挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Valkan Raven 作者:待草雪

#1

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/14

1-0

挿絵(By みてみん)

 「人間の世界は、幾つもの群れで構成された部屋の集まりのような物だ」と、ある日彼は私に言った。
 その例えには納得が出来たし、心から救ってくれる物だと思った。今まで持っていた世間への価値観が全て私の勝手な決めつけでしか無かった事を、この言葉を言われてから頻繁に意識する事が出来るようになった。
 それでも人間の作っている部屋の数は、余りに膨大過ぎる。一生の間に何個かの部屋を出入り禁止になる事はあっても、全ての部屋を回り尽くして全ての部屋で認められる人間なんて、絶対に存在しないだろう。
 あいつがこの部屋の中でどう思いながら生きてたとかは、今もこれからも私にはずっと分からないけど、
 嫌いじゃなかったよ。
 この『排他された数字の世界』の事も、彼の事も、この世界で関われた人達の事も、あいつの事も……
 私の事も。私の事を、
 私は本当は、嫌いじゃなかったんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ