挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

暇の潰し方

作者:暇人
はい。ここで質問です。暇なのは誰のせいでしょう?
正解は生きてるせいです。
特に考えることがないので適当にやっていきまーす。
大体、学生なんだから勉強しろよと言われても仕方がない。
暇な時間全部勉強しとったら死ぬわ。
ということで、誰もが暇を味わったことがあると思います。
さーてここでは私が体験した暇潰しを紹介していきます。

まず1つ目。

とりあえず寝る。

はい定番中の定番ですね。ただ、暇すぎてもう寝るの無理だよという方にはこちら。

二つ目。断食&不眠

まずは食を絶ちます。そして寝ません。
すると、不思議なことに脳がぼんやりして時が経つのを感じません。
気がついたら1日が終わっています。
(注)続けると死にます。


まあ二つ目は玄人向けの冗談です。
続いて3つ目

コーヒーや紅茶を飲む。

これは中々いいです。
暇には変わりませんが美しい暇になります。
暑苦しい午後のひとときに香り高い紅茶を飲み、お菓子を食べながら外を見つめる。
すると、暑さも受け入れられます。心に余裕ができます。
まあ、これも定番かな?


そして4つ目。そろそろ飽きた人もいると思うのでラスト(ていうか自分が飽きた)

小説を書く。

小説はいいですよ。下手くそでも時間は潰せます。
それに、どんな下手くそな小説でも自分が書いたものなら、キャラクターに感情移入し過ぎてラストを書きながら泣くことだってあります。
そこの読み専の方。
読むのに飽きたならぜひ小説を書いてみませんか?
自分の小説はそこらの凡百の小説よりずっと可愛くて可愛くて仕方がありません。
ぜひためしに書いて見てください。


ちなみにその時は私に教えてもらえると読みに行きますよー笑笑

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ