挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

異世界は無人でした

作者:音無威人
「なんだここは?」
 彼は自宅でテレビを見ていた――はずだった。ほんの一瞬の瞬き。数秒にも満たないわずかな時間で、周囲の光景は一変していた。
 一面荒れ果てた砂漠。じりじりと照りつける太陽が彼の体力と思考を奪う。何も考えることができなかった。訳の分からないまま、彼は歩いた。ひたすらに目的もなく、ただただ歩き続けた。
 ざくざくと砂を踏む音以外何も聞こえない。風すら吹いていなかった。草も木も花も水もない。生命の気配すら感じない。
 誰もいない。何もない。ただ――砂だけがあった。



 彼はバタリと地面に倒れた。変わり映えのしない景色に、体力よりも先に精神面が限界を迎えたのだ。
「み、水」
 喉もカラカラに乾いている。ポケットを探るが何も出てこない。
 諦めかけたそのとき、彼の目が水色の何かを捉えた。――まさか。彼は走った。崩れ落ちそうになる体に鞭打って、必死で走った。
「やった……やったぞ! 湖だ!」
 彼は湖の縁に座り、水の中に手を入れた。その瞬間、湖から赤い物体が飛び出した。
「な、何だ!?」
 赤い物体は細長かった。表面はザラザラしている。彼の体にぐるりとまとわりつき、凄まじいスピードと力で湖の中に引きずり込んだ。彼は必死でもがくが、すでに後の祭りだった。
 彼が最後に見たのは湖の底に沈む骨の数々と、そして巨大な――穴だった。



「いてて、なんだここは?」
「何、何が起きたの?」
 少年たちは遠足を楽しんでいた。そのはずだった。気がつくと、彼らは砂漠のど真ん中にいた。
「み、みんな落ち着ついて」
 一際高い女性の声が周囲一帯に響く。ざわめきは止まない。
「家に帰りたいよー」
「うわーん、ママー!」
 一人の少年が駆け出した。後を追うように、子供たちが思い思いの方向へと走っていく。
「ま、待ちなさい」
 女性は叫ぶも誰も耳を傾けない。はぁ、とため息をつき、がっくりと肩を落とす。足元に小さな違和感。
 視線を下に向けると、流砂が発生していた。がくっと足が沈む。もがけばもがくほど、体は砂に埋まっていく。
「だ、誰か助けてー!」
 彼女の叫びは誰にも届かなかった。辺りはシーンと静まり返っている。
 砂漠を照らす太陽がギョロリと動く。まるで何かを探すようにせわしなく動いている。表面には巨大な目が浮かび上がっていた。

『ようこそ、僕の"胃"世界へ』

 どこからともなく低い声が聞こえる。やがて――。
「きゃー」
「やめてー」
「いやだ、いやだ。まだ死にたくないよー!」
 子供たちの悲痛な叫びが辺り一帯に響いた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ