挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
実は僕、神でした ~神スキル「創造」で最強です~ 作者:輪島廻

最終章 神魔大戦

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/41

最終話 神スキル「創造」で最強です

最終回!

明日の朝あたりに修正すると思うので、待てる方は待っていただいた方がいいかも知れません。

PS.一応修正しました……。
 夢を見ていた。

 ――ごめん。あんな戦争起こしちゃって……。

 それは心の底からの謝罪。

 ――本当は「魔界」も「神界」も、「魔王」も「神」も、魔族も天使も、みんな仲良くしたかったんだ。

 だんだんと鮮明になっていく意識は、それでも醒めることはない。

 ――だけど……俺に与えられたスキルがそれを許してくれなかった。

 僕は悔しそうに顔を歪める黒髪黒目の青年を見ていた。

 ――スキルは意地悪だ。

 そして、不思議なことに、根拠も何もないのに何故かそれが「終世の魔王」なのだと確信できた。

 ――「終世」は、僕の意思に関係なく世界を終わらせようとした。

 その話を聞いて、「終世の魔王」が悲しそうな、寂しそうな顔をしていた理由がようやくわかった。

 ――だけど、俺が本当に願っていたのは平和なんだ……。

 あの破壊を見た者は、この話を聞いても誰一人信じなかっただろう。

 ――「魔王」と「神」は同じような存在なのに、その二種族で殺し合うなんて悲しすぎる。

 でも、僕はこの言葉に確かな意志を感じた。

 ――だから……君にその意志を継いでほしい……。

 だから、僕は彼の意志を継ぐことにした。

 ――ありがとう……。

 「終世の魔王」の最後の言葉が響いた。

 ▼

「頼むッ!」

 目を覚ました僕は、生き残った「神」達全員の前で頭を下げていた。

「儂は別に良いぞ」
「私も良いと思うよ~」

 そう言って僕の言葉に賛成する長と「時神」に釣られて、ほとんどの「神」は賛成の意を示す。

 僕は今、「創世神」に決闘で勝ったら「神界」の長の座を変わってほしいと言っていたのだ。

「別にそれ自体は良いと思う。だが、長にだけリスクがあるという条件が気に食わん」

 ガタイが大きく、強力な威圧感を常々放ち続けているとある「神」がそう言って僕に反論した。
 彼は、僕が初めてここに来たときにはいなかったが、その他の場面では「破壊神」の次くらいに僕を目の敵にしていたやつだ。
 僕がこいつを説得するのは至難の業だろう。
 しかし……

「アーツにはこの戦争で大きな役割を果たして貰った。そこで、もともと何か報酬でも与えようかと思っていたのじゃ。それをこの戦いにするというのなら別にいいじゃろ?」

 最後、長は威圧的にそう言った。
 有無を言わせない口調に流石にその「神」も反論しにくかったのか、はたまたびびって声も出なかったのか知らないが、一言も発することなく黙って頷いた。

「じゃあ決定だね~。日時は後で決めよ~」

 「時神」が相変わらずののほほーんとした口調でそう締めくくった。

 ▼

「これから『創世神』対『創造神』の、長の座をかけた決闘を始めま~す」

 こんなときでも相変わらず間延びした声で、審判を務める「時神」がそう言う。
 そして、それと同時に周りが熱気に包まれる。

「「「「「わぁぁぁあああああああああ!!!」」」」」

 僕はこれまでの人生でここまで盛り上がっているのを見たことがない。
 そう思うほどの、物凄い歓声だった。

 僕としては僕、「創世神」、審判の三人だけのところで決闘をしたかったのだが、そうすると僕が勝っても「神界」の住民達が長の交代に納得できないだろうということで、このように大勢の前で戦うことになった。

「殺せっ! 殺せっ! 殺せっ!」
「あの調子に乗ってる野郎をぶちのめしてやってください!」

「俺達の長を嘗めるなぁ!」
「「「嘗めるなぁ!!!」」」

 どうやら観客席には僕の仲間はいないらしい。
 そう思ったときだった。

「アーくん頑張ってぇ!」
「アーツ、やっちまうのじゃ!」
「頑張ってください、アーツさん!」
「アーツさん! 応援してますよ!」

 必死に応援してくれている仲間達の声が聞こえた。
 本当に、いつもいつも僕は仲間達に助けられている。

「負けるんじゃねえぞ!」
「負けたらフェラリーは家につれて帰っちまうぞ!」
「負けたらお仕置きじゃぞ」

 どうやらライオット、ウィンデッド、リヴィアの三人も応援に来てくれたらしい。
 僕は内心で三人にも感謝する。

「じゃあ始めるよ~」

 「時神」のその一言で、弛緩していた僕の心は引き締まる。
 熱気に包まれて上がっていた周りの気温が急激に下がっていき、うるさいかった声援が全て意識の外に追いやられる。
 最早僕の眼には「創世神」しか映っていない。

「よ~い……スタート!」

 そして遂に戦いが始まる。

 「時神」の合図と共に僕は考えられる限りのスキルを使用して加速し、先手必勝! とばかりに「創世神」に突っ込んでいく。
 「身体能力強化」によって地面を蹴る脚の筋肉を強化し、「魔法適性(風)」で空気抵抗をほぼゼロにし、「魔法適性(火)」で蹴りの瞬間に足元で爆発を起こす。

 しかし、「創世神」は常人……いや、並みの「神」でも目で追えないほどのスピードで突っ込む僕の脇を通り抜けてあっさりと回避すると、「創世」と小声で呟く。

 そして、その声に反応するように「世界」の形が変わる。

 僕の足元の地面は大きく裂け、僕の足場はなくなる。
 さらには裂けてできた円形の穴の円周上の土が盛り上がり、鋭い刃になると僕に迫る。

 凶悪な包囲網から脱出するべく、僕は「魔法適性(風)」を器用に操って体をうかせると、そのまま「創世神」に再び突っ込んでいく。

 それは一見簡単そうに見えて、とても難しいことだった。
 もし回避が間に合わなかったら土の槍に体を貫かれていただろうし、風魔法の扱いを少しでも間違えていたら穴に落ちていっただろう。

 「外部干渉不可」では、元々あった土を作り替えてできた槍を回避できない。
 「外部干渉不可」とは言っても、地面の土には干渉できるようになっているのだ。そうでないと地面を駆けることすらできない。
 だが、だからこそ自然にあったものを作り替えての攻撃には弱い。
 「外部干渉不可」は名前からのイメージよりもかなり弱く、使い勝手が悪いのだ。

 僕はそのまま土の槍をくぐり抜けながら「創世神」に突っ込む……と見せかけて「魔法適性(光)」による目潰しを行う。
 そしてそのまま相手の視力が復活する前に「自動標準」から即死魔法を使う。

 死んでも後で生き返らせれば良いか。
 そう思って使った即死魔法は、そもそも「創世神」を殺すことはなかった。

 光の残滓が消えたいきいつもの視界が戻ったとき、僕の目の前には何も変わらない格好で立っている「創世神」がいた。

 少し僕は「創世神」を甘く見ていたのかも知れない。
 「創世」はそもそも「創造」の上位互換だ。
 恐らく「創世」を分割して引き継ぐときに、最も「創世」の特性を受け継いだのが「創造」なのだ。

 僕は「創世神」を「鑑定」する。

―――――――――
名 前:未設定
性 別:男
年 齢:301247
種 族:神
職 業:創世神
スキル:「創世」「アーツ攻撃無効」
―――――――――

 「アーツ攻撃無効」という謎のスキルがあった。
 スキルを創れることを驚きはしない。
 「創世」は世界すら生み出す能力だ。スキルを生み出すくらい何ともないのだろう。

―――――――――
アーツ攻撃無効:アーツ・バスラが放ったあらゆる攻撃を受けることはない。
―――――――――

 完全に僕を想定して創られたスキルだ。
 これを打ち破る(すべ)はない。
 流石にこれにはびっくりした。
 まさか「創世神」がこんなピンポイントなスキルを創ってくるとは思わなかった。

 だが、恐らくここでいう「攻撃」とは、相手にダメージを与える技のことだろう。
 つまり、相手にダメージを与えないものなら攻撃認定されないはずだ。
 雑な暴論だが、スキルは割と適当なところがあるので何とかなる気がする。

 僕は自分で創り出すスキルの「創造」の対象を「創世神」にする。
 そして「創世神」に創り出したスキル。

―――――――――
スキル無効:自分が持つスキルの効果を全て無効化する。
―――――――――

 これで「創世神」がスキルを使えない。
 僕は再び「自動標準」をし、即死魔法を発動した。

 「創世神」はいとも簡単に命を落とした。

 ……。

 …………。

 ………………。

「…………オオオオオオオオオオオオオ!!!」

 静寂が場を支配したがそれも一瞬、スピーカーでも使ったのではないかと思うほどの大音量の歓声がそこら中に反響して響く。

 こうして僕は、神スキル「創造」で最強になった。

 ▼

 数ヶ月後。

 「神界」の長になった僕は、忙しいながらも戦争に参加した理由である「平和な生活」を無事に手に入れ、キー、レヴィ、フェラリー、アレシスの四人と一緒に住んでいた。

 今まで生きてきた中で最高と言えるほど楽しい平和な時間を僕達は過ごす。

 一方、長としての仕事もしっかりやっている。

 今から丁度「魔界」と和平条約について話し合いにいくところだ。
 最後に「終世の魔王」が残した言葉。
 脳裏に焼き付いたそのお願いの通り、それもしっかりとやっている。

 僕は苦労して手に入れた平和な生活を、この神スキル「創造」で永遠に守っていく。
キャラ無用に増やしすぎてひとりひとりのキャラが薄くなったり(まだハーレムものは早かったらしい)、何も考えずに伏線のようなものはって存在自体を忘れたりと反省点が多い作品でしたが、楽しんでいただけたのなら幸いです。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

PS.ブクマ登録消さないでくれるとありがたいです。消されると悲しくなる……。
元デブの俺は、最強の脂肪魔法で《勇者》に復讐する《魔王》になる。 元デブが脂肪を、その応用でエネルギーをも自在に操り、元親友の《勇者》や元カノの《聖女》に復讐をする《魔王》になる物語です。是非こちらも読んでください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ステータス・オール∞の異世界放浪記

同じクラスの四人と共に異世界のフレアロード王国に召喚され、魔王を討伐するよう頼まれた夢前智也。 なんと智也のステータスはレベルから何まで全てが∞とカンストしてい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 16:35
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全238部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 06:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全390部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:56
ログインボーナスでスキルアップ~寝て起きて成り上がる~

 ――よく寝れば、より強くなる。  俺の魔道書は、目覚める度にログインボーナスで魔法やスキルなどをくれる。他の人は頑張って魔道書を読みこんで、新たな魔法やスキル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 01:07
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1555部分)
  • 48 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全455部分)
  • 53 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 22:54
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から3巻8月25日発売です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全536部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 13:37
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全290部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/06/08 23:58
くじ引き特賞:無双ハーレム権

ドラマCD付き第7巻12月15日発売! 商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外の//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全282部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 23:35
転生担当女神が100人いたのでチートスキル100個貰えた

【2017年10月15日にGAノベルから書籍化しました!】 異世界転生に憧れていたカルナ。交通事故で死亡した彼の前に現れたのは、転生担当の女神様だった。 「はじ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全124部分)
  • 47 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:05
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 23:32
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 15:19
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全238部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 02:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:38
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 18:31
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:17
レベル1だけどユニークスキルで最強です

9月1日、書籍第一巻発売です。 ブラック企業で過労死した佐藤亮太は異世界に転移して、レベルが1に固定される不遇を背負わされてしまう。 レベルは上がらない一方で//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全185部分)
  • 47 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 20:39
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全101部分)
  • 42 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 00:06
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1297部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

通り魔から幼馴染の妹をかばうために刺され死んでしまった主人公、椎名和也はカイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。自重の知らな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全130部分)
  • 52 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 07:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全381部分)
  • 46 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 12:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
転生少年の成長記 〜努力すればするほど強くなれる⁉︎〜

普通の学生だった桂木 隼人は、学校の帰り道に交通事故に遭い亡くなった。 その時女性を助けた事によって、転生神と名乗る女神に新しい世界に転生させてもらう事になる。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全340部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 07:54
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全395部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 11:00
俺の『鑑定』スキルがチートすぎて ~伝説の勇者を読み〝盗り〟最強へ~

 天涯孤独の少年、メル・ライルートが15歳になって授かった固有スキルは、人や物の情報を読み取る『鑑定』スキル。  しかも幻のランク〝S〟をも超える、存在しないは//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全63部分)
  • 41 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 15:37
俺だけ入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜

12月1日、2巻発売 1巻も発売中です 職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。 誰一人と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全60部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 21:36
↑ページトップへ