挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Valkan Raven 作者:待草雪

#2(未冊子化・執筆途中分)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/14

2-6

孤独なカラスが声を出す。自身の身と同じ色に染まった空の中、誰とも分からぬモノへと発せられる訴えは、夜闇に溶けて瞬く間に、静寂となって消えていく。
声を耳に受け止めた唯一の人間が、進めていた歩を止めて振り返る。荒れた息を整えながら眉間を皺で寄せると、感覚の疎くなった足で徐々に前進を再開しながら、姿無き厄介者に軽蔑の溜息で答えた。 
――五月蝿い。やかましくうざったい鳥め、低俗で耳ざわりだ。排他に値する存在は、消えてしまえば良い。……全て。
誰が自分を「排他」と決めた?決めたモノこそが、正しく「排他」である筈なのに。――


――何かある度に、時々思ってしまう事があった。この世に人間という生き物は、本当は私1人しか存在して無いのかと。私の知らない間に、いや、もしかしたら昔から、自分以外の人間は人間の皮を被った化け物に摩り替っているのではないのかと。
妄想、妄想でしかない。しかし今、まさに今その妄想に陥っている。私以外の者も人間だと、信じる事が出来なくなっている。
こんな気持ちになるのは、子供の頃からあった。そうなる度に、幼かった頃の私は祖母にすがりついた。幽霊のようにならないといけなかったあらゆる場所での毎日で、上辺ですら付き合えない人々の出す酸素の無い空気に窒息しそうになって、彼女に泣きついている瞬間だけ、私は自分が生きているんだと認識出来た。彼女は私の心が素直になれる居場所だった。気まぐれに泣いて怒る醜い私を受け入れてくれた。
私の名前も、よくからかいの材料にされた。この名を授けてくれたのは祖母だが、「魅」力的な「姫」という自分の証を、祖母以外の誰にも認めて貰えなかった。
思い出すのはいつも、小さな部屋と、抱きしめる手が感じる暖かい背中と、生ぬるい涙で濡れた頬と、嗚咽を漏らす自分の声。
私じゃない声が聞こえた。今は幻聴でしか無い事を確信するけれど、あの時の思い出が耳の中で響く。
大好きな、おばあちゃんの声。――
「魅姫。どうしたん?誰に苛められたん?何が辛かったん?」
――おばあちゃん。どうして私はこうなの?「あんたのような役立たず、引き取らなきゃ良かった」って叔母さんと叔父さんが毎日言ってくるよ。――
「魅姫。魅姫が必要だって思ってくれる人は居るよ。沢山居るよ」
――お父さんもお母さんも「いらない」って言ったよ。学校の子も無視して遊んでくれないよ。先生も近所の人も……。やっぱり私は誰にもいらないんだよ。――
「婆は魅姫が必要よ。それに、魅姫が自分の事何でも決めて良いんよ。誰かが勝手に決めるものじゃないよ、何だってそうよ。
自分を、まっすぐに見ていなさい。自分に嘘は吐かなくても良いんよ。感じた気持ちを正直に、いつも信じてあげなさい」


前後の何も分からない漆黒の道を駆ける。素足に小石が食い込む度に感じる激しい痛みが、不安を感じる要素の1つになっている。
霧のような影に包まれながら、胸の動悸が波打つように体全体に襲いかかってくる。挙動不振になっているのは自分でも理解していた。何処までも続く闇の中、魅姫は光を求めて走っていた。
――小梟山さんがあの後何かを言おうとしたけれど、私は聞こうとしなかった。嫌な想像ばかり思い浮かんで、足が遠くに行こうとしていた。口が開きかける度に彼から離れた。……逃げたとも言う。彼が口を閉ざしたのを合図に、私は正しく逃げた。
とにかく此処から去りたかった。あの廃アパート以外に知っている場所は無いけれど、今は戻るのは嫌だった。胸の中で靄のように不快な気持ちが漂っていた。晴らす事がどうしても出来なかった。――
靴に挟まった女の目玉が、頭の中で延々と自分を見つめてくる。あてのない道を痛みばかりを感じる足で走り続ける。溢れる涙が、かろうじて見える眼前の光景すらぼやけさせる。
無意識に指が動いていた。その手の中にかつてあった携帯電話は無い。指が空気を左右に撫で、何も無い空間をしきりに叩く。聞こえてきた鳥の鳴き声に、頭の中で検索用の単語を考えていた時、
何かが張り裂けるような、大きな音が響いた。
魅姫は悲鳴を上げて立ち止まる。心臓の音が太鼓のように力強く上半身を打つ。
化け物のような声が、闇の中で甲高く響いてくる。魅姫はしきりに首を横に振ると、壊れた振り子人形のように首を前後させる。耳を塞いでも音が鳴り止まない。動悸が酷くなっていく。
――怖い。――この感情ばかり抱いている。それでも足が勝手に音のした方向に動いた。自分の潜在的な好奇心が呪わしくなる。
何も見えなかった世界が、ある1点から徐々に明らかになっていく。目の前に現れたものが自分の影だと判別出来た時、それが高い壁の一部に写っていると気付いた。
『堀』と"彼"が呼んでいた、天まで届きそうな金属の壁。まるで暗殺者のように、夜の中に姿を溶け込ませている。
手の平で触れた瞬間に感じた氷のような冷たさに、言いようのない不気味さを感じる。気味が悪くなりその場から引き返そうとした時、
少女の血の気が一気に引いた。
壁に貼り付くようにして、カラスが1羽、地に横たわっていた。

ずっと空を舞っていた、あのカラスなのだろうか。自由の為に授かった翼を地面に広げ、二度と飛ぶ事が出来なくなった鳥は光を失った目で少女を見つめてくる。
吐き気を催しそうになる存在から目を反らし、魅姫は怯えるように周囲を見渡す。焦げ茶色の大きな瞳で落ち着きなく気配を探しながら、感覚の鈍い足が少しずつ、小柄な身体を後退させていく。
踏み締める冷たい地面に痛覚を刺激されながら、少しずつ少しずつ、死骸から遠ざかる。鳥が見えなくなった位置まで移動した魅姫は、肺に溜めていた空気を口から一気に漏らすと、
硬い鉄のようなモノを踏む。冷や汗と共に滲み出た足裏の血を確認しようと、恐る恐る足元に視線を移すと、
ローブ姿の人間が、うつぶせに倒れていた。

大柄の男らしき人間は、黒い水溜まりに浸かった状態で人形のように動かない。少女の小さな足が踏み付けているのは相手の所有物だろうか、やや太くて長い金属と思う何かが、包帯のような布でぐるぐる巻きにされている。
水溜まりが血で出来ていると分かった瞬間、魅姫の心臓の鼓動が激しくなる。無意識に蹴り動かした布の塊が大きな靴の先に小突き当たると、
野太い男の声が、耳元に聞こえてきた。

「Behave! Don’t do anything unnecessary!」
(?!)
「Absolutely, do not go anywhere.It should be around here somewhere.」
早口の英語が鼓膜を揺らすと、何かを揺り動かしているような音が聞こえてくる。
足下に転がった死体に意識が固着されている。荒息が漏れないようにしながら魅姫は移動を再開すると、目線の先に、2人の男の姿が見えた。
倒れている人間と同じローブに身を覆っており、肩に布を巻き付けた長い荷物をそれぞれ背負っている。頬に彫られた0221と0047の数字がフードの隙間から見えると、ライオンのような小さな眼をしている男がしきりに視線を動かす。
動悸の止まらない胸を抑えながら、魅姫はその場で静止する。夜に紛れた少女の気配に感付かない男達は、笑みを浮かべながらお互いの顔を見合わせると、
布を解いて取り出した、アサルトライフルを披露した。
「I'll send you packing.」
姿を露わにした殺戮兵器は、大型の川魚のような見た目をしており、ずんぐりとしたシルエットが闇の中で不気味な姿を見せつけている。
隣に立っているもう1人の男が同じような銃を構えると、辺りを観察し始める。無表情に近い顔が闇の中で何かを探していたが、動かしていた瞳が一点を凝視すると、手に掴んだ兵器から金属音を響かせた。
地に横たわったカラスの死骸を眺めている。無となった存在を写す無を感じる瞳に、無として扱われ続けてきた少女は染み入るような絶望と恐怖を感じる。
何も主張がない静寂の時間。絶え間なく続く沈黙は、永遠に終わりがないように感じられる。
ふと、仄かに感じた煙草の臭いが嗅覚を刺激する。口に何もくわえていない男の吐いた溜息が静けさを刹那だけ破って消え去ると、
傍にいた少女を睨み付け、手を伸ばしてきた。
見開いた瞳からこぼれる涙が揺れ動いて宙を舞う。太い腕が小さな肩の上を通って背後の壁面を撫で回すと、もう1人の男が怒鳴るように声を掛けてくる。
早口の英語が耳元で理解不明の会話を始める。内臓の圧迫感と窒息感を感じながら、魅姫はその場から逃げようと意識を周囲に向ける。
360度、闇。まとわりつくような血の生臭さが鼻から全身に不快感を与えてくる。壁を伝いながら何かを探している男は、背後で何かを探索している男と背中合わせになると、少女を間に挟み入れながら、何度も同じ道を行ったり来たりする。
限界を感じる息苦しさに、肺が鈍い痛みを発してくる。再び漂ってきたきつい煙草の臭いを強く鼻に感じると、
茂みの擦れる音と共に、金属同士が当たるような音がした。
身を貫くような鋭い気配を感じると、男達が1点を凝視する。音を立てないようにしながら魅姫も同じ方向に振り返ってみると、
殺し屋が、立っていた。
トレンチコートを羽織り、跳ね癖のある茶髪をポニーテールにした青年がこちらを見ている。口元の煙草の火で整った顔を青白く照らしている相手は機嫌が悪いのか、威圧感を纏った茶色の瞳が鋭く釣り上がっている。
背負った布製のギターケースのジッパーが完全に開いている。手に掴まれている傷だらけのアサルトライフルが高めの金属音を響かせると、前後から早口の英語の囁き声が聞こえてきた。
異世界に放り込まれたようで、真冬のような寒気を感じる。相手の右鎖骨の下に彫られた『1946』の数字を見つけた魅姫が、不安感を覚えながら口を開きかけた時、
釣り上がった青年の目が、凍り付く程冷たい視線を向けてきた。
「Shut up(黙れ)。うぜえだけのお前の自分話をしても良いと、何時俺が許してやった?」

吹き出した春の夜風が、闇に紛れた少女の黒髪を揺らす。瞳の中で滲んだ水が頬を伝って流れ落ちるが、見えない粒は誰にも存在を知られる事無く、土に落ちて湿り消える。
身動きが取れず、全ての神経が無くなったかのように感じる。圧迫された空間で硬直していると、威圧感を纏った茶色の眼が、更に鋭く釣り上げられた。
「聞こえなかったか?下らねえ言い訳を次も吐いたら殺す。質問以外の答えもだ」
(…………?)
相手の身体が斜めに向いている事に気付くと、魅姫は自分の背後に振り向いてみる。聞こえてきていた英語の囁き声が突然黙りこむと、フードを被った2人の男がそれぞれの顔を見合った。
手に掴んだ魚型の銃が構えられると、銃口マズルが青年に向けられる。荒い息使いが絶えず聞こえてくるが、微動だにしない鈴鷺璃音の眼は、男達を侮蔑するように睨んでいる。
負い紐輪ランヤードリングに結ばれている汚れた布が風に揺れる。小刻みに震える殺戮兵器が高い金属音を響かせると、男の1人が口を大きく開いた。
「やっぱり現れたな、『管理』の犬。褒美は高級ドッグフードか?それとも、可愛い雌犬か?」
「……」
「お前こそ質問に答えないじゃないか!!どうなんだ1946!?人間様の言葉は理解出来ないのか?!」
荒げられた声が少女の鼓膜を激しく揺らすと、神経の奥底から強い恐怖が這い上がってくる。罵声を響かせる男と沈黙を貫いている青年に挟まれている魅姫は、泣き出しそうな目で相手達の視線の交点を眺めると、
湧き出すような安堵感が、胸をよぎった。
――……誰も私に、気付いていない?――

【中途】

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ