挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

黒姫の館

今どきどこにでもいる転勤族。その少年、黒崎創太は、かつて自分が生まれた故郷の街に転校してきた。

学校生活が上手くいくかどうかを気にしていた創太だが、何気に上手くいく中2生活に、安堵を隠しきれない。

そんな街には、ある1つの噂があった。


「街外れの高台。そこにある大きな館、通称『黒屋敷』には、昔黒姫という美しい女性が住んでいた。
だが、その黒姫は身代金目的の誘拐グループに殺されてしまい、今は誰も黒屋敷には住んでいない。
そして、その黒屋敷にて、その土地を買い取った不動産屋が死亡した。
初めは単なる事故死として扱われたが、事故にしては不可解な点がいくつもあり、大規模な捜査が進められた。
だが、その時捜査に当たった警部や鑑識、果ては高台に登らないよう注意を呼び掛けていた警官までに謎の不幸が襲い掛かる。
捜査は打ち切られ、事件は迷宮入り。近隣の住民は屋敷どころか高台にすら近づかないようになった。そして一連の事件は『黒姫の呪い』と呼ばれている…………」


実際にその事故はあったらしいが、呪いなんて馬鹿馬鹿しい。
自分が1度だけ書いたネット小説がそんな感じだったのを思い出した創太は、気味の悪さにそうやって自分を落ち着かせる。

そして、クラスメートの提案により黒屋敷に肝試しに行くことになった創太達。

だが、その黒屋敷では奇妙な怪奇現象が何度も起こり、ドアの鍵は壊されて閉じ込められ、他にも肝試しに来ていた高校生や小学生のグループと遭遇。



そして、館に響き渡る謎の声と共に、脱出ゲームが幕を開けたーー
1幕  開始地点 ーオープニングー
第1話   気の休まらない引っ越し初日 前編
2017/10/07 14:22
第2話   気の休まらない引っ越し初日 後編
2017/10/07 18:33
第3話   担任教師、寺坂シズちゃん
2017/10/09 23:01
第4話   恋人(扱いされてる相手)は人気者
2017/10/10 22:43
第5話   情報屋 鳳鳥条
2017/10/13 00:44
第6話   悲劇
2017/10/14 13:18
第7話   過去と予感と
2017/10/14 18:49
第8話   夏の風は不穏な風
2017/10/15 05:26
第9話   被害
2017/10/18 23:43
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ