挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

Folklore〜死霊術師イルモとカナデの怪奇録〜

作者:Von
〔人間と異種族が共生する大地ニーアスと対立する大地ロスイアがある世界。そこには幾千幾万もの物語が語り継がれ、今日もまたどこかで物語が生まれています。これから語るのは、不思議でちょっと不気味な二人の少女と、彼女たちが体験した恐怖の体験と冒険談〕

死霊術師の少女イルモは、“地球”から原因不明の転移をして来てしまった“ヤマナシ カナデ”(月見里 奏)を弟子として雇い、文句を言いつつも除霊や解呪などで生計を立てていました。ある日、中々出来ると評判になっていた彼女達に初の大仕事が入ってきます。都市ダンブリルの領主から、次々と起きている怪事件を解決して欲しいと言う依頼、二人は準備を整え、熟練のイルモは冷静に対処を、後輩のカナデは持ち前の元気と行動力で解決しようとします。しかし、ダンブリルは死が生きる街と呼ばれる程に危険で不可解に包まれた地で 、怖いものに慣れているどころか好物になってしまっている彼女にも恐怖が襲ってきます。果たして無事に問題を解決し、生きて帰ることが出来るのでしょうか、それとも…。

…さぁ、もうすぐ、あちらで深夜十一時の鐘が鳴りそうです。
十一時、都市ダンブリルの鐘が鳴る
プロローグ
2018/02/13 22:47
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ