挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
尻尾のある生活 作者:ばんくる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/30

01 はじまり


 (うーん、今日の夕飯は半年ぶりのお肉だ。楽しみだなぁ)

 底辺フリーターである僕こと近藤夏樹は、プチボーナスが出たのをいいことにスーパーで大安売りされていた肉を買い、シンプルに塩胡椒で焼こうかな?それとも贅沢に野菜も使って煮込み料理にでもしてみようかな?などと想像しながら帰宅しているところだった。

 (滅多にない贅沢だからなぁ…これは迷う…)

 そんなことを思いつつ自宅であるオンボロアパートに着き、ドアノブに手をかけた瞬間――

 視界が暗転した。


 (んん…あれ…?貧血でも起こしたかな…?それともここの所ろくなもの食べてなかったから栄養失調…?)

 ふわふわした感じの残る頭を軽く振りながら体を起こしてみると、どうにも様子がおかしい。

「…ううん?」

 家のドアの前にいたはずなのにドアがない。それどころか周りを見てみると鬱蒼とした木々が生い茂っている。

「おかしい…いくら田舎寄りとはいえこんな森はなかったはず…というより家の前まできていはずなんだけど…んん?」

 ぶつぶつと独り言を言っていると、声に違和感があることに気付く。そして喉に手をやると、喉仏の感触がない。
 周りもそうだが、僕自身も何かがおかしいと体を見てみる。そして視界に入ってきたのは滑らかな白い肌と二つの控えめな膨らみ。

「へ?」

 そんなはずはない、と思いつつ膨らみに手を当ててみるが、確かな感触があり間違いなく僕の体だとわかる。

「え!ちょっとまって!まさか!?」

 嫌な予感がして股間に目をやる。そしてそこにはあるはずのものがなかった。

「えぇぇ!?うそぉぉ!?女の子になってるぅぅ!?」

 パニックになり、あっちへこっちへわたわたとしていると、なにやら腰のあたりが重い。
 今度は何!?もう勘弁して!と泣きそうになりながら体を捻り見てみると――

「しっ…ぽ…?」

 銀色に輝く尻尾が生えているのを見た瞬間、気絶した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ