挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

僕がスマホのソシャゲに課金しない理由

作者:和尚
 現代においてもはやなくてはならない必需品、スマートフォン。
 通信やネット検索といった利用が主でしょうが、僕はこれでゲームもしています。
 やってるのは基本無料で遊べるソシャゲが大半ですね。

 スマホを所有してから、かれこれ5年以上経過し、その間様々なソシャゲに手を出してきました。
 ですがそれら一切で、僕は課金をしたことはありません。
(本来誤用みたいですけど、分かりやすさ重視のため、ここではゲームで料金を支払うことを課金と呼ばせてもらいます)
 メーカーさんにとってはゲームで遊んでいながら金を落とさない僕は、寄生虫みたいな存在に思われてるかもしれません。

 僕は課金をしませんが、友人などでは課金をしている人がちらほら居ます。
 やってるゲームは違えど、彼らのおかげで僕は無料で遊べているわけなので、冗談も含みつつ「俺ら無課金ユーザーのために課金してくれてサンキュー」などと言ったりもします。
 その中の一人が、「何でお前(筆者)課金しないの?」と問いかけてきました。

 余計なお世話だとは思いつつも、僕は課金をしない理由を考えてみました。
 答えは割とあっさり出ました。

『前提条件が崩壊する』

 それが僕の答えでした。

 前提条件とは何なのかというと、それ即ち『無料』であること。
 プレイするソシャゲを選ぶときには面白さを気にしていますが、そもそも僕が『ソシャゲ』に手を出しているのは、お金が掛からないからです。

 もしこの世にある全てのソシャゲが端から有料であったなら、僕は無料で遊べるスマホゲームを探しているでしょうし、スマホで遊べるゲーム全てが有料なら、僕はパソコンを立ち上げて再び『ふりーむ』からフリーゲームを探して遊んでいるでしょう。

 つまり『ソシャゲ=無料である』という構図が成り立つためソシャゲで遊んでいるであって、ソシャゲに課金するということは、この構図の崩壊を招き、ひいては遊ぶ理由の消滅に繋がる、というわけなのです。
 仮に、ゲームで使うことという縛りを入れられて1万円を渡されても、僕は課金ではなくゲームソフトを購入するために使用するでしょう。


 結論。逆説的というか、屁理屈というか。僕がソシャゲに課金しない理由とは『ソシャゲで遊ぶため』なのです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ