挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

白ずきんちゃん(VS熊)

作者:守田野圭二
 昔々、ある所に白ずきんちゃんという――――。

「ムッキィィィィッ! どいつもこいつも赤ずきん赤ずきんって、そんなに狼の腹の中に入ったことが凄いのっ? アタシも赤ずきんみたいに持て囃されたーいっ!」

 …………白ずきんちゃんは赤ずきんちゃんのお隣さんで、ナレーターが紹介するのを待てない程に短気で喧嘩っ早く、友達も少ない可哀想な女の子でした。
 そんな白ずきんちゃんですが、何やらご機嫌斜めのご様子。どうやら先日あった狼の騒動で、赤ずきんちゃんが皆の注目を一人占めしているのが不満なようです。

「でもまさかあの優しい赤ずきんが、狼のハラワタをぶちまけるなんてね……」

 おやおや? 白ずきんちゃんは少し勘違いをしているみたい。狼をやっつけたのは狩人さんとお婆さんの知恵袋で、赤ずきんちゃんは何もしていないよ?

「そうだわ! アタシも狼以上の動物をやっつければいいんだわ! 熊がいいわね」

 白ずきんちゃんはお父さん愛用のスタンガンを手に取ると、熊を探しに意気揚々と家を飛び出して行きました。
 森に向かって歩いていると、前方から見知らぬ男の子がやってきます。

「あら、アンタ見かけない顔ね」
「俺は金太郎。お前は?」
「アタシは白ずきんよ。アンタ、こんな所で何してんの?」
「もっとマッチョになるために、この辺りにいる熊を探しに来たんだ」
「あら偶然ね。アタシも熊を探してるの……って、アンタまさかその斧で戦うつもり?」
「おまっ! 俺のまさかりを馬鹿にすんなしっ!」
「ぷぷーっ。そんなので熊に勝てるわけないじゃない」

 いやいや白ずきんちゃん。スタンガンで戦うのもどうかと思うよ?

「何にせよ、どっちが先に熊を倒すか競争ね。せいぜいアンタも頑張りなさい」
「えっ? お、おいっ?」

 そう言うが早いか、白ずきんちゃんは森の中を走って行きました。

「倒すって……マジかよアイツ?」





「それにしてもいないわねー。どこにいるのよ熊ー?」
『ガサッ』
「え……ギャーっ?」

 花咲く森の道を呑気に歩いていた白ずきんちゃんの悲鳴が響き渡りました。
 それもその筈、茂みから出てきたのは大きな熊だったのです。

「か、かか、掛かって来なさいよ」

 いざ目の当たりにしてビビったのか、おしっこちびれそうな白ずきんちゃん。作戦も『ガンガンいこうぜ』から『いのちだいじに』に変更してしまいます。

「お嬢さん」
「キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!」
「何をしているんだ。早くお逃げなさい」
「…………へ?」
「熊と会ったら逃げる。キミはそんなことも教わらなかったのかい?」
「に、にに、逃げなんかしないわよ。アタシはアンタを倒すために――――」
「ガオーッ」
「キェェェェェェアァァァァァァ!」
「待つんだ! 後ろを向いちゃいけない! 背中を向けると熊は本能的に獲物だと思うからね。決して目を離さず、ゆっくりと後ずさりして離れて行きなさい。じゅるり」
「ふぁ……ふぁい……」

 涎の出ている優しい熊さんの指示に従い、白ずきんちゃんはゆっくりと後ろに下がっていきます。10m…………20m…………そして熊さんは笑顔で頷きました。

「うん、もういいだろう」
「ギャーッ! キャーキャーキャーッ!」
『ポロッ』

 おやおや? あまりにも慌てるあまり、ポケットからスタンガンを落としちゃったぞ?

「むっ! これはいかん!」

 でも優しい熊さんが拾い上げてくれました。良かったね、白ずきんちゃん。

「お嬢さぁあああああんっ! 落し物ぉおおおおおっ!」
「キェェェェェェアァァァァァァ!」





「はあ、はあ、酷い目に遭ったわ」

 熊の脚の速さは時速35~40㎞。そこから逃げ切るなんて、凄いぞ白ずきんちゃん。
 でもスタンガンは落としちゃったし、森を抜けて町外れまでやってきちゃった。これから一体どうするのかな?

「熊は……ちょっとハードルが高かったわね。ワニ……うん、ワニにしましょう! 口を開いたところにつっかえ棒を挟めば楽勝…………ん?」
「マッチ……マッチは要りませんか……?」
「えっ? ちょっと赤ずきんじゃないっ! こんな所で何してんのよっ?」
「マッチ……マッチは要りませ『ジュボッ』んか……?」
「何で商品をアンタが使ってるのよっ?」
「ああ……暖かいご飯……ファンタグレープ……」
「幻覚症状っ? しかもファンタっ?」
「マッチ……マッチは要りませんか……?」
「アタシの顔まで忘れてるなんて重症ね。仕方ない、このハイパースタンガンで……あれっ? 無いっ! どうしよう……パパに怒られる……」

 うん、多分パパは熊を倒しに行った時点で怒ってると思うよ?
 頭を抱えて悩む白ずきんちゃん。すると背後から肩をポンポンと叩かれます。

「よう」
「アンタ……銀太郎……」
「金太郎だよっ! 格下げすんなよっ!」
「な、何の用よ」

 涙を拭いながら強がる白ずきんちゃんに、銀……じゃなくて金太郎君はスタンガンを差し出します。

「えっ? これ……?」
「お前のだろ? 熊から渡しておいてくれって頼まれたんだよ」
「な、何よっ! それならそうって早く言いなさいよっ!」

 スタンガンを奪い取る白ずきんちゃん。こらこら、お礼を忘れてるぞ?

「兎に角、これで赤ずきんを治せるわっ!」
「…………へ?」
「目を覚ましなさいっ! 必殺、10万ボルトォッ!」
「マッチ……マッチはばばばばばばばば――――」
「おいぃっ!? 何してんだお前ぇっ?」
「赤ずきんの病気を治すためよっ!」
「ホシュー」
「だ、大丈夫か、おい?」
「じゃあアタシはワニを探しに行くから、後のことはアンタに任せるわ」
「えっ? ちょっ! おいっ!」
「マッチョ……マッチョは要りませんか……?」
「マッチョっ?」
「む……お嬢さん。そこのマッチョはいくらかな?」
「120円ですッチョ」
「ふむ、買おうか」
「えっ? 俺は売り物じゃ……アッー」





「ただいまー」

 空もすっかり暗くなり、門限になった白ずきんちゃんはお家へ帰ります。

「お帰り白ずきん。ついさっき赤ずきんちゃんが来てたわよ」
「えっ? 赤ずきんが?」
「ええ。この前に貸した本を返してほしいって」
(おかしいわね……さっき町外れにいた赤ずきんが、アタシより早く戻ってきたっていうの? まさかそこまで強くなっていたなんて……)

 さっきのはマッチを売ってた普通の女の子だって、まだ気付いていないみたい。それと借りたものはちゃんと返さなきゃ駄目だよ、白ずきんちゃん。
 でもすっかりワニ探しにも飽きたみたいで、これでまた平穏な日常を送れるね。

「明日こそワニを探して、赤ずきんより目立ってみせるわよ」

 前言撤回。きっとこの町にワニはいないよ、白ずきんちゃん。

「ただいま」
「あっ! パパ…………と、銅太郎?」
「金太郎だっ!」
「うん? 何だ、知り合いだったのか。ウチの養子にしようと思ってな」

 何ということでしょう。金太郎君を買ったのは白ずきんちゃんのパパだったのです。

「あらそうなの。でも二人とも泥だらけね。夕飯の前にお風呂に入ってきなさい」
「はーい」
「えっ? で、でもっ!」
「遠慮することはないさ金太郎。自分の家だと思って、キミも一緒に入るといい」
「は、はい……」

 金太郎君が脱衣所へ入ると、そこには躊躇いなく服を脱いでる白ずきんちゃんの姿が。もはやこうなっては白ずきんちゃんというより、ただのちゃんですね。
 顔を真っ赤にする金太郎君を見て、白ずきんちゃんは不思議そうに首を傾げます。

「何よ赤太郎?」
「金太郎だよっ!」
「別にいいじゃない。そういえばアンタ、熊に会ったの?」
「あ、ああ。随分と親切な熊だったから倒しはしなかったけど……」
「とか言っておきながら、本当はビビって逃げたんでしょ?」
「そ、そんなことねーよ!」

 すっぽんぽんの白ずきんちゃんから目を逸らしつつ、金太郎君は手を差し伸べます。

「何よ?」
「と、友達の証」
「はあ?」
「その……桃太郎や浦島太郎に比べたら知られてない俺だけど、友達になってやる」

 どうやら金太郎君は家に来るまでの間、白ずきんちゃんの友達が少ないことについてお父さんから話を聞いていたようです。
 白ずきんちゃんは驚いた表情を浮かべた後で、目を逸らしつつも手を握りました。

「し、仕方ないわね。アタシが友達になってあげてもいいわよ」

 おやおや? 心なしか、白ずきんちゃんの顔も赤くなってますね。
 こうして沢山の友達よりずっとずっと大切なボーイフレンドができた白ずきんちゃんは、いつまでも仲良く平和に暮らすのでした。めでたしめで――――。

「明日は一緒にワニを倒しに行くわよ!」
「えぇっ?」



 ――――めでたしめでたし……? ちゃんちゃん♪
ここまで読んでいただきありがとうございます。
パッと思いついたネタを、ノリだけのアクセル全開で書き上げた結果こんな作品が生まれました。
突っ込み所満載ですが、少しでも笑っていただければ嬉しいです。

普段は「俺の彼女が120円だった件」という長編作品を書いております。
もし良ければ、そちらも読んでいただけるとありがたいです。

この作品は「冬の童話祭2018」に参加しています。

ハートを贈って作品を応援しましょう!


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ