挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

フィッシュオアライヴ ~魚が巨大化した世界で魚をバッタバッタと薙ぎ倒す~

作者:くわっくわっ
10年前同時刻全世界のテレビの話題をかっさらっていった『遺伝子操作された魚卵の放流』。
この放流の意図は遺伝子操作された魚の卵を放流そして、孵化、他の魚と交配させるというものだった。
遺伝子操作の内容はこう
『別種との積極的な交配』そして『巨大化』
交尾した魚との間の子供には放流された方の遺伝子を80%元の魚は20%という具合にほぼ巨大化するというものである。
巨大化させる理由それは全くもって至極単純、大きくなれば食べる部位も多くなるそして、食糧難を回避するはずだった。
大きくなった魚は、海にいる小魚では飽きたらず陸にいる人まで襲い喰らうようになった。
喰らう側が喰われる側に。捕る側が捕られる側に。
巨大化した魚には現代兵器でも非人道兵器でも歯が立たずもはやこれまでかと思われたその時、立ち上がったのは『漁師』達だった…………
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ