挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

二人三脚

作者:雪 つむじ
二人三脚

それって美談

そんなの嘘

だって互いに足を縛って
片方が諦めたと言ったって
無理にだって引っ張っていく
過酷な競技に見えるのだけど

観客は
ゴールした瞬間と
その手前の演出と
互いに互いをかばいあい
同時に転ぶシーンが見たくて

叱責して
叱咤して
詰りあって

ハサミで紐を切ろうだなんて

競技の中にたくさんの
そんなシーンがあることを

見ていて
見ないで
目を背けて

見ないことは見えないから
見えていても見ないふり

つまりそれは
無関心

二人三脚で行こうだなんて
ムカデ競争よりおぞましい
ハサミをとる勇気がないんだなぁ。

ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ