挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ばいめた!~楽師トールの物語(サガ)~ 作者:冴吹稔

ブリュッヘの婚礼

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

102/102

幼い者の願い

 再び壁画の部屋へ。戸口で俺が立ち止まると、少しばかり遅れてアルノルとフォカスも追いついてきた。フォカスのほうはやや息が乱れて荒い。

「息子よ、年寄りにこれはいささかこたえるぞ」
「まったく、いきなり走り出すからなにかと思ったぜ」
「すまん、つい」
 二人に謝りながらドアを叩く。中からはイレーネともう一人、誰かの息遣いと身動きの気配があった。

――トールかい? 入って。

「うん、俺だ――」

 俺は後ろにいる男二人に、待っててくれるように手まねで合図した。パンもいったんアルノルに預けた。
「多分、大勢で入るとややこしくなる。出てくるまで待っててくれ」
「わかった」
「ここで待っておる」
 アルノルとフォカスがうなずいた。火の気のない廊下で待たせるのは気の毒だ。できるだけ早く話をまとめたいところだった。

 部屋に入ると、イレーネは暖炉の前に陣取って、膝の間に女の子を座らせていた。
 手入れの悪い麦わら色の髪の毛を後頭部で引っくくり、荒い毛織の半そでチュニックを身につけた、やせぎすの少女――

 この子がネリスだろう。彼女はイレーネに肩を包み込むように抱かれたまま、暖炉で温めたらしい焼き色のついたパンと、握りこぶしの半分くらいの大きさのチーズを、無心な様子で食べていた。

「かまどの前にいたおばちゃんに聞いてきた。俺を探していたんだってな」

「うん」
 イレーネは物憂げな吐息にまじえてそれだけ答えた。

「その子が――ネリス?」
「そう。身寄りのない孤児でね。フランドル伯の思し召しで、この城で厨房の下働きをしてる」

 その瞬間、こちらを見上げた少女の目に怯えが走ったように見えて、俺は胸が締め付けられた。

(孤児か……)

 多分、この子もシグリと同じで、ヴァイキングの襲撃やそのほかの戦、あるいは流行り病といったこの時代につきものの災厄に肉親を奪われ、一人で暮らしているのだ――

「ネリス、イレーネの相手をしてくれてありがとうな。ゆっくりしてってくれ」
 精一杯の笑顔を作って、ネリスに笑いかける。少女は口の中のパンを名残惜しそうにゆっくり飲み込むと、俺の方を訝しげな顔で見上げた。

 そのまま後ろを振り向いて、イレーネにささやく。  
「だれ?」

 しかめられた眉がもの問いたげだ。イレーネは少女の耳に唇を寄せてそれに答えた。

「昨日着いたお客の中の一人さ。トールっていうんだ、僕の花婿になる人だよ」

「そうなの!?」
 彼女はしげしげと俺とイレーネを見比べた。またぞろ「似合わない」と言われるのかとうんざりしたが、どうやらネリスの気持ちはほかの所へ向いているらしかった。

「……じゃあ、イレーネお姉ちゃん、ここからいなくなっちゃうんだ」
「そう、だね……来年の春になるかな。トールの住んでる村は北の方にあって、ちょっと寒いんだよ」

「ふうん……」
 ネリスは少し口をとがらせて不満そうだった。

 イレーネがいま説明した件について、目下の俺には別の腹案もなくはない。だがさしあたっては目の前の事件だ―― 
「えっと、この子が何か知ってるかもしれない、って話なんだよな?」

「うん……」
 返答がさっきから何やら歯切れが悪い。それを指摘すると、イレーネは困ったように微笑んで、ネリスの肩に手を置いた。

「その……ユーライアさんはネリスのことを、とても気にかけてたらしくてね」
「というと?」

「人目につかないところで時々、ラウルたちに与えるものと同じお菓子を渡したり――」
「む……」

 俺の感覚で言うと、あまりいい接し方ではない気がする。「犬や猫じゃあるまいし」と口にしかけたのを慌てて飲み込んだが、ユーライアの心情もわからなくはなかった。

 彼女は生後間もない女児を、ここにきてすぐに亡くしているのだ。

「それでね、ネリスはユーライアさんにとても……まあなんというか、彼女のことが好きだ、と」

「わかるよ」

「だから……自分がなにか話すことで彼女が不利になるのが心配らしい。さっきからずっとだんまりを決め込んでるんだ、何を訊いてもね」

 なるほど。いうなればこの少女は、のちの世の司法取引に近いことを、無言のうちに要求しているというわけだ。自分の利益――時たま与えられる良い食物や、優しい言葉といった慰めを、いや、あるいは本当にユーライアその人を守るために。 
 自分とユーライアの安全が保証されない限りは、何もしゃべらない。彼女の小さな瞳は決然とそのことを告げているようだった。

 俺は迷った。本来なら、ネリスが知っている情報がどんなものかわからないうちは、その保証を与えるかどうかの判断ができないのだ。だが、その内容次第では――つまりユーライアとフィリベルトの関係がどんなものなのかによっては、この後取るべき行動が大きく変わる。

 そして、ひょっとすると――

 この一年余りの経験が、俺の頭のどこかでチリチリと警鐘を鳴らしていた。その、取るべき行動のために残されている時間は、もしかするとあまり多くないのではないか?

 例えばフィリベルトに随行した僧侶たちが、夕方になると城門のそばで何かを見張るように立っていた、という話。どうも気にかかる。

「よし、わかった」

 俺は腰をかがめて、座り込んだ少女の目の高さまで顔を持っていった。

「ネリス。約束しよう――俺はこの先、君から何を聞こうと、ユーライアさんと君自身にとって不利になるようなことは、一切秘密にすると」

 彼女は驚いたように目を見開き、まじまじと俺を見つめた。
「ほんとに?」

「もちろんだ」
 次に続くべき言葉の選択に、俺は少しだけ迷った。俺には、ここの人々のように固く信じる神はない。
 俺が信じるのは、俺が受けた教育と、享受してきた文化が規定する正義と善、それだけだ。だがそれでも、誰かと約束を交わすには、相手が理解できる言葉で語るしかない。

「……イエス・キリストでも聖母マリアでも、何ならオーディンにでも――君が信じられるものに誓おう」

「……そんなこと言われたの、初めて」
 彼女はなぜか怒ったような口調でそういった。どこかまだ踏み切れないものを抱えているようで、彼女の左手は無意識にしっかりと自分の膝頭を握りしめて、かすかに震えている。

 俺は畳みかけた。
「君が見たことを俺に話してくれないか。フィリベルト司祭とユーライアさんは、何を話していたのかな?」
 彼女は迷っているようだった。何度か口を開きかけては閉じる。俺は辛抱強く待った。アルノルとフォカスには申し訳なかったが、ここで無理強いはできない。 
 そんなネリスに、イレーネが言い添えた。
「心配いらないよ。トールは誰が相手でも約束を守るし、関わりのある人が困ってたら助けずにはいられない男さ。ブレーメンの大司教様のお墨付きだ……それにね」
 彼女は言葉を切って、妙にキラキラしたいたずらっぽい目つきで俺を見つめていた。 
「トールはね、偉大な魔法使いなんだ。夏には海を渡った西の島国で、竪琴ひとつかき鳴らして、戦を鎮めたんだよ。僕の英雄さ」

「おい……」
 俺はあきれてイレーネをたしなめた。
「それはあまり、言わないでくれ」

 確かに自分のやったことを持ち上げられるのは気持ちいいものだが、大げさすぎる。それに、現に戦や病で寄る辺ない身の上になった者にとって、自分の与かれなかった奇跡にどんな価値があるのか。

 むしろそんな話をされるのは、この上なく残酷なことではないのか? 

 だが、少女はイレーネの言葉に希望を植え付けられたらしかった。
「あのね」
 そう切り出す。
「司祭様がついた次の日だと思う……あたし、朝から東棟の裏に行ったの……ユーライア様が何か、前の晩の残り物くれるんじゃないかと思って」

「なるほど」 
 賓客を迎えた日の晩餐には、それなりにいいものが供されたことだろう。この時代なら、領主の食事の残りものを使用人が食べるのはごく普通のことだし、ユーライアが亡き娘に重ねてネリスを見ていたなのなら、彼女がそれを期待するのはある意味至極まっとうなことだ。

「……そしたらね、そこに司祭様とユーライア様が一緒にいてなんだか喧嘩してるみたいだったから……樽の陰に隠れて、二人の話を聞いてたの」

「そうか……どんなことを話してた?」
 それが肝心なのだが。

「……えっとね、遠かったから、あまりはっきりとは聴こえなかったんだけど」

「どんなことでもいいんだ。何か聞き取れた言葉はなかったかな?」

「あのね、ユーライア様とフィリベルト司祭様……兄妹なんだって」

「はあ!?」
 まったく予想していなかった情報に、足払いをかけられたような感覚に陥った。フィリベルトとユーライアが兄妹とは――

「ユーライア様が司祭様の事、『兄上』って言ってたんだよ。それでね、あとは、『仇を』って言葉と、『ボールドウィン』って名前――領主さまのことだよね? 司祭様がそういってるのが、何度か聞こえた。ユーライア様は泣きそうな感じで……」

 そうか!

 背筋に電流が走った。この事件の背後にあったものが何か――漠然と頭の中にあった仮定のシナリオが、ここでにわかに明確なかたちを取り始めたように思えた。 
「……『仇』か! そうか、フィリベルトはそう言ったのか……!!」

 もちろんまだ足りないピースは残っている。だがおおよそのいきさつはこれで推定できるはずだ。

 フィリベルトはボールドウィンを仇として狙っていた。これは推測だが、その原因はおそらく今から15年前の、ボールドウィンとジュディス王女の駆け落ち時代に、何かあったのではないか? 何せ近隣の司教までが追っ手を繰り出して二人を脅かしたのだ。
 フィリベルトが出家したのは10年前だと聞いたから、それとは時期がずれている――だが、直接かかわらずとも、遺恨の生じ方はさまざまにあるはずだ。

「ありがとう、ネリス。よく話してくれたな」

「う、うん……ねえ、ユーライア様大丈夫かな? 司祭様は殺されちゃったんでしょ?」

 ネリスが俺のコートの裾をつかんでそう言った。

 彼女は司祭がなぜ死んだのかわかっていないのだ。だから、得体のしれない殺人者の手が、自分に優しくしてくれるユーライアに及ぶことを恐れている――どうやら、そういう事なのだろう。

 俺は少女の痩せた手首を、温めるようにそっと掴んだ。
「大丈夫だ。もう誰も、この事件で死なせない――みんなで、幸せに収穫祭を祝えるさ」

 そのとき、不意に庭の方から角笛の音が響いた。そしてドアの向こうからノックの音。細目にドアを開けると、アルノルの黄色い口ひげが目に入った。

「トール、まだ話は終わらんのか? どうやら、森へ向かった組が戻ってきたらしいぞ」

「本当か!? 割と早かったな……」

 アルノルに「すぐ行く」と言いおいてイレーネたちの所へ戻る。

「どうやら事態が動いたようだ。俺はフォカスやアルノルと一緒に、様子を見てくるよ。ここにいてくれ」
「わかった」

 回廊を駆け抜け、階段を下りて中庭へ。
 横合いからアルノルが胸元に何か押し付けてきていた。見れば、彼が手にしているのはさっきかまどのそばでもらったパンだ。

「ああ、すまん」

「全く。いつまで持たせとくつもりだ……それで、何か分かったんだな?」
 知恵者は、当然自分にも聞く権利があると言いたげに、瞳をキラキラさせて俺の顔をうかがっている。

「うん、まあ分かったが――」
 さて困った。たった今ネリスに誓ったことを、舌の根も乾かないうちに破るわけにもいかない。 
「ちょっといきさつがあってな、俺が聞いた話はしばらく俺の胸だけに収めておかなきゃならん」

「なんだあ、そりゃ……」
 失望の色をうかべるアルノルをよそに、俺はこの事件に対する方針を、はっきりと固めていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全563部分)
  • 938 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 19:41
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 1098 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 965 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 996 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 17:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 1136 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全121部分)
  • 942 user
  • 最終掲載日:2017/12/23 15:51
火刑戦旗を掲げよ!

勇者は戦死し、1人の男が火刑に処された。窮地の王国を救い大陸に平和をもたらしたのはその男だったというのに。時が流れ辺境に1人の不思議な子が生まれる。名をマルコ。//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全148部分)
  • 927 user
  • 最終掲載日:2015/06/27 10:33
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 953 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 1132 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部分)
  • 939 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 07:00
Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 1060 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 11:55
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 1020 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全256部分)
  • 1058 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 16:43
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 926 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 1132 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 1068 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 1087 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1155 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
陶都物語~赤き炎の中に~

岐阜の片田舎に、ひとりのおっさんが転生した。おっさんが現代知識を生かして幕末の美濃から雄飛する!! この物語はフィクションです。 作者の不勉強で齟齬をきた//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全284部分)
  • 1025 user
  • 最終掲載日:2017/06/29 01:51
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 935 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 1432 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全136部分)
  • 1175 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 22:59
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部分)
  • 930 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 12:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 1329 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 1302 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 1077 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
破壊の御子

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全259部分)
  • 942 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 23:22
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 914 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部分)
  • 1076 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 940 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 1101 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
↑ページトップへ