挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者(仮)の副業 作者:サタてふ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/4

プロローグ

                  異世界転生、

 ふとそんなワードが頭に浮かんだ、まぁそれも仕方ないと思うだって俺は一度死に名前も知らない世界に生き返った・・・否、生まれ変わったと言う方が正しいだろう。
 と言っても見た目はそれ程変わっていないのであまり生まれ変わった実感と言うものがない、自分で頼んだのだから仕方のない事なんだけどね。

 ・・・そう言えば俺が今どんな状態でどうしてそうなっているのかをまだ言ってなかったなぁ、それなら思い出しついでにざっくりと説明する事にしよう。

 それは遡る事数時間前、俺・・・じゃなくてその前に俺の名前は$#$%”’&#駄目だ思い出せない、なのでここでは『俺』にさせてもらう。俺がまだ日本にいた頃丁度その日は俺の誕生日だった、かといって何が変わるわけではないのだけれど取り敢えずその日は俺の#$!%=’&歳の・・・ってこれも思い出せないのか。

 それでその日の学校の帰り道で信号無視した車にはねられて俺は死んだ。その後に俺が目を覚ました場所は何もなく辺り一面が真っ白な何かで覆われたそんな場所だった。
 そこには何人かの人がいたその一人一人が眩い光に覆われて・・・否、放っていた、そしてその中の一人が立ち上がり俺の方を見てこう言った。

 「気が付きましたか?」

 その暖かく穏やかで聞いているだけで安心するような声につい聞き入ってしまった俺は直ぐに我に返って慌てて返事をする。

 「あ、はい!すみませんぼーっとしていたみたいで気が付かなくて」

 「謝る事はありませんよ眠っていた貴方を起こしたのは私達なのですから」

 「それでも気が付かなかったのは事実なので、それと此処は何処なんですか?確かさっき車にはねられて・・・」

 俺がブツブツと一人で喋っていると『ゴホン』と咳払いをしてもう一人が話し始めた、

 「それについては私が説明しよう」

 「はい、すみませんお願いします」

 「さっきから謝ってばかりだな、まぁいい取り敢えず君に説明しなければならない事は三つ程あるまずは・・・」

 ここからはかなり長かったので俺が簡単に説明しよう、まず一つ目は俺が死んでしまいその時丁度足りていなかった勇者(仮)として俺が知らない世界つまり異世界に転生させようとしてここに呼ばれたこと、二つ目はもう気が付いていると思うけれどこの人達が()ではなく()()という事そしてその一人一人が別々の役割を持っていること、三つ目はその転生される世界についての説明だった。それと最後のについては後々話すことにする。

 そして神様の説明が終わりこう言った

 「そろそろ時間だが最後に質問や願いはあるか」

 「願いですか?」

 「ああ流石に何の力も持たずに放り出す訳にもいかんからな、但し願いは一つだけだいいな一つだけだ」

 「はい、では一ついいですか?」

 「ああ」

 「では俺の髪と目を黒色のままにして下さい」

 「「は!?」」

 余りにも予想の斜め上おいく願いにその場にいた俺以外の全員が驚いた。

 「えっと何か変なこと言いましたか?」

 「いや私が言った願いというのはだな()だ今からお前が行く世界で生きていくための力を願いとして聞きそれを叶え加護やスキルとして授けると言うものなのだ」

 最後に『はぁ』とため息をついて俺にもう一度願いを聞いてきた。そして俺はこう願った。

 「えっとじゃあ死ににくい体を下さい」

 「そうだそう言う願いを聞きたかったのだ、ただ今は死ににくい体を与えることは出来ないので代わりにそれに近い能力をお前に与えようと思うが良いか?」

 「はい!是非お願いします」

 「分かったでは汝に力を与える」

 神様の言葉と同時に俺の体が一瞬光ると直ぐにその光は俺の体の中に吸い込まれていった。

 「これで力は与えたさぁ()くがいい、汝の旅に幸多からんことを」

 「ありがとうございました」

 そう言うと俺の体は眩い光に包まれその光が収まると俺は見知らぬ森の中に立っていた。
読んで頂きありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ