挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

百年目ののっぺらぼう

作者:横江秋月
 紀伊國坂のすぐそばで、ムジナは目を覚ましました。穴からのこのこ這い出してきて、ひとつ大きな伸びをしました。
「ふあああああ……」
 左を見ると、長い線路の上を新幹線がものすごい音を立てて走っていきました。右を見ると、自動車が臭い排気ガスを出しながら、追いこしもできないほど混みあってのろのろ進んでいました。前には高いビルがそびえたっていました。
 100年も眠っているあいだに、あたりのようすはすっかり変わっていたのですが、ムジナはそれに気がついているのかいないのか、慌てたようすもなく、また穴の中にのそのそと入りこみました。
「久しぶりに、また人間でも化かしてやるとしようか」


 さてその夜。
 紀伊國坂では、着物を着た娘がしゃがんで泣いていました。たもとで顔を隠してはいますが、なかなかの美人のようです。じつはこの娘、ムジナが化けたものでした。
「それにしてもまあ、なんて騒がしいんだろう。おまけに誰も歩いてこない」
 ぶつぶつひとりごとを言っているムジナの前を、自動車がびゅんびゅん通り過ぎていきます。
「駕籠ってのはこんなに速いものだったかな。……なんだかおかしいぞ。担いでるやつがいないじゃないか」
 ちょうどそこに、1組のアベックが通りかかりました。
「来た来た」
 ムジナは彼らに聞こえるように、わざと大きくすすり泣きを始めました。アベックはムジナのすぐ前を歩いていきますが、まったく気付かないようすです。ムジナは、どうして声をかけてくれないのか、薄情なやつらだとすっかり気をもんで、そっとたもとをずらして2人のようすを見ました。
「あれっ!? い、いない……」
 アベックはムジナの前から消えうせていました。
「なんだい、あれは。……はて、もしかしたら新しく越してきたお仲間かしらん」
 気を取り直して振り返ると、向こうから2つの人影がもつれるようにやってきます。ムジナは急いで座り直し、2人がやってくるのを待ちました。
「きのう娘が離婚しましてね」
「ほう、そうですか。じつはうちでは、家内が別の男と駆け落ちしたんですよ」
「それはまたけっこうなことで」
「やあ、ありがとう。お互いにほっとしましたな」
 ムジナは耳を疑いました。2人の男が通り過ぎていってしまったのにも気付かず、たもとを落としたまま呆然と突っ立っています。するとそこへ、2人の子供を連れた女が通りかかりました。
「ママ、あれ何?」
「さあね、マネキンじゃないの?」
「でも動いてるよ」
「じゃあ、ロボットじゃないの?」
「ねえ、目も鼻もないよ」
「そんなもの必要ないでしょ。変なものに気を取られちゃだめよ。誘拐でもされたらどうするの?」
 ムジナは考えこんでしまいました。いったい何がどうなってるんだ。目も鼻も必要ないとはどういうことなのか。どうしてのっぺらぼうだってことに気がついてくれないのだ。
 場所を変えたら違うかもしれないと思い、ムジナは大通りに移ることにしました。たもとで顔を隠し、あちこちつまずきながら歩いていくと、何か柔らかいものにぶつかりました。
「おう、姉ちゃん、気をつけなっ」
 ぶつかったのはがらの悪そうな男でした。男はムジナの髪をつかんでからんできました。
「人にぶつかっといて、ただで通ろうってんじゃねえだろうな。落とし前をつけてもらおうじゃねえか」
 着物のたもとがはらりと落ちて、卵のような顔がまともに現れました。
「なんだ、のっぺらぼうかよ」
 男はムジナをどんと突き飛ばすと、肩を揺すり揺すり人ごみの中へ消えていきました。
 なんだのっぺらぼうかよだって。じゃあ、のっぺらぼうなんて怖くもなんともないってことなのか。そんなあほな……。
 ショックのあまりふらふらと大通りに出ると、すぐわきをオートバイがすごい速さで通り過ぎていきました。
「気をつけろーっ、ばっきゃろう!!」
 ムジナは大慌てで建物の陰に逃げこみました。
 そのときです。その建物から出てきた娘が、ムジナを見て悲鳴を上げました。
「きゃあーっ!!」
 ムジナは喜びました。やっと怖がってくれる人がいた。人間というものは、やっぱり本質的には変わりのないものだ。
 ところが、娘がその次に言ったことばを聞いて、ムジナは愕然としました。
「な、何よ、このケダモノ」
 ムジナは自分の体に視線を移しました。なんと、慌てたはずみに化けの皮がはがれていたのです。


【完】

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ