挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約3年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

Is

作者:遠奈 都
誰よりも上でありたい有名私大卒のエリート会社員の俺。
その本当の姿は彼女いない歴=年齢、ギャンブルで作った借金有りと誰よりも駄目な僕。
俺は本当の姿である僕のことを認められず、いつも嘘をついて生きてきた。
できないことを隠して、仕事も遊びもなんでも器用にできる男を演じてきた。

そんな俺だったが、ある日後輩の結婚式で出会った彼女に一目惚れをしてしまう。だが、彼女と付き合いたいという気持ちとは裏腹に何をするにも優柔不断な俺。彼女に対する本気の想いは、今まで俺が避けてきた本当の自分=僕と向き合うことを求めてくる。

そして…

俺と僕
2014/02/23 20:39
彼女との出逢い
2014/02/24 22:11
一夜明けて
2014/02/25 21:00
偶然?
2014/02/27 20:20
メール
2014/03/02 22:34
電話
2014/03/03 22:26
もしも俺が
2014/03/04 22:12
もしも店長が
2014/03/05 22:18
言うこと聞かない
2014/03/08 05:08
タイミング
2014/03/09 05:20
泣いちゃったな
2014/03/10 22:09
水溜り
2014/03/11 22:14
こっちがそっち!?
2014/03/15 13:09
もしも俺が、じゃなくて
2014/03/16 18:18
できない相談
2014/03/17 07:35
延長でお願いします。
2014/03/18 22:17
大盛りでお願いします。
2014/03/19 06:19
今なら
2014/03/21 06:11
それは未知の
2014/03/26 23:30
いつもの今まで通りの
2014/03/30 06:33
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ