挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【表と裏】レグルノーラ奇譚【二つの世界】

隣の席の来澄君。

作者:天崎 剣
【レグルノーラの悪魔スピンオフ作品/須川怜依奈編】
※本編未読でもお楽しみいただけます。
「まっし、お前、何悩んでんの」
 机の上のランドセルを見つめ項垂れる私に、彼は言った。
 チャイムの音にかき消されそうな言葉に、私は目を丸くする。
「な、何って。別に何でもないけど。来澄(きすみ)君には関係ないでしょ」
 隣の席のその男子は、私の顔を睨むように見て、それから続けて「嘘だ」と言った。
「最近のまっし、おかしいよ。俺が気付いてないとでも思ってた?」
 腕を掴み、真剣に顔を覗き込んでくる彼と、私は目を合わせられなかった。
「悩み事があるなら言えよな。俺じゃ何もできないかもしれないけど、隣でそういう風に暗い顔ばっかりされても困る」
 来澄君はつっけんどんに言い放ち、そのままランドセルを背負って教室から出て行った。
 優しいんだか、なんなんだか。
 張り詰めていた糸が、それでも少しだけ緩んだような気がした。


 小学生の頃の話。
 両親の仲が急激に悪化して、私は家の中で孤立し始めていた。
 同じ山形出身だった両親は、私には仲睦まじく見えた。どこで何が狂い始めたのか、今でもわからないし、私も聞かない。急に二人は喧嘩をするようになり、私は毎日怒号に怯える日々を送っていた。
 当然、みんなには内緒。友達にも、先生にも言えない。誰にも相談できない。そんな中での彼の一言に、私の心臓は張り裂けそうだった。
 来澄君とは、小学校三年生から五年生まで一緒のクラスで過ごした。
 彼は唯一まともに話しかけてくれる男子だった。他の男子は本当に幼稚で、くだらなくて。けど、来澄君は違った。私は彼に何度も助けられた。


 机に、“益子(ましこ)怜依奈(れいな)は超田舎者”と落書きされたことがあった。
 鉛筆で黒く太い字で書いた上に、更にマジックでなぞっていた。登校してきた私は皆に白い目で見られた。
 理由はわかっている。
 私の両親は山形の出で、私もそれに釣られ、イントネーションが少しおかしかったからだ。微妙に時代遅れの親戚のお下がりを着ていたし、二つに結った長い髪に丸眼鏡。お世辞にも、可愛いとは言えない風体だった。
 女の子の友達も少ししか居なくて、良く教室で本を読んでいた、そんな子どもだったのを覚えている。
「誰だよ、こんなことしたの!」
 一番に声を上げてくれたのも、来澄君だった。
 教室はざわつき、『知らない』の輪唱。皆目が笑ってる。
 来澄君だけが目をつり上げて、
「人間として最低だな! お前らの親は、誰一人田舎出身じゃねぇのかよ! 皆父ちゃんも母ちゃんも東京生まれの東京育ちか!」と怒鳴り散らした。
 それさえ周囲は笑っていて、まるで来澄君が私の代わりに笑われているようで、とても胸が痛かった。
 何も言えない私に、来澄君は言った。
「まっし、怒れよ」
「なんで? 怒ったらさぁ……」
「ダメなものはダメだ。そんなんじゃアイツら、まともな人間になれない」
「でもさ。そんな風にしてたら来澄君が」
「俺のことはどうでも良いんだよ、別に。どうせ皆に嫌われてる。そんなことより、俺以外の人がどうでもいいことで傷つけられてんの、見たくない」
 そう言って、来澄君は私から目を逸らす。
 その、怒ったような寂しそうな顔がとても印象的だった。


 来澄君がどうして孤独だったのか。
 私が偶々知ることになったのは、五年生の終わり頃。
 通っていた小学校は、学区の関係で二つの中学にそれぞれ分かれることになっていて、私と来澄君の住んでいる地域の間にその境界線があるのを知ってからだった。
 来澄君と同じ中学には行けないことがわかると、益々私の中で来澄君の存在は大きくなっていった。彼は相変わらず無愛想で、口下手で。自分のことを簡単に話すような人じゃなかった。
 どうすれば来澄君ともっと話せるんだろう。隣の席にいながらも、彼は私のことをあまり見てくれない。誰かと目を合わせるのを、極端に怖がっているようにも見えた。
 発端は作文の時間。
 将来の自分というお題。
 彼は堂々と、自分の作文を発表した。
「ほくは将来、人を守る仕事につきたいと思います。警察官や自衛隊、消防士など、体を張って誰かを助けたり、守ったりしたいです。誰かのために働くと言うことは、とても勇気のいることだと思います。自分の正義を貫く、誰かを救いたいという素直な気持ちを絶対に忘れないようにしたいです」
 けれど、来澄君らしい夢だと思ったのは、どうやら私だけ。
 作文の時間が終わると直ぐに、クラスの男子が来澄君のところにやって来た。
「嘘つき(りょう)が警察官? すんげぇな」
 ヘラヘラと笑いながら、数人で来澄君に迫っている。
「警察官じゃなくて、捕まる方になるんじゃなかったっけ?」
「そうだよ。凌は誰かを助けるようなガラじゃないもんな。キレやすいし、乱暴だし。先生の前では正義の味方ぶってるけど、皆お前のこと、知ってんだぜ?」
 机の周りを囲って酷い言葉を投げかけてくる男子たちに対して、来澄君は決して動じなかった。目を逸らして、口をへの字にして膝の上で拳を握り、じっと堪えていた。
「別に人の夢を否定するつもりはないんだけどさ。来澄凌君が警察官になったらこの世の終わりだと思いますぅ。逆に逮捕されるの目に見えてるしぃ」
 散々な言われ方。
 私は気分が悪くなって席から立ち上がり、数歩、後退ってしまった。
 それがまた火に油を注いだ。
「ホラ、まっしも凌のこと気持ち悪いって!」
「ち、ちが……」

 鈍い音が聞こえた。

 来澄君が、目の前の男子を殴り倒していた。
 机をひっくり返し、椅子もなぎ倒し、一人、二人、三人と次々に殴っていた。

 頭が真っ白になった。
 温厚な来澄君が、まるで人が変わってしまったように人を殴っている。

「止めろ、凌!」
「先生呼んでくる!」
「女子、離れて! 凌が暴れた!」
 何が起きているのか、私にはよく分からなかった。
 来澄君は目に涙を浮かべていて、目をギンギンに見開いて、何かを叫んでいた。
 そんなに大柄じゃない来澄君が、クラスで一番デカい男子に体当たりしている。殴り返されても動じず、何度も殴り返している。
 何が彼をこんな風に。


 嘘つきって何。


 先生が教室に戻り、喧嘩は無理やり収められた。
 他の男子はわからなかったけど、来澄君は泣きもせず、ただじっと彼らを睨んでいた。
 頬にできた青あざを擦りながら、その日の授業を終えると、来澄君は無言でランドセルを背負い、スタスタと教室から出て行った。
 私は慌てて来澄君を追いかける。
 皆、来澄君を冷たい目で見ていた。廊下ですれ違ういろんな人が、来澄君の顔を見てヒソヒソ言った。同じ学年の子が、「見た? すげぇ顔」と嗤って、「やっぱりあいつ、乱暴なんだ」と馬鹿にした。
 違う。
 来澄君は違う。
 本当は凄く優しくて、真っ直ぐで、正義感が強くて。
 どうして誰も、来澄君のこと、わかってくれないの。
 足の速い来澄君のあとを、私は必死に走って追いかけた。
 いつの間にか、知らないところまで来ていた。私の知っている街とは違う、別の場所に迷い込んでしまっていた。景色が違った。いつものアパートやコンビニがない。ギッシリと並んだ住宅地には少し古い家が並んでいて、私は急に怖くなった。
 どうしよう。帰れない。
 どうしよう。来澄君が怒ってる。
 私はとにかく夢中で彼を追いかけた。
 来澄君の背中まであと数メートル、というところで、彼は急に足を止めた。
「……まっし。何してんの」
 振り返ったのは、いつもの来澄君。
 私は身体から力が一気に抜けて、そのまま地面にへたり込んだ。
「よ……、良かった……」
 アスファルトの上で項垂れる私の側まで、来澄君は駆け寄った。
 私の前に屈んで下から顔を覗いてくる。
「何が良かったんだよ」
 大丈夫。声も、いつもの来澄君。
「来澄君が、化け物になったのかと思って」
 言ってからハッとした。
 私、とんでもないこと喋ってる。
 来澄君を傷つけるような言葉を。
 だのに来澄君はハハハッと笑って、
「そうだな。いっそ化け物だったら、諦めも付くかも。うち、直ぐそこなんだけど。上がってく?」
 いつもよりも優しい顔で、私のことを見てくれた。


「まだ兄貴帰ってきてないから、今のうち」
 来澄君の家は、思ったよりも年季が入っていた。
 小さな庭に、鉢植えがこれでもかと置いてあって、多分アレは春夏だったらとっても綺麗だったんだろう。私がお邪魔したときは三学期の終わりで、未だ芽吹いてもいなかったから。
 鍵を開けて玄関を潜り、来澄君は靴の数を確認した。
「うん、未だ大丈夫」
 意味ありげに言って、
「二階、上がって」と私を案内する。
「いいの?」
「いいよ。ちょっと休もう。あとで家まで送るから」
 階段を上がって左右に部屋があり、来澄君は左に入る。私も続けて中に入る。
「散らかってるけど。座って」
 来澄君の部屋の中には、作りかけのジグソーパズルがあった。小学生がやるような大きさじゃない。千ピース以上の大きいパズル。外国の教会の写真だ。
「飲み物持ってくるから待ってて」
 折り畳みテーブルの上に広げたパズルの上には、細かく色分けされたピースの入った小さなトレイが幾つも並んでいる。いつもこうやって作っているのだろうか、飾りきれないパズルが部屋の隅っこ、額縁に入っていくつも並んでいる。ベッドと学習机の間にも、押し込まれるようにして、何枚も何枚も置いてある。
 恐る恐る近づいて、コレクションを見てしまった。同年代の男子が漫画やゲームに没頭する中、来澄君のパズルには、そんなものは一つもなかった。どれも外国の風景ばかり。そこがまた彼らしいと、私は思った。
「ゴメン、なんかあんまり美味そうなのなくて。うちの母さん、安いオレンジジュース好きで買い置きしてるみたいなんだけど、嫌いじゃない?」
 来澄君は喋りながら入ってきて、床の上にお盆を置いた。テーブルの上がパズルで占拠されているからか、彼はそのままお盆の上でコップにジュースをくんで、はいと私に差し出してきた。
「ありがとう。オレンジジュース、だいすき」
 床に座って渡されたコップでゴクゴク飲むと、それまでのことが全部なくなっていく気がして、身体が軽くなった。
 来澄君も、飲み終えるとスッキリした顔で、私が見ていたパズルの山を眺めていた。
「パズル、すごいね。たくさんある」
 私が言うと、来澄君は得意げに、
「まあね。こういうの好きなんだ。時間忘れて没頭できる」
 いつもは見せない力の抜けたような顔を見せてきた。
「それにさ。パズルは一人でもできる。何時間でも、やり続けられる」
 静かに笑う来澄君は、教室では見ない。多分、こっちが本当の来澄君に違いない。
「来澄君が誰かと遊んでるの、見たことない」
 ぽつり呟くと、来澄君はごろんと床に仰向けになった。
「友達なんて居ないから。どうせ俺、“嘘つき”らしいし」
「それ、さっきも言ってたね。でも来澄君、嘘、つかないでしょ」
「ハハッ、そう言ってくれるのは、うちの親とまっしくらいかな」
 来澄君は寂しそうに笑う。

「俺、他人には見えない物が見えるらしいんだ」

「――え?」
 驚きの声を上げた私を、来澄君は寝転びながらじっと見ている。
 私の反応を探っている。
「嘘だと思うだろ。でもさ、何か、見えるんだ。まっしの周り、歪んでる。悩み事がある人の周りは、空気が歪んで見える」
 ドキッと、激しく心臓が鳴った。
 誰にも言わない、知られたくないと思っていたことを、眠れなくなるほど悩んでいることを、来澄君は見透かしていた。
「小さい頃から、変な夢を見る。行ったことのない外国の街を、何度も何度も歩いてる。そこがどこか知りたくて色々調べたけど、結局わからなかった。外国の写真を見てると、もしかしたら俺はそういうところに住んでいたことがあったのかもって思うようになって。それから、パズルにはそういう写真が多く使われてるのを知って、やるようになった。変わってるだろ。兄貴も俺のことを“嘘つき”って言う。うちの家族の誰も、海外旅行になんか行ったこともないのに、何言い出すんだって」
 来澄君の部屋の前には、確かにもう一つ、部屋があった。それが、お兄さんの部屋。来澄君は、お兄さんと上手くいっていないらしい。
「他にもあるぜ。俺が見たことのある物を誰も知らなかったり、誰も知らない出来事を見てきたかのように喋ったり。外人が喋る言葉が日本語で耳に届くことがあるとか、車が空を飛ぶのを見たことがあるとか。夢……だったのかな。わからない。俺、自分の中にもう一人の俺がいるような気がして、怖くなるときがある。でも、嘘はついてない。見たこと、体験したことを喋ったつもり。それを誰も理解してくれなくて。俺の感覚は、皆と違う。だから、“嘘つき”だと言われる。それだけだ」
 もし、私が空想好きでなかったら、本好きでなかったら、来澄君のことを気持ち悪いと思っていたかもしれない。小説の中に出てくる不思議な力を持つ子どもは、大抵いつも悩んでる。自分が皆と違うことに悩んで、苦しんでいる。
 私は来澄君を、そんな登場人物たちと重ねてしまっていた。
「来澄君は、嘘つきじゃないよ。当たってる。私、今、めちゃくちゃ悩んでるんだもん」
 教室では絶対に言えないことを、私はふと口走った。
「うちの親、離婚しそうなんだ」
 言った後で、涙がにじんできた。誰にも言わないと誓っていたのに、来澄君に言ったことを後悔したのかもしれなかった。たった一言だったのに、溢れ出した涙がどんどん零れて、止まらなくなってしまった。
「そうか」
 来澄君は相変わらずごろんと寝転んだまま。
 私から目を逸らして、天井をじっと見つめている。
「だから、歪んだ上に変な色してたんだ。声かけて正解だったな」
 静かに話す来澄君の声は、じわじわと胸に響く。

「ここで、全部涙流していけば? 家に帰ったら泣けないんだろ」

 むくっと起き上がり、来澄君は私にハンカチを差し出した。それから、ボックスティッシュも。ゴミ箱も。
「俺、パズルの続きしてるから。落ち着いたら教えて。送ってく」
 来澄君はそう言って、私に背を向けてパズルを組み始めた。
 私はしばらく泣き続けて、ゴミ箱は使用済みのティッシュでどんどん埋まっていった。


 夕暮れに近づいてきたと知ったのは、来澄君のお母さんが帰宅したからだった。
 凄い剣幕で二階に上がってきて、
「凌! あんた学校で何したって!」
 勢いよく部屋のドアを開けたところで私の存在に気が付き、
「あら、ゴメン。お友達?」
 お母さんは目を丸くした。
「ま、益子、怜依奈、です。初めまして」
 私も緊張して、とりあえずの自己紹介。涙はすっかり引いていたけれど、目も鼻も赤かったかもしれない。泣いていたのがわかったらどうしようとドキドキしていると、来澄君は私たちの会話を遮るようにすっくと立ち上がった。
「今から家まで送ってくとこ。学校の話は、帰ったらちゃんとするから」
「どこまで送るの」
「まっしの家。駅の近くだって」
「あらそう。気をつけて行ってらっしゃい。怜依奈ちゃん、だっけ。また来てね」
「ありがとうございます」
 私もランドセルを背負って、来澄君と部屋を出た。


 帰り道も、来澄君は私に気を遣い通しだった。
「俺と歩いてるのを見たら、嫌がらせされるかも」
 言いつつ、なるべく人目につかない小路を選んで歩いてくれる。
 薄暗くなってきた景色はいつもより霞んで見えた。
「なんで」
 来澄君の一歩後ろをついていく私は、無意識に声を上げていた。
「あのとき、急に怒ったの」
 来澄君はしばらく無言で、私の前をスタスタと歩いた。
 夕暮れ時の住宅街には、いろんな匂いが充満していた。焼き魚の匂い、お味噌汁の匂い、カレーの匂い。そして、来澄君ちの匂い。私にも、来澄君ちの匂いが少しだけ染みついていた。
「あいつら、まっしの悪口言った」
「――え?」
 来澄君は立ち止まる。
 私は急いで来澄君の隣まで進む。

「まっしが、誰かのことを『気持ち悪い』なんて言うような嫌なヤツだって思われるだろ、あれじゃあ!」

 来澄君の答えは、あまりにも意外だった。
 自分のことをどんなに言われてもグッと堪えていた彼の、堪忍袋の緒がどこで切れたのか、それを知ったとき、私は益々彼が――好きに、なった。
 枯れたと思っていた涙が、またポロリポロリと落ちてくる。
 来澄君はびっくりして、
「ゴ、ゴメン! 変なこと言った?」
 ハンカチを取り出そうとしていたみたいだけど、生憎それは来澄君の部屋で私が涙で濡らしてしまって置いてきた。私は袖口で涙を拭って、
「うれし涙。うれし涙だから」
 あのあとどうやって家まで帰ったのか。
 私はよく、覚えていない。


 六年生で、急なクラス替えがあった。
 転出者が多く、一クラス減が決まって、私と来澄君は別々のクラスになった。
 教室が離れたこともあって、以後殆ど会話を交わすこともなく卒業した。
 中学に入ると直ぐに両親は離婚。私の苗字は母の旧姓の“須川”になる。もう、“まっし”じゃなくなってしまった。
 来澄君のことは、中学に入ってもずっと忘れなかった。
 不器用で、つっけんどんで、でも本当は凄く凄く優しい彼のことは、私の中だけの宝物。誰が彼を誤解しても、私は彼のことを信じていようと胸に誓った。
 高校に入り彼と再会したとき、私がどれだけ喜んだか。来澄君は知らないだろう。背が伸びて、益々精悍になった彼を、私は窓際の席からじっと見つめる。
 少しだけ彼は、変わった。
 誘われて一緒に帰る友達もできたみたいだし、やたらと来澄君にちょっかい出してくる女子もいるみたい。
 あの頃とは違う彼に、私は話しかけることもない。
 来澄君はもう、忘れただろう。冴えない女子が励まされたこと、救われたこと。
「また、友達になれたら良いな」
 私は今日も、窓際の席から彼を見つめる。
 あの日の感謝を胸に秘めて。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ