挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

みんなやさしい

作者:雪 つむじ
たとえば今日明日
スーパーの売り場から
チョコレートと
ココアが
一斉になくなって
それはもう
誰このどこかへと
行き先が決まった子たちなの

みんな本当に
やさしいね

僕だったら
自分で食べる分にしか
そんなもの使わないよ

だってほら
そんなものをあげたからって
君が今決まっている以上にさ
長生きするわけじゃないんだ

僕が口にする分と
君が口にする分と
その二つを分け合ったって
一緒の時間がこれ以上
増えるわけじゃぁないんだよ

そう考えてしまうんだ

だからね
みんなやさしいね

どうか僕の目の前では
その優しさをしまってよ
いや、作りますよ、今年も。

ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ