挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

祈りとして  あるいは循環

作者:古都ノ葉
先達が造った石段を登ると川が見下ろせる


透明に見える空気はどこまでも広く
視界は早くなった水の流れを捕らえることができた
太陽はぼんやりと雲に隠れ 周囲は澄んでいる


石段を登り切ると露を含んだ樹木が伏して (やしろ)に鎮座している神を包んでいた
鳥居をくぐれば
すぐ想い出に会えるのを私は知っている
子供の頃に上を目指した樹は 苔むしたしめ縄が掛かっていた


カナやトシにエイコは今なにをしているのかな
懐かしい名前が口をつく

ここはあの頃と変わらない

葉がざめわいているよ
隆盛を誇った緑が色づき 時にはらはらと舞い踊り 流れるように落ちてゆくよ




五十年先に 私は居ないだろう
百年先には たぶん見知った人も居ないだろう




それでもここに誰かが立ち
しめ縄の樹を見上げ
今日のことをつぶやくのだ
きっと


春に草だらけになり
夏に蝉の殻が
秋は虫の声で
冬は沈黙する

樹の下で誰か歌う
私なんて誰も知らない世界が続いている

愛しているよ
愛しているよ
愛していたよ

私の居なくなった世界で
名も知らぬ人々は何を思っているだろう

腐敗したものに爪を立てて 声なき声で叫んで 空が見えないとつぶやいて
生まれたことを嘆いてはいないか 苦しんではいないか
笑いながら




五十年先に 私は居ないだろう
百年先には たぶん見知った人も居ないだろう




チズにチハヤ みんなで遊んだ境内から
シンにミユキ まだ川の流れが見えるよ


ゆらゆら漂う船はゆき先も知らず
目的地はない


時は逝き
形のあるものは崩れてゆく
季節は巡り 巡ってゆく


まだ見ぬ世界が幸せでありますように
樹の下に立つ者が幸せでありますように
(えにし)が続き皆が幸せでありますように


春に芽吹き
夏に遊び
秋に学び
冬に集えますように


瞬きするほどの時間を生きた者の祈りとして
雨上がりの輝いた風を見た者の祈りとして



沈黙と供に
読んでいただきありがとうございます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ