挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
素人おっさん、第二の人生でサッカーライフを満喫する 作者:ハーーナ殿下@青森県弘前市
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/68

第29話:トレセン1日目

 小学生5年生の春の、とある連休の初日。

「いやー、ここがトレセン会場かー」

 トレセン会場に到着したオレは、興奮のあまり声をあげる。
 会場は本当に凄く立派だった。
 見渡すかぎり、キレイな芝の練習場が何個も広がっているのだ

「おお、あれは日本代表のマーク! それにあっちにも!」

 トレーニングセンターの至る所に、サッカー日本代表の公式マークがあった。
 ここはまさに日本サッカー界の中心であり、公式な練習場所なのだ。

「あれは室内練習場かな? うちのチームとは規模が違うな……それに、あれは宿泊場かな? カッコイイ!」

 このトレセン会場を前世で、TVでは見たことはある。
 その実際の規模を直に見て、オレは感動のあまり立ちすくんでしまう。

 トレセン会場は、日本中のサッカー少年の憧れの聖地。まさか自分がこの場所に立てるとは、今世でも想像もしていなかったのだ。

「いやー、本当に凄い場所だな!」
「……あまりハシャグな、コータ。オレ様まで子供ガキに見られる」
「あっ、ヒョウマ君。ごめん、ごめん」

 たしかにハシャギ過ぎていた。
 一緒に来たヒョウマ君の言葉に、オレは気を引き締める。

「それにしても、コータ。お前はもう緊張してないのか?」
「そうかもね、ヒョウマ君。何しろボクたちは“特別招集枠”だからね」

 最初コーチからU-15のトレセンのことを言われた、あの時は本当に驚いた。
 でも数日してから、オレは冷静になったのだ。

 何故なら普通に考えたら、小学生5年生はU-15のトレセンに招集されない。
 つまりオレとヒョウマ君は特別招集……“お客さん”みたいな感じで呼ばれたのであろう。

『全国少年大会で優勝したチームの何人かを、褒美でU-15のトレセンを体験させてあげましょう!』
『なるほど。賛成です』

 きっと、そんな感じのイベントが、サッカー協会の中にあったのであろう。そのメンバーにオレは選ばれたに違いない。

 だからオレは観光気分で、このトレセン会場に来ていた。もちろんサッカー練習の準備もバッチリにしてきたけど。

「……相変わらず能天気だな。だが、お前らしいな、コータ」
「えっ? 違うのかな、ヒョウマ君?」
「始まったら、嫌でも分かる。早く行くぞ」
「あっ、待ってよ。ヒョウマ君!」

 いよいよU-15のトレセン初日が開始となる。
 オレたちは準備をして、芝の競技場へ向かうのであった。



 いよいよトレセンが始まる。
 100人位の中学生たちが芝生の上に整列していた。
 全国から招集された精鋭たち。ユニフォームは各々のチームであり、バラバラで統一感はない。
 オレとヒョウマ君は、その中に紛れ込んでいた。

「えー、それでは、これよりU-15のトレセンの特別セレクションを始める。まずはミニゲームで、君たちの実力を見せてもらう」

 オレたち選手に向かって、U-15の責任者のヘッドコーチから挨拶がある。
 いきなりミニゲームだという。
 ランダムでグループ分けをして、試合形式でセレクションが行われるのだ。

「えー、勝ち負けはセレクションに関係ない。個人のプレイを評価する」

 ミニゲームは何回もチームメンバーを入れ替えて、ミニゲームを繰り返していく形式らしい。
 チームの勝ち負けは、あまり関係ないらしい。でも、わざと負ける様な人たちは、このトレセンには一人もいないであろう。

 こうしてミニゲーム形式のセレクションがスタートなる。

「まずはミニゲームか。いやー、緊張するね、ヒョウマ君。それにしても人数が、思っていたより少ないね?」

 ミニゲーム会場に移動しながら、ヒョウマ君と雑談する。
 たしかナショナルトレセンは全国から、数百人の中学生が招集されるはず。
 でも、この会場には100人くらいしかいないのだ。

「たぶん今回のこのトレセンは、特別なセレクションだな、コータ」
「えっ? 特別?」
「審査する大人たちの目の色が、少し変だ」

 ヒョウマ君は何かを感じ取っていた。
 セレクションを審査するコーチ陣に、何か違和感があるらしい。
 かなり真剣な表情で、選手たちを観察しているというのだ。

 なるほど。
 オレは気が付かなかったけど、そうなのかな?
 父親がプロサッカー選手だったヒョウマ君だから、何か感じ取っていたのかもしれない。

 そうか、今回のトレセンは何かの選抜試験かのか。

「でもボクたちは特別枠だから、気楽だね」

 大人たちの事情は知らない。
 オレに出来ることは、一生懸命にプレイすることだけ。
 そしてサッカーを楽しみながら、他の人のプレイを勉強していくことだけだ。

「じゃあ、コータも頑張れ」
「うん、ヒョウマ君もね!」

 ミニゲームのチーム分けはランダムである。
 ヒョウマ君と別れて、オレは指定された競技場に向かう。



「では、これから試合形式のミニゲームを始める」

 いよいよトレセンでの、オレの初試合が始まる。
 審判役のコーチから挨拶がある。手には液晶タブレットを持っていた。

 なるほど、アレで選手たちの動きをチェックして、評価していくのであろう。さすがはサッカーの聖地は近代的である。

「……あの、コーチ、ちょっといいですか?」
「どうした?」
「彼は小学生ですよね?」

 オレの対戦相手の人が不思議そうな顔で、コーチに尋ねる。
 “彼”と指を刺した先にいるのは、オレだ。

 やはり速攻で小学生だと、バレてしまったか。でも仕方がないか。

 何しろ小学生5年生のオレと、中学生3年の人とは、身体の大きさがまるで違う。
 身長では30cmくらいは違っている。ほとんど大人と子供の体格差だ。

「ああ、彼は小学生5年生だ。だがここはU-15。規定により15歳以下であれば問題ない」

 審判の人は冷静に返答していた。
 その答えはどこかマニュアル的な口調である
 たぶん、この質問があることを、事前に想定していたのであろう。

「小学生5年生だと……」
「オレの弟より下だと……」
「なんで、あんな奴が……」

 コーチの説明に、周囲の中学生たちがざわつく。
 他の人たちが驚くのも無理はない。
 何しろここにいる選手の、ほとんどは中学生3年生。中学生2年生でも珍しいのだ。

「相手が小学生だからといって、遠慮はするな。さあ、ゲームを始めるぞ」

 審判の合図でミニゲームが始まる。
 それにしても『遠慮はするな』は、厳しい言い方だ。
 もしかしたら、このコーチも、オレたちの参加をよく思っていないのかな?

 でも、そんなことを気にしている暇はない。
 今は、試合に集中しないと。



 ミニゲーム形式のセレクションは始まっていた。まずは一試合目が終了する。

(ふう、疲れたな。でも次の練習場に行かないと!)

 一回目のミニゲームを終えて、オレはクタクタになっていた。
 だが、のんびりしている暇は無かった。
 この後もチームをシャッフルして、何回もミニゲームを行うのだ。

 今回はミニゲームなので全員が、攻撃と守備に参加しないといけない。
 これは自分のチームでも、毎日行っている練習なので問題はない。

 でも相手が全員中学生なので、体力の消費が半端ないのだ。

(本当に疲れるな……でも、やっぱり中学生の人たちは凄い!)

 そんな激しいミニゲームだが、オレは楽しんでいた。
 たしかに中学生の人たちの身体の差に、最初はかなり苦労した。
 でも、それ以上に得るモノが大きいのだ。

(やっぱりスピードとパワーと足のリーチが、オレたち小学生と全然違う……だからこそ収穫が多くて楽しい!)

 ミニゲームの最初の方では、中学生たちにオレは吹き飛ばされていた。
 これは違反のファールではなく、普通にぶつかっただけでも力負けしたのだ。

(力では敵わない……だから、もっとスピード上げて、もっと技を鋭くして、もっと反応速度を高めて……)

 オレはミニゲームを2回、3回と続けていく。
 その中で考えならが、プレイしていく。
 自分のこれまでのプレイを改変。更に上の段階への道を模索していたのだ。

(そういえば、アノ選手も……14歳でプロデビューして、最初は大変だったよな……)

 そんな模索の中で、オレは一人のサッカー選手を思い出す。
 前世ではヨーロッパの“ミスター小さな巨人”と言われた偉大な選手。
 小さな身体のハンデを逆手に取り、次々と個人タイトルを獲得していった凄い選手だ。

(なるほど、そうか! オレも彼と同じように、もっと反応速度を上げて、キレを増していかないといけないのか!)

 脳内に浮かんでいた“ミスター小さな巨人”のプレイを思い出す。
 あの動きなら、今の自分の体格差でも応用はできる。

 まったく同じプレイは出来ないが、近い部分までなら真似はできる。幼稚園の頃から積んできたイメージトレーニングの成果を発揮する時だ。

 オレは更にミニゲームを続けていく。

(よし、予想通りだ。かなり、いい感じだ)

 プレイを改変することで一気に、いい感じにプレイ出来るようになってきた。
 中学生たち相手にも、互角にプレイできるようになったのだ。

(よし。もっと反射速度早くして、最初の一歩を素早く……そして、キレを増していくんだ!)

 パワーと高さ、リーチ差では中学生たちに、絶対に勝てない。
 だからオレは他の部分で、相手に挑んでいく。そう考えたら、凄く気分が楽になった。

 相手は歳上の人たちだけど、同じ人間だ。足は同じ二本足だし、重心を崩されたら、動きは遅くなる。
 つまり技術で圧倒すれば、何とでもやり様があるのだ。

(おっ。また得点を決められたぞ。やったー! 次はもっと得点を狙おう。あとパスや守備も慣れてきたらか、どんどんいかないと)

 ミニゲームの回数をこなしていきながら、自分の動きを修正していく。
 これまでは対小学生用だった思考を、全て対中学生様に誤差修正するのだ。
 仲間へのパスや守備の位置。ドリブルで抜くタイミングなど、中学生仕様にアップグレードしていく。

(よし、上手くいった! やっぱりサッカーは面白いな!)

 プレイしながらオレは感動していた。
 ミニゲームの回数をこなしていくうちに、どんどん楽しくなっていくのだ。
 自分が成長して感じが実感できる。

 ここまで充実した実感があるのは、最近では全国大会での戦い。あとはヒョウマ君との1対1くらいかもしれない。

 あっ。
 むしろ対戦相手の中学生よりも、ヒョウマ君の方が凄いような気がしてきた。
 “対峙した時のワクワク感”が彼の方が上なのだ。

(とにかく楽しいな……ずっとプレイしたいくらいだ)

 オレはドンドン得点を決められようになってきた。
 それにパスも確実に決まるようになってきた。

 こうなってくるとサッカーはヤバイ。いつまでも時間を忘れて楽しめる。
 自分の残り体力のHPも気にしない。
 オレは最後の一滴まで力を振り絞り、楽しんでいくのであった。



ピピー

「よし、今日のトレセンは終了だ!」

 責任者のヘッドコーチの合図があった。

 時間があっとう間に経っていた。いつの間にかトレセンの初日が終わっていたのだ。
 最初と同じように、全員が集合する。

「次に番号を呼ばれる者は、明日は別メニューになる……」

 ヘッドコーチは液晶タブレットを確認しながら、11名の番号を呼んでいく。
 その中にオレとヒョウマ君の番号もあった。

 もしかしたらオレは下手だったから、明日は別メニューになっちゃうのかな?
 落選メンバーの発表なのかもしれない。

 でも中学生たちが発表にザワザワしている。オレとヒョウマ君のことを見ながらビックリしていた。
 一体どうしたんだろうか?

「知っている者が多いが、この11名は明日、日本U-15代表と練習相手になってもらう」

 おお! なんと⁉
 ビックリした。

 明日から合流してくる日本U-15代表。なんとオレは彼らと練習が出来るのだ。
 まさかの事態にオレは驚く。本当にビックリした。

 でも、なんで落選したみたいなオレが、日本U-15代表の凄い人たちと練習試合をするのであろう?

「この11名の中で更に活躍した者から、日本U-15代表のサブメンバーを決める」

 えっ?
 それって……もしかして。

「では、また明日。解散!」

 何故から分からない。

 こうしてオレは日本U-15代表のサブメンバー候補。その精鋭の11名に残ってしまったのだ。
ツギクルバナー
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ