挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
猫耳王女になって、総合導師になってみた 作者:SHIN

第十五章 宇宙との架け橋

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

477/485

第四百五十四話 殉教

「くっ・・・」

アルコンは、焦った。

エリナーゼの神波動オーラが、以前とは段違いだったからだ。

雷電撃ボルトブレイク!」

「電磁結界!」

アルコンの雷撃を、エリナーゼの結界が防ぐ。

「・・・・・・」

「まさかな・・・」

アルコンは、ある仮設を立てた。

「まさか、なにか細工を・・・」

あてずっぽうだったが・・・

「ええ。
あなたも、聞いたことがあるでしょう?
旧大魔王ガルアレート・・・
ハルカ博士の「神波動オーラ増幅機」を・・・」

エリナーゼは語る。

「ジョルジュ様にご無理を言って、埋め込んで戴いたわ。
けど・・・
哀しい顔をされていたわね・・・
ま・・・
そうでしょうね・・・
かつてご自分のご主人様が、「女」を捨てた象徴みたいな装置だったから。」

「そこまでして力が欲しいか!?」

「ええ!」

そう答えたエリナーゼの表情には、「信念」の文字が・・・

「あなたを倒すためにね!」

そのまま、アルコンに剣を突きたてた!

「ぐほッ!」

そして呪文を唱える・・・

「我が命を守る肉体よ・・・
我が魂を守る命よ・・・
そのくびきを解き放ち、宇宙開闢の光と成して、
悪しき者を滅ぼさんことを・・・!」

「ま・・・
まさか・・・
この呪文は・・・」

「言ったはず!
私は、「この血筋」すら許さないと!」

そして、解き放つ!

自己崩壊大爆発グレート・ビッグバン!」

その時そこは、核弾頭にも匹敵する爆発を起こした。

神官エリナーゼの全神波動(オーラ)・全魔法力を解き放って!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ