挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

詩の部屋(五号室)

夏秋冬春

作者:aio

ささやかな雨の後
揺らぐ景色と木洩れ日
あふれるのは
光だけではなくて
静けさを破り
高らかにうたう
殴りつけた空
力強く儚い火花
胸の()
弾けた声
焦がれて
嗄れて
焼きついた熱のあと
残るは
ただ穏やかな
藍色の夜
雨の眠る海



あやすような風
閑散としたベンチ
水飲み場の蛇口
乾いた銀色
為すがままに落ちた葉を
挟み綴じる思い出
子守唄は
薄雲から覗くように響き
繋ぎめのない歌詞
滑らかな夕暮れ
ひとりひとつ
影を並べれば
際立つことのない孤独
淡い瘡蓋(かさぶた)
滲まぬように
吹きつける風



冷えた指紋でなぞる輪郭
冴えた月のかたち
唸る波
佇む貝殻のような
ふとした静寂
絶やすことのない吐息
澄んだ夜空に掲げる
かすかな灯火
枯れ枝に宿る星
彼方より繰り返す
夜明け
満ちて
欠けて
消えて尚
いのち渦巻く
この指先



潤む声
気難しい風と
押し出されていく空
流れるようなさよなら
ささめくプリズム
遠浅の海と
信じるように
引いた水平線
解いた抱擁で
越えていく
言えなかった言葉は
誰も知らぬ種
この胸に埋めて
いつか芽吹く頃
みずみずしく立っていたい
泣き声とともに
生まれてきた私だから















評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ