃうねーっ!」

 妖精のユリエがアーデルハイトの肩にちょこんと座り、甘えるように小さな頬を寄せた。

 違う……! 心をあたためるのは、魔法なんかじゃない、誰かのあたたかい心だ――!

 アーデルハイトは、ユリエと一緒に窓の外の雪を眺めた。クラウスの心に、ほんの少しでもあたたかな光が届くように祈りながら――。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ