挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

黒姫の館

ごくごく平凡な中学生、黒崎創太。
親の事情で転校を繰り返す転勤族である創太がやって来たのは、かつて自身が生まれた街だった。
向かいの家に住む少女やクラスメートの自称情報屋に振り回される毎日だが、それなりに楽しい毎日だった。

だが、ある日を境にそれは完全に消え去った。

街外れにある高台。その頂上にある大きな屋敷には一つの噂があり、偶然か必然か、それは創太の小説と全く同じものだった。
それに気づいた日から起こる怪奇現象を消し去るために屋敷に潜入した創太達。だが、その屋敷で起こったのは、異常な脱出ゲームだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ