挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

今日も僕は復讐の手段と帰還する方法を考える

作者:出来猫
召喚された三人の中でも最弱。授けられた神技も役に立たないし、王女にも見限られた。
――ただ、まだ心は折れていない。
古鷹悠人はその時が来るまでに着々と復讐の準備を進める……

※初投稿です。ほぼ週五更新。
追記、テスト期間に入ったためあまり投稿できないかもしれません。
土日に一気に更新しますが、再度読み直してみると読み応えがないものになっているので大幅に改稿するかもしれません。
第一章 召還された三人の勇者
第一話 僕は召喚される
2018/01/08 18:00
第二話 僕は再会する
2018/01/09 01:00
第三話 僕は鑑定される
2018/01/10 08:00
第四話 僕は剣術の教えを乞う
2018/01/12 00:00
第五話 僕はダンジョンに潜る
2018/01/13 10:20
第六話 僕は逃走する
2018/01/13 14:20
第七話 僕は拷問を受ける
2018/01/13 22:20
第八話 僕は盗みを働く
2018/01/14 08:10
第九話 僕……いや、俺は復讐を誓う
2018/01/14 14:10
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ