挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ANTIQUE 作者:ook&yok
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/38

第一の能力者 ~ゲンム~

 自分の生きる国と星、そしてその星が浮かぶ宇宙。そこに生きる者達はくなき探求心たんきゅうしんをもってその向こう側を知ろうといどみ続けてきた。
 しかし、人がどれ程の科学力をもってしてもはかり知る事のできない世界がある。見る事のできない世界がある。
 それは、地球とは遠く離れた宇宙の彼方かなたに浮かぶ一つの惑星かもしれないし、時や空間をへだてた、異次元いじげんと呼ばれる場所にある世界かもしれない。
 その世界は、確かに「そこ」に存在はしていたけれど、そこへの行き方など誰にもわからなかった。だから、これらの世界が交わり合う事は決してないし、そこに暮らす人々が出会う事もありえないはずであった。

 全てを生み出す破壊カタストロフィにより宇宙が生まれたその瞬間、同時に時の流れが生まれた。その後 つちかわれる全ての現象の根源こんげんとなる始まりの存在。
 やがて、光と共に闇が生まれた。強烈な衝撃インパクトが生み出す重力、紅蓮ぐれんの炎が巻き起こすはげしい風。いかづちを引き連れて水が生まれ、氷が生まれ、大地と、その大地に抱かれた金が生まれ、そこに…、生命が生まれた。

 時、光、闇、重力、火、風、雷、水、氷、土、金、生命…。これらこの世を構成する十二の存在を、あらゆる世界の人々は、いにしえの頃よりこう呼んだ…

 
ANTIQUEアンティーク」 と。









 いつからか、少女はそこに立っていた。光の加減かげんで薄い桃色に見える髪は、肩にかかる程度にまで伸びていた。少女の名はココロと言った。
 少女と言っても、彼女の暮らすアスビティ公国では女性は十五歳で成人となる。十四歳になったココロも間もなく成人をむかえる矢先やさきであった。

 ココロは今、まったく見覚えのない場所に一人立ち戸惑とまどっていた。そこは、自分が十四年間を暮らした緑豊かなアスビティ公国とは似ても似つかぬ荒涼こうりょうとした大地であった。
 空は黄土色おうどいろにごり、人の声はしない。冷たい風が自分の足を(かす)めて、初めて自分がひどい格好かっこうをしている事に気がついた。
 アスビティ公国をおさめる公爵こうしゃくの娘、プリンセス・ココロとは思えぬボロボロの服からは、膝から下の両足が()き出しとなり、その足先は(くつ)すら()いていなかった。
 色のない世界、音のない世界、それに…ココロにはここに立つ直前の記憶がなかった。
(そうか、これは夢だ。自分は今、夢の中にいるのだ)
 おどろき、戸惑(とまど)いながらもココロは、どこか冷静にそう考えた。
(だけど――――。)
 体に当たる風、砂、全てがとても夢とは思えない現実感リアリティをもって感じられた。
 よく見れば、砂塵さじんに埋もれて色を失った世界は、建物や橋などの瓦礫がれきでできていた。あそこに見えるあの建物は…。
 何を思ったか、突然ココロは一つの建物に向かって数歩走り出した。その瞬間、今まで彼女の立っていた場所に前触まえぶれもなく巨大な火球が降り注いだ。
 背後からの爆風(ばくふう)に吹き飛ばされたココロは、そのまま地面にたたきつけられた。
(痛い――――――!)
 何でこんなに痛いのだろう?これは夢ではなかったのか?そう思いながら必死に両手を地に着けて上体を起こした。爆風(ばくふう)を浴びた時には、背中にひどい熱も感じた。
 痛みと恐怖に顔を(ゆが)めながら、ゆっくりと体を起こす。すると、今までまったく音のなかったこの世界に突然大きな音が響き渡った。それもココロの頭の上、(はる)か上空から。
 甲高(かんだか)く、機械の(きし)むような、動物があげる断末魔(だんまつま)のような、両手で耳をおおいたくなる不快(ふかい)なその音の正体を見ようとココロは地に倒れたまま顔を空に向けた。
 そこには信じられない光景が広がっていた。黄土色おうどいろに黒を溶かしたような気味の悪い空に、何匹もの動物と思える何かが飛び回っていた。
 長い首、長い尾、巨大な胴体と、その背には大きな翼。鋭い爪を備えた手と足と…それが一匹となく、二匹となく…。時折ときおりあのいやいやな音のような声を上げ、空を回っていた。
(あれは、あれはまるで昔絵本で見た邪悪(じゃあく)なドラゴンそのものではないか。そんなバカな、そんなバカな!だって、ドラゴンなんて架空かくうの生き物の(はず)。)
 しかし、そんなココロの思いを無視するように一匹のドラゴンがゆっくりとした動作でその長い首をココロの方へ(めぐ)らせた。
 ココロを見つけたらしいそのドラゴンは、人を恐怖にすくませる大きな羽音を一つたて、彼女の倒れる大地に向かって降下(こうか)を始めた。
 (せま)るドラゴンは徐々にスピードを増し、まっすぐにココロ目指して突っ込んでくる。やがてあのいやな声をあげながら、その大きく開けた口にココロを一飲みにできる距離まで近づいてきた。
「助けて!助けて!助けて!」
 声にならない悲鳴をあげながらココロは必死に頭を抱え、もう一度地面にひれ伏した。
 その直後、ココロの上をまるで台風のようにすさまじい風が通り過ぎていった。轟音と共に風が吹き抜けたその後で、恐ろしい悲鳴が上がった。
 ココロが振り返ると、自分のすぐ後ろで今襲おそってきたドラゴンが再び羽音も高く天空へ飛び去ろうとしていた。その後足の鋭い爪には、人間と思える姿がしっかりと捕らえられていた。
「探せ!この辺りにはまだいる(はず)だ!」
 恐怖のあまり立ち上がる事さえできないココロの背後で、突然恐ろしい怒鳴(どな)り声がした。声の方を見れば、瓦礫がれきの上にその主が立ってる。そいつは続けて叫んだ。
「人間は一匹たりとものがすな!皆殺しにしろ!」
 瓦礫がれきの上でさけぶそいつは、全身が長く黒い毛でおおわれ、まるで人間のように二本の足で立つ狼の姿をしていた。
 その狼の命令を聞いて次々と現れたのは、同じような異形(いぎょう)の者達ばかり。どれも獣と人を()け合わせたような姿で地面の(にお)いでもぐように頭を()りながらどんどん瓦礫がれきの下からいてきた。
「いた!」
「見つけたぞ!」
 そんなさけびの後には決まって絶望の悲鳴が上がり、奴らの人間狩りが順調に進んでいる事が知れる。
 ココロは自分をふるい立たせ、必死になってさっき見つけた建物に向かって走った。後ろは振り向かなかった。自分は追われているのか?見られているのか?狙われているのか?わからなかったし、考える余裕もなかった。 
(夢じゃない?夢じゃない?夢じゃない…の?)
 走る度に冷たい空気を吸い込んで起きる胸の痛みはとても夢とは思えなかった。
 ココロは泣いていたかもしれない。いや、きっと泣いていた(はず)だ。こんな恐怖は生まれて以来経験した事がない。もしかしたら、走りながら大声でさけんでいたかもしれない。気が狂いそうだった、それでもそこに向かって走る事だけはやめなかった。
 やがて辿(たど)り着いた遠くに見えていたその建物。近くで見れば、それはもうとても建物と呼べるものではなかった。
 廃墟はいきょ―――。いや、すでにただの瓦礫がれきの山と言ってもよい程その建物はひどく破壊はかいされていた。それでもわずかに残った壁にきざまれた一つのレリーフ。
「そんな…」
 今にも(くず)れ落ちそうなその壁のレリーフを見たココロは、そうつぶやくとがっくりと両膝りょうひざを地につけた。
 右上にかかる細い三日月、それに包まれるようにある左右色のちがう一つの星。それは今からおよそ三百年前、「二弦にげんの月」を御旗みはたに立てたマウニール王国と、「片陰(かたかげ)のアステリア」をかんとしたアガスティア王国が両国国民の血と悲しみの果てに築いた平和の公国、ココロの生まれ育った国、アスビティ公国の国章「ヘルブストレリャ」であった。
 それを見たココロは、深い深い絶望の闇へとゆっくりと沈んでいった。



 次にココロが目覚めた時、彼女は暗い部屋の中でわらかなベッドの上にいた。

(ああ―――)

 ココロは体を起こし、そのまま両手で顔をおおった。額も、寝巻きに包まれた体も水を浴びたように汗をかいていた。
 唐突とうとつに顔を上げる。窓にかかったカーテンの隙間すきまから(わず)かな光が差し込んでいた。
 ココロはゆっくりとベッドから下りると、窓辺へ近づいた。そっとカーテンを開けてみる。そこには明けきらぬ不思議な色の中に、見慣みなれたアスビティの町が広がっていた。

(よかった―――、やっぱり夢だった…)

 両手にしっかりとカーテンをにぎめ、うつむきながらココロは、今日も窓の外に当たり前の風景が広がっている幸せをみしめた。
「どんな夢だったの?」
 突然だった。暗い部屋の中で声がした。
「え?」
 場所はココロの寝室。夜の明けぬこの時間に、ココロ以外の誰かがいる(はず)もない。
 おどろいたココロは振り向き、部屋の中を見渡した。どこにも声の主を見つける事はできなかった。
(気のせい?)
 そう思いかけた時、また声がした。
「気を落ち着かせて。ちゃんと見える(はず)。あなたには私が見える(はず)だから」
(そう言われても…)
 声は確かに聞こえるが、部屋のどこにもその姿は見えない。
「ここだよ。ほら、こーこ」
 右から左へ、一通り部屋を見渡す。今度は左から右へ…。壁際かべぎわのガラスケース。お気に入りのティーセットや、叔父おじにもらった異国の人形などが飾ってあるそのケースの上が、小さく薄桃色(うすももいろ)に光っている。ココロはその光に近づいて行った。
 それはいた。足を組んで、微笑ほほえむようにココロを見つめている。光の中に、いや「それ」自体が薄く光のまくまとっているように見えた。そしてまた、光が言葉を発した。
「あなたに、私はどう見えている?」
 ココロは改めて光を見つめた。そこに何かの形が浮かび上がる。人の姿をしている。髪の長い、少女の姿だ。大きさは、せいぜい30cm。胸元に異常な程大きな赤い石のついた飾りが輝いている。金の鎖でり、首からげているのだ。
 大きな目は瞳しかないかのように深く、黒く、小さな鼻の下では可愛かわいい口が今、優しい微笑ほほえみを浮かべていた。
 背中には白い翼をつけ、生意気な感じでちょこんとケースの上に座ってココロを見上げている。これも絵本で見た妖精の姿にそっくりだった。
「ふぅん」
 妖精のような小さな少女は何かに納得したように大きく(うなず)くと、また続けて(たず)ねてきた。
「で、私の名前は?私の名前を言ってみて」
(名前も何も、こんな生き物を見たのは初めてだし…。もしかして私はまだ夢の中にいるのだろうか?)
 そう思った時、突然ココロの頭の中に一つの言葉がはじけた。

―ゲンム―

「ゲンム?なるほど、ゲンムね。私の名はゲンム」
 そう言うと妖精は音もなくふわりと浮き上がり、ココロの上を飛び越した。彼女が飛んだ軌道きどうを追うように、光が尾を引いて暗い部屋の中を走る。
「私の姿を見、私の声を聞く。私をゲンムと名付けたアスビティ公国公爵が娘プリンセス・ココロ。私はあなたをバディとさだめた」
(バディ?)
「そう、相棒(あいぼう)よ。そんなに不安そうな顔をしないの。これは夢ではない。実はそんなに不思議に思ってもいないでしょう?大丈夫、今のところ私の声はあなたにしか聞こえていないし、あなたは声を出す必要もなく私と話す事ができる」
 そう言えばさっきから何となく会話が成り立っているが、ココロは一度も口を開いていなかった。それに、ありえないゲンムの姿を目の前にして不思議にも感じていない自分に気がついた。
「じゃあ、ちょっときょとんとしているみたいだから自己紹介をするね。私はゲンム、最古さいこのANTIQUEよ」
(あんてぃーく?)
「そう、ANTIQUE。この世のあらゆる現象をつかさどる…、まぁ、言ってみれば自然界の精霊のようなものかしら?私達には目に見える実体はないし、声も、名前もない。普段あなた達は単なる自然現象としてしか私達を感じる事はない」
 ゲンムはふわふわと窓辺を(ただよ)うように舞いながら話を続けた。
「光、闇、重力、火、風、雷、水、氷、土、金、そしてあなたたち生命…。これら自然現象をつかさどるANTIQUEは、私を入れて全部で十二種存在する」
(それであなたは何をつかさどるの?)
「え、私?私は十二のANTIQUEの中で最も早く生まれた者、“始まりの存在”よ。何をつかさどるのかと聞かれると、私を表現する言葉はちょっとあなた達の言語の中にはないかなぁ?」
 ゲンムは中空で静止しながら(あご)に手をかけて首をかしげた。その姿は愛らしく、ココロはこんな異常な事態にも関わらずつい微笑ほほえんでしまった。
「まぁ、いて言えば時、とか音、とか…。あなた達が睡眠中に見る夢、とか幻とか、欲とか、感情とか…まぁ、他の十一の自然現象のどれにも分類されない目に見えないような現象、活動、働きなどの全てをまるっと引き受けているような感じ?わかる?」
(うーん、わかるような、わからないような…)
「じゃあ、わからなくてもいいや。それを理解してもらう事はそんなに重要な事ではないから。とにかく、私はこの宇宙の誕生と同時に時の流れと言う働きとして生まれた。私はこの世の始原しげんにして根源こんげん。そんな私は他のANTIQUE達を呼び集める“声”を出す事ができて、他のANTIQUE達の声を聞く事ができる唯一の存在」
(声?)
「そう、声」
 言うとゲンムはまた一段と高く舞い上がり、天井付近で止まった。
「声と言ったって、あなた達が声帯を(ふる)わせて出す音とはちがうよ?私の“声”は、それぞれのANTIQUE達に直接届くの。時間も、距離も、空間も関係なく。あらゆる場所に存在するANTIQUE達を一箇所いっかしょに呼び集める事ができるのは十二のANTIQUEの中ではこの私だけ。みんな私を目指して集まってくるの」
(なぜ、ANTIQUEを呼び集めるの?)
「………」
 ゲンムはもったいぶるように一度 沈黙ちんもくした。
「それに答える為には、まずはさっきの質問に答えてもらわないとね。じゃあ、もう一度質問するね? ココロ、今あなたはどんな夢を見たの?」
 ココロは不愉快ふゆかいな表情をかくしもせずにゲンムから目をらした。
(…思い出したくもない。詳しく話したくなんかない。でも、一言で言うならば…)
「アスビティ公国の、滅亡めつぼう…」
 ココロは初めて声に出して最も言いたくない言葉を口にした。
「声は出さなくて大丈夫だよ。あなたの声はちゃんと私に聞こえるから…。そうなんだ、この国の滅亡めつぼうをね」
 天井付近からココロを見下ろすようにしていたゲンムが静かにココロの顔の前まで降りてきた。次の瞬間、その可愛かわいらしい顔からは想像もできない程恐ろしい言葉がゲンムの口から(こぼ)れた。
「ところがね、ココロ。あなたが見たものはアスビティだけの滅亡めつぼうではないのだ。この世界、アスビティ公国をふくむあなた達が”プレアーガ”と呼ぶこの世界全体の滅亡めつぼうなのだよ。いや、悪くすればこの宇宙に浮かぶ全ての星の、もしかしたらこの宇宙そのものの滅亡めつぼうを、今あなたは見たのだ」
 ココロがその恐ろしい言葉の意味を理解しきる前に続けてゲンムが言い放った。
「更に悪い事に、ココロの見たその夢は単なる夢ではなく…、予知夢なんだ」
 ゲンムは再びココロから離れさっきまでいた天井付近へと舞い上がった。
「あなたの予知した滅亡めつぼうの未来が間もなくやってくる…。それを回避かいひする方法はただ一つ。今それぞれの場所にいるANTIQUE達を私の元に集める事」
 ゲンムは続けてくわしい説明を始めた。
「今、十二のANTIQUEの一つ、闇のANTIQUEが暴走を始めている。その理由は今のところはっきりとはしない。しかし、それが原因で三つのしき種族が目覚めてしまった。長い時の中で闇の奥深くへと(ふう)じ込められていた(はず)邪悪(じゃあく)な存在。あるものは宙を舞い、あるものは地をう」
 ココロの脳裏のうりに悪夢の中で見たドラゴンや人の言葉を話す獣達の恐ろしい姿がよみがえった。
「そう、あなたの見たあの連中。あなた達のように我ら自然のす現象の中で生まれ、進化した生命ではない。それはある日突然、唐突とうとつに、何の前触まえぶれもなく生まれた。究極きゅうきょくに不自然な存在。私達はそのように不自然な存在を決して許さない。奴らを再び闇のふち封印(ふういん)する為、我らは集結する。私達の目的は、闇のANTIQUEの暴走を止める事。しかし邪悪じゃあくな連中はその間もこの世界を我が手にせんと暴れまわるだろう。奴らは我らとは違い、剣を振るい、矢をる事ができる。闇の暴走を止めるだけならば我らANTIQUEが集まれば事は足りる。しかし、闇の住人達が武器をとっておそってきた時、それと渡り合う為の肉体を私達は持たない」
 ゲンムはココロから目をらすと、遠くを見つめるような表情で話し続ける。その横顔にさっきまでの可愛かわいらしさを見る事はできなかった。
邪悪(じゃあく)な者達は闇の力がある内にこの世界の征服せいふく()()げようする(はず)。例え闇の暴走をおさえたところで、この世界がほろんでしまっては元も子もない」
 ゲンムは三度みたびココロに向き直ると言った。
「ココロ、あなたは子供の頃からこんな経験がなかった?ちょっと先の事がわかってしまったり、他の人には見えないものが見えてしまったり、誰にも聞こえない声が聞こえたり…」
 思い当たる事はある。良い事が起きそうでその日に限って早起きをしてみたり、どうしても通りたくない道があったり…。そんなかんの鋭いところが子供の頃からココロにはあった。
まれにいるのだよ、どう言う訳か他の者よりももっとはっきりと我らの存在を感じる事ができる者が。我らはこの日のためにそなえてきた。それぞれのANTIQUEがそんな能力を持った者達をさがし出しバディとして選んでいる。私は私の姿を見つけたあなたをバディとして選んだ」
 ゲンムは再び元いたガラスケースの上に静かに降り立った。
「あなたが今見ている私の姿は、あなたのイメージでできあがった仮の姿。姿だけではなく、この声も、ゲンムと言う名前も、同じ時を共に過ごす為にココロにとって必要と思われる私をココロ自身が生み出したの。他の者からすれば、私はただ目に見えぬ時の流れでしかない」
 ゲンムはゆっくりとガラスケースの上に浮き上がりココロに最後の質問を投げかけた。
「どう?」
 ココロは急に緊張きんちょうした面持おももちでゲンムの次の言葉を待った。
「私の力をその身に宿やどして共に悪者退治わるものたいじをする?それともただこの世界が邪悪(じゃあく)なものに征服せいふくされ、ほろんでいくのを見ている?」
(ひどい。そんな選択肢せんたくしってある?)
「だけどそれが現実」
 そう言うとゲンムはまたあの可愛かわいらしい仕草しぐさでにっこりと微笑ほほえんだ。ありえない者の口から語られる、ありえない程 壮絶(そうぜつ)な話は終わりを(むか)えようとしていた。
「それじゃあ早速さっそく始めよう」
 そう言った途端(とたん)、ゲンムの体は今まで以上に強い光に包まれた。光は玉となってココロめがけて飛んだ。光の玉はココロの体にぶつかると小さな音をたて、次の瞬間には赤い石へと姿を変えてココロの胸でれていた。
 小さなゲンムの胸ではあれほど大きいと思えた石が、ココロの胸ではほんの小さな装飾品そうしょくひんに見えた。
(なるほど。全てが終わるまであなたはその姿で常に私と共にいると言うのね?)
 恐怖は感じた。夢で見た、思い出すだけで吐き気をもよおすようなあの邪悪(じゃあく)な魔物達と自分が戦う?そう考えただけで、引いていた(はず)いやな汗がまた体を流れだすのを感じた。それでも(まよ)いはなかった。
 ココロはもう一度ゆっくりとベッドの上に身を横たえると、優しくゲンムの石を両手で持ち強く念じた。
(ANTIQUEに選ばれし能力者達―――。誰でもいい、私の声が聞こえたら、応えて!)
 ココロの放つ念が時を、距離を、空間を越えて世界へと飛び立って行った。
 この第一声が、世界を滅亡めつぼうから救おうとする長い長い旅の始まりを告げる狼煙のろしとなった。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ