挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

忘却の果て

作者:有箱
目が覚めたら、所々の記憶を失っていた。
なぜ失うことになったのか。何を失っているのか。そして、原因は事件か事故か。

それらを、少しずつ思い出してゆく物語。
第1話:喪失
2017/06/23 23:48
第2話:状況
2017/06/24 00:04
第3話:写真
2017/06/30 12:12
第4話:友人
2017/07/06 16:47
第5話:現場
2017/07/17 20:18
第6話:夢現
2017/08/09 15:04
第7話:本当
2017/08/26 12:03
第8話:人影
2017/09/21 18:04
第9話:臆測
2017/10/10 14:50
第10話:拒絶
2017/10/26 23:57
第11話:真実
2017/11/28 15:45
第12話:違和
2017/12/16 18:00
第13話:予感
2018/01/11 18:06
第14話:現実
2018/01/27 21:09
第15話:真相
2018/02/13 20:11
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

存在抹消ボタン

存在を抹消出来るボタンがあったら、貴方はそれを押しますか?

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 21:15
雪の舞う駅のホームにたたずむ僕

遠距離恋愛中の僕と彼女。 雪の舞う駅のホームで、名残惜しそうに別れる二人の情景を描きました。

  • 純文学〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 08:16
↑ページトップへ